keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

品川区・大田区・目黒区

2014年11月 9日 (日)

布恒更科(大森海岸)初訪問 大切にしたい、老舗の蕎麦屋。

Dsc04564

10月の平日。このところ、つれ合いと出かける日はなぜか雨が続いている。

Dsc04512

大森海岸から少し迷ってたどり着いたのは、ビルの合間の異次元空間。

そこだけ時間が止まったかのような、どこか懐かしい趣のある佇まい。

Dsc04515

暖簾をくぐると、この雨でも数名の先客。

少し暗い店内。テーブル席が中心だが、奥には小さな小上がりもある。

Dsc04557

窓際のテーブル席に腰を下ろす。

フロアは着物姿の女将さんと花番さん。

雨が次第に強くなり、客足は我々以降、ぱったり。

BGM無い店内は、とても穏やかな時間が流れている。

続きを読む "布恒更科(大森海岸)初訪問 大切にしたい、老舗の蕎麦屋。" »

2014年3月16日 (日)

知花(神泉)(2015年2月閉店) 初訪問 すっぽんスープの卵とじそばと粗粒そば

Dsc01094

知花 「ちはな」と読む。

今年の8月31日に松濤に開店した蕎麦と薬膳料理の店。

yukaさんのブログつれづれ蕎麦で紹介されてから、ずっとずっと行きたかった。

「すっぽんを楽しむコースで予約をするよ~」という蕎麦仲間から嬉しいお誘い。

水曜日の夜、仕事もそこそこに切り上げる。

京王井之頭線神泉駅を降り徒歩4分・・ナビでジャストに到着のはずが10分以上の遅刻。突き当りの公園まで行ってしまい、あわてて戻る。最初に曲がった角のお店だったのね~。

入口にお品書きのボードはあるが、看板も暖簾も無い。

取っ手の無い入口の扉に戸惑いながら、やっと店の中へ。待ち合わせの友はすでにカウンター席で一杯やっている。5人掛けの白木のカウンターは我々で満席。奥には4人掛けテーブル席2卓。椅子は手もたれもありゆったり座れる。店内はオープンキッチン。ワイングラスも下がり、幅の広い料理も期待できそう。

厨房には店主の徳ちゃん(初めてお会いするのに名前だけはよく存じております。)が本日2組のコース料理を準備中。フロア側には男性スタッフ1名。

Dsc01105

料理は1万円と6500円のコース料理が基本。

本日はお任せコースにすっぽん料理のリクエストをお願いしているという。

まずはとても寒いけど、生ビール。

Dsc01100

木彫りのお盆の上にのせられたのは前菜盛り合わせ。

Dsc01099

大根を中心にしたやさしいメニューでスタート。

Dsc01101

ねずみ大根と蕗味噌

Dsc01102

大根とカニみそ

Dsc01103

ずいきと切干大根と山ごぼうの卯の花煮

ほおずき(右)はフルーツのように甘い、三河産。

Dsc01106

飲み物はビール焼酎ソフトドリンクもあるが、日本酒のラインナップが素晴らしい。

(文字ぼやけてすみません。)

5人もいるので冷ややお燗で一通りいただいてしまった。

鍋島(佐賀)

山間(新潟)

風の森(奈良)

而今(三重)

亜麻猫(秋田)

黒龍いっちょらい(福井)

燗左紫(かんざし)紗利 (福井)

やまユ(秋田)

白雪(兵庫)

Dsc01112

酒器も素敵。

続きを読む "知花(神泉)(2015年2月閉店) 初訪問 すっぽんスープの卵とじそばと粗粒そば" »

2013年12月29日 (日)

蕎や 月心(つきごころ) (祐天寺) 初訪問 細挽きせいろとすだち蕎麦

大学時代、良く学び、良く遊んだ女友達がいる。

喧嘩もしたし、恋愛の相談もした。落第しかかっったり、試験前にはさぼった授業のノートを見せてもらったり・・・。青春の思い出が詰まっている5人だ。

 就職し、結婚し、海外や関西に移住したり、転勤したり。それぞれの道を歩みながら、たまに会い、近況を確認し合うのが楽しみだった。

しかし、別れは突然やってきた。2人の友はもういない。30代前半と、40代前半。死んでしまうのにはあまりにも早すぎた。

ここ数年、年末に帰省する友に合わせて、「3人」で暮れに会うようになった。

心はいまでも5人のまま。あの頃を懐かしみながら、酒を酌み交わす。

「落ち着いた雰囲気で昼からさくっと呑めるのがいい」と、ここ数年はその場所に蕎麦屋を選んでいる。

Dsc00142

蕎や 月心(そばや つきごころ)

ここはSNSの蕎麦友さんが良く利用されていて、居心地良さそうだなとずっと思っていた。

今回は3名分の席だけ、事前に予約をお願いした。

Dsc00145

カウンターを兼ねた大きなテーブル席と、入口側に4名用のテーブル席のみ。

小さな店内には先客がもう3組ほど・・。

Dsc00179

入口側の明るいテーブル席に腰を下ろすと、うれしい、ひざ掛けを女将さんが持ってきてくれる。

Dsc00146

関西の土山人で修行されたご主人の蕎麦は

冷たいお蕎麦は江戸蕎麦風、温かい蕎麦は関西風の汁という。

これは楽しみだ。

Dsc00160

寒い日ではあるが、まずは生ビール(小)で乾杯。

昨年の暮れ以来、瞬く間に1年が過ぎた。

Dsc00158

揚げそば

ビールに合う。程よい塩加減で香ばしい。うれしいサービスだ。

続きを読む "蕎や 月心(つきごころ) (祐天寺) 初訪問 細挽きせいろとすだち蕎麦" »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31