keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

新宿区

2018年12月30日 (日)

仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧

Dsc05550

11月25日(日)

蕎麦の世界の中ではとっても有名な石井仁さん。

神田「いし井」から数々の名店を生み出し、2年前には群馬県富岡に移られていた。

以前、湯島の古拙でいただいたしなやかなコシの

「水腰そば」の味が忘れられず、ぜひ伺いたいと思っていたら間に合わなかった。

東京に戻られ、現在開店の準備をされているという。

今回その石井さんの蕎麦会が、東京神楽坂の割烹「ほそ川」をお借りして開催。

「仁の会 with HAY」のHAYは、

「ほそ川」の細川敦史さん、牛久「季より」有馬優雄さん、東十条「一東菴」吉川邦雄さんのイニシャル。贅沢な協賛ですね。

会は2部制。私は昼の部に参加して、楽しいひとときを過ごしてきました。

Dsc05552_2

今回のお料理

Dsc05559

石井さんの蕎麦味噌

芳ばしい蕎麦の実、オリーブオイルの風味。

一味違う美味しさ。

Dsc05569

前菜 4人の共演

蕎麦豆腐、ひたし豆 (吉川さん)

オレンジ白菜の漬物 (有馬さん)

炙り塩アナゴ (細川さん)

これはお酒を呼びます(^^;

続きを読む "仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧" »

2018年7月23日 (月)

番外編 蔵之介(高田馬場) 風の森の会 トマト汁うどん

Dsc04612

うどん蔵之介さんのお酒の会に行ってきました。

Dsc04614

今回は風の森(奈良)。四合瓶中心ですが15本揃うと圧巻。

Dsc04615_2

本日のラインナップ

Dsc04616

まずは「すきっ腹で呑まないで!」と、一口ご飯から。

Dsc04618

鱧吸い

続きを読む "番外編 蔵之介(高田馬場) 風の森の会 トマト汁うどん" »

2018年1月17日 (水)

番外編 蔵之介(高田馬場) 2017燗酒の会

Dsc_5468_3

2017年で思い出に残る酒の会をもう1つ。

うどん蔵之介 2017 燗酒の会。

2016年は真夏(7月末)に「夏でも燗 悦凱陣 お酒の会」があり、贅沢な酒米違いの熟成の燗を楽しんだのですが、今年は9月の中旬に開催されました。

Dsc_5471

今回のお題はお燗を楽しむ。そのラインナップ↑。

最強ですね(^O^)

お燗番には強力な助っ人、昨年に引き続き、横浜君島屋の織田さんが担当してくださる。

このしっかりしたお酒たちを受け止める、蔵之介の酒肴も素晴らしい。

会の後半には、店主秘蔵25BY凱陣、Tさん持込の凱陣も追加され

もう夢のような飲み比べ。

〆は何と、手打ち素麺。これが悶絶の美味さ!!(確か小豆島産だったよね。)

ごちそうさまでした。

続きを読む "番外編 蔵之介(高田馬場) 2017燗酒の会" »

2017年1月15日 (日)

green glass(中井) 初訪問 静岡の酒とおでんと十割そば


Dsc02460

今年のお正月は空も晴れわたって天候も穏やかでしたね。暦の関係で日数こそ短かったけれど、ゆったりとした気分で家族と三が日を過ごせました。

お休み最終日の4日は、やりたいことをやろうと、

朝一番で映画を観て、お蕎麦屋さん&お風呂の計画を立て、つれ合いと外出。

しかし4日から営業しているお蕎麦屋さんは少ない。HPやら、FBで探していると、行きたかったお蕎麦屋さんの営業を発見。念のため、電話してから伺いました。

そのお店は 中井の「green glass」。

店主関根さんは、神田「眠庵」・銀座「流石 淋」と腕を磨かれ、昨年6月にこの中井にお店を開店。日本酒は静岡のみ、静岡おでんもいただけるというかなり個性的なお蕎麦屋さん。なかなか行けずに半年が過ぎてしまいました(^^;

西武新宿線か都営大江戸線中井駅から徒歩10分ぐらいでしょうか?開店時間を目指したけど、住宅街を迷ってしまってかなりのロスタイム。

看板がなく、うっかり通りすぎちゃいそうな店構え。宇治茶色の暖簾、

よく目を凝らしたらお店の名前の小さな文字が・・

Dsc02469

玄関で靴を脱ぎ、「ごめんください」と、初めてのお家に上がるような緊張感。

おそるおそる入った店内は、自宅のリビングを改造したかのような、落ち着いた空間。

カウンターと堀こたつ式のテーブル席。先客はいない。

店主関根さんが「お好きなところへ」と迎えてくれる。

Dsc02470

カウンターも座ってみたかったけど、初めてなのでゆったりしたテーブル席へ。

真横にはさまざまな焼酎の瓶と大きな磯自慢の樽。

続きを読む "green glass(中井) 初訪問 静岡の酒とおでんと十割そば" »

