keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

岐阜県

2013年3月17日 (日)

吉照庵(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜④ せいろ、煮込みそば、美濃地酒♪

Dsc_9161

胡蝶庵を出て、市内ループバスに乗り、停留所「鵜飼屋」で降りる。

目の前に長良川が広がる。夏だったら、1300年もの歴史を持つ鵜飼で賑わうのだろう。

標高329mの金華山のいただきに、ポツンと見えるのは岐阜城。

Dsc00511

この城は、鎌倉時代に砦が築かれたのが始まりという。

戦国時代は斎藤道三と織田信長の権力争いの舞台となった。

これからあのお城に登ります。

Dsc_9174

長良橋を渡り、岐阜公園へ、名所を見ながら歩く。

ぎふ金華山ロープウェーに乗る。絶景で~す。

Dsc_9181

ロープウェーを降りても、急な山道が続く。

途中いくつか登山道があるらしく、ふもとからのハイカーのグループとすれ違う。

名古屋城と違い、高地にあるこの城の石垣は小さく、赤茶けた色合い。

ここまで運ぶのも大変ですよね。

1956年に復元された城は1~3階が史料展示室、4階の天守閣が展望台になっている。

もちろん登る。

Dsc_9192

360度ぐるっと見渡せる展望台は圧巻。上まで登る観光客ははほとんどいない。

北風が強い。先ほど見上げた場所、長良川の橋が見えます。足がすくみます~。

夏は(時期限定)夜景も楽しめるそうです。

Dsc_9243

金華山を下り、2時過ぎ。間に合えば、もう一か所行きたかったお蕎麦屋さんがある。

諦め半分で電話すると「3時までに入っていただけば大丈夫です。」とうれしい応対。

あと約30分。「急いで行きます!」

バスは乗らずにナビを頼りにまっしぐら。

岐阜大仏で有名な正法寺、稲葉神社、風情ある街並みを足早(駆け足で?)に通りすぎる。

Dsc_9207

美濃そば 吉照庵

15分前に到着~。良かった~。

Dsc_9212

こちらは胡蝶庵と胡桃亭の店主の修行先でもある。

旅の最後に、出来れば訪れておきたかった。

Dsc_9235

平日の観光客もほとんどいない昼下がり。

店内はテーブル席中心、静かで落ち着いた雰囲気。

電話でも丁寧に対応してくださった花番さん(女将さん?)が、にこやかに迎えてくれる。

Dsc_9236

席の後ろには、蕎麦つゆかえしが寝かせてある。

Dsc_9217

一品料理・季節の逸品料理・夜のみの料理

時間が無いので、気になった地元ならではの一品だけお願いする。

Dsc_9218

蕎麦 冷物・温物

稲荷寿司 一個100円 そばの実入り/数量限定もいただいてみたかったが、

次回の楽しみにしましょう。

今回はせいろをお願いする。

Dsc_9221

飲物

美濃銘酒として7銘柄も揃っているheart04

燗付 美濃菊。

冷酒には6銘柄。

地元のお酒に絞り込んでいるのがうれしい。

今日は時間が無いけど、岐阜の銘酒の飲み比べ、次回じっくり楽しみたいわ♪

Dsc_9220

逸品料理(壁)

季節限定 鴨そばすき鍋(夜のみ)もきっと美味しいんでしょうね~。

この壁のメニューは全部いただいてみたいけど、せっかくの名古屋・岐阜の旅。

煮込みそば、ぜひいただいてみましょう。

Dsc_9215

燗付 美濃菊 純米酒 稲穂の心 (養老町) 600円

やや辛口、燗映えのするいいお酒。呑むほどに甘みをじわり感じます。

続きを読む "吉照庵(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜④ せいろ、煮込みそば、美濃地酒♪" »

2013年3月10日 (日)

胡蝶庵 仙波(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜③ 蕎麦三昧と手碾蕎麦

Dsc_9245

翌朝朝食も摂らず、名古屋駅から東海道本線特別快速に乗り20分。初めて降りる岐阜の駅。

駅前ロータリーのある広場の中央にキラリと光る銅像が見える。

Dsc_9250

黄金の織田信長像に迎えられ、2日目の旅は始まる。

Dsc_9048

岐阜バス市内ループ線(右回り)に乗る。観光の名所を通るバスでもあるせいか、ここでも織田信長。バスのシート、つり革、天井までお城の中にでもいるような徹底した雰囲気が面白い。でも信長ちょっと美化しすぎですね(-_-;)

Dsc_9054

「忠節」のバス停を降り、静かな住宅街を通り抜け、約徒歩10分。

開店10分前に着いてしまった。

Dsc_9057

胡蝶庵 仙波

はるばる来たわ。

ここへの思いが募ったのは、昨年胡桃亭で村上店主の粗挽き蕎麦をいただいたのがきっかけ。同じ粗挽き蕎麦でどのように違うのか、どうしても訪ねてみたかった。

Dsc_9062

Dsc_9065

Dsc00454

2月の中旬、きーんと冷え切った空気。

BGMの無い静かな空間。

名前を告げると、女将さんが奥の和室を案内してくれる。

Dsc00456

Dsc00448

Dsc_9078

蕎麦三昧 3675円

2人分のざる蕎麦を一枚手碾き蕎麦でお願いしてある。

Dsc_9081

お酒のお品書き

日本酒は3種類。まずは良く知っている岐阜のお酒から。

Dsc_9076

房島屋 純米吟醸 五百万石50%精米 

冷酒でいただく。黄金色にうっとりする私。だんだん名古屋・岐阜の文化に染まってきたのだろうか?

このお酒、すっきりして、旨味もじわり。とても美味しい。

続きを読む "胡蝶庵 仙波(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜③ 蕎麦三昧と手碾蕎麦" »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30