2016年11月12日 (土)

番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜

山形の食材を使った酒肴とお燗酒が美味しいと

評判のお店 旬菜料理 山灯 やまびこ。

以前から気になっていたのですが、

3月のジビエ燗のイベント

店主渡邊さんがセレクトされたお燗酒の世界にすっかり魅了。

その時意気投合したメンバーと、9月に伺ってきました。

Dsc01571

四谷三丁目の大通りから、一本中に入ると、

昔懐かしい雰囲気のする飲食店街が続く。

新宿舟町 杉大門通り。

Dsc01570_3

提灯が吊るされ、出店が並び、賑やか。

これから盆踊りが始まるんですね。

「生ビールいかがですか?」の声につい引き込まれそうになりながら、

いかんいかん、その通りの手前に引き返す。

Dsc_0095

ちょうど灯りがともされたばかり。開店時間です。

Dsc01595

店内はゆったりしたカウンター席とテーブル席、接待でも使えそうな半個室席もある。

穏やかな照明、落ち着いた雰囲気。

店主渡邊さん、お燗番の明日香さんがにこやかに迎えてくれる。

続きを読む "番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜" »

2016年7月24日 (日)

番外編 うどん蔵之介(高田馬場) 屋守の会 東京で東京の酒を楽しむ

Dsc00519_2

7月2日

うどん蔵之介さん開催の屋守(おくのかみ)の会に行ってきました。

豊島屋酒造蔵見学と屋守酒の会」

サブタイトルは「東京に居ながらにして東京のお酒を楽しもう!」

という素敵な企画。蔵見学からの参加は出来ませんでしたが、6月の呑み切りには例年通り参加。今年の新酒(金婚中心)を堪能してきました。(ブログにはアップしてませんが(^^;)

東京にこんな素晴らしい蔵があって幸せだとしみじみ思う。

今回は4代目の田中孝治さんをお迎えしての熱いトークと、蔵之介の絶品料理ともに、

屋守を目いっぱい楽しみました。

Dsc00517

続きを読む "番外編 うどん蔵之介(高田馬場) 屋守の会 東京で東京の酒を楽しむ" »

2016年1月17日 (日)

番外編 中井玉寿司(中井) 贅沢なおとなのじかん 

Dsc07719

昨年11月は、大江戸日本酒まつりや豊島屋フェスタ2015と、

日本酒のイベントにいろいろ参加しました。(ブログアップしてませんが(^^;)

その日本酒まつりで、悦凱陣とタッグを組んで出店されていた中井玉寿司さん。

「酒が進むつまみが多すぎて、なかなか寿司に辿りつかない」と、

日本酒好きには評判のお店。(そういうお蕎麦屋さんもありますね~(^^;)

平日の夜、念願叶ってつれ合いと伺ってきました。(2015年11月訪問)

Dsc07720

カウンター11席のこじんまりした店内。

店主松澤伸一さんと女将さん2人がやさしく迎えてくれる。

白木のカウンターにガリ。いつもと違うシチュエーション・・・

緊張しますね~(^^;

「つまみに合わせて、日本酒もおまかせでいただきたい」とお伝えし、

まずは宗玄 八反錦。

ワクワクのスタート♪

Dsc07721

生しらす

続きを読む "番外編 中井玉寿司(中井) 贅沢なおとなのじかん " »

2015年6月14日 (日)

番外編 蔵之介 期間限定 パクチーズトマトつけ麺

5月上旬 (古い内容ですが、あまりに美味しかったので、忘備録として(^^;)


お店のホームページで知った、期間限定のうどん。無くなる前に一度いただきたくって

子供と2人で行ってきました。

Dsc06392_2

土曜日のお昼は満席。10分ぐらい待ったでしょうか。

まずは「そのうどん」のご紹介。

Dsc06409

パクチーズトマトつけ麺 850円

Dsc06411

トマトとチーズが融合したイタリアン風のつけ汁に胡椒がたっぷり。

Dsc06416
艶々のうどんの上にはパクチーがたっぷり。

レモンが添えられて・・

Dsc06413

薬味は パルメザンチーズ・トマト・玉葱。

Dsc06417

想像をはるかに超える美味しさ。

ふわモチっとしたなめらかなコシ。うどんだけでも十分美味しいのに、レモンの酸味、パクチーの峻烈な香り、クセのあるチーズが合わさったトマトソース。

もの凄く合う!パクチー無しにすることも出来るけど、せっかくだからたっぷり乗せてもらってエスニック気分を満喫した方がいいですぞ。

なんて、もう終了してしまったので、

次回いただけるのはいつになることやら・・

今はだそうです。

Dsc06407

肉おろしぶっかけ  900円

 前回いただいたうどん。今回は子供が注文。

ぺろり、完食してました。

ごちそうさまでした。

(興味のある方は「うどん前」編に↓続く↓)

続きを読む "番外編 蔵之介 期間限定 パクチーズトマトつけ麺" »

2015年3月29日 (日)

番外編 居酒屋 純ちゃん(四谷 荒木町) 美味い魚に日本酒三昧

Dsc05877

荒木町でお酒を呑む機会なんて、めったに無い。

その昔、古民家風のイタリアンで昼間にしこたまワインをいただいたことがあったかな(^^;

四谷 荒木町 「居酒屋 純ちゃん」

毎朝築地から仕入れてくるという新鮮な魚料理と、美味しい日本酒が楽しめる、予約がなかなか取れない人気の居酒屋。

蕎麦友(呑友?)さんからのうれしいお誘いで、3月初めの金曜日の夜、『初純ちゃん』となりました。仕事が残業になり、あわてて10分遅刻で駆けつける。

暖簾の前には、本日貸切の看板。

一人営業スタイルの純ちゃんは完全予約制

カウンター8名、お座敷席8名の小さなお店。入るとほぼ満席状態。

カウンター席にお友達と3人並んでスタート。なんと調理する純ちゃんの真ん前。緊張します。

お店はお一人で対応されているので、いくつかのルールがある。

料理はコースのみ。瓶ビール(プレミアムモルツ)を含めた日本酒は25種類呑み放題(一部限定の銘柄あり)で、時間は3時間半。

Dsc05880

その日のお品書きから、いただいてみたいお酒をどんどんリクエスト。

冷蔵庫から取り出した一升瓶は、料理のお皿とともに、カウンター席から座敷席へと、お客さん同士で手渡され、また戻すというシステム。

小さな店内なので、知らないお客さんとも、「これ呑みましたか?」「これいいですよ~♪」なんて、一升瓶渡しながら仲良くなれるのが楽しい。最後には席を移動したり、立ち話したりと、いい雰囲気。

唯一呑み放題ではなかったのが『十四代 角新純米 中取り 無濾過生原』。

これだけは片口に注がれて人数分が配られます。

Dsc05890

いただいたことがないお酒が半分以上。

ついついいつもお燗が美味しい同じ銘柄ばかり選んでしまっていたが、自分にも大きな変化が・・・

さまざまな日本酒を味わってみたい。いろいろ知りたい。

温度帯には拘らずに、そのお酒の個性を楽しみたい、と思うようになってきた。(これは中清さんのお陰かな?)

各自に用意されているお猪口は3つ。

25種類まともにいただいたらやばいよね。量を調整してまずは『4分の1』ずつ。

これは!というお酒は『並々』注ぎ、メリハリをつけて楽しみました。

お燗は、ポットと小さな燗付け器があり楽しめますが、この日はほとんど冷酒~常温のまま。

いくつか好きなお酒を見つけることができたのは収穫でした。和田龍・蒼空・君盃が、お初のお気に入り。

【いただいたお料理】

牡丹海老

飯蛸の煮付け(タコまんま入り♪)

白魚の刺身

平貝の炙り刺

釜揚げほたるいか

長崎産アスパラガスの昆布締め 藻塩添

メバルの塩焼き

金目のしゃぶしゃぶ 若布と九条葱 &おじや

〆はTKG (土鍋炊きミルキークイーン 奥久慈の卵)

どれも抜群の鮮度と美味さ!!

あっという間の3時間半でした。

あとは写真↓でお楽しみ下さい。

続きを読む "番外編 居酒屋 純ちゃん(四谷 荒木町) 美味い魚に日本酒三昧" »

2015年3月28日 (土)

近江家(新大久保) 玉子とじそばと牡蠣天ぷら

Dsc05564

昨年の10月にリニューアルオープンされたとyukaさんのつれづれ蕎麦で知り、

気になっていた新大久保の近江家。

民芸調で風情のあったお店がどんなに変わってしまったのか。

2月の中旬に行ってきました。(またもや古い内容ですみません)

店構えはそのまんまだけど、中に入ると店内の明るさにびっくり。


入口にはお一人様用のカウンターも用意されている。

大テーブルが中央にど~んとあるのだけが、前の店内を思い出させる。

全体的には2名~4名のテーブル席が多く、シンプルで落ち着いた雰囲気。

Dsc05589

「お好きな席へどうぞ。」と花番さんのうれしい一言。

明るい中央のテーブルは恥ずかしくて?壁際の2人掛けのテーブル席に腰を下ろす。

Dsc05566

「定番以外にお酒はありますか?」

菊正宗も大好きだけど、これだけ揃っているとうれしい。

お燗にも良さそうな純米のお酒がしっかり♪

Dsc05569

貴 純米雄町 

アテにうれしいそば味噌

続きを読む "近江家(新大久保) 玉子とじそばと牡蠣天ぷら" »

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31