keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

新宿区

2017年1月15日 (日)

green glass(中井) 初訪問 静岡の酒とおでんと十割そば


Dsc02460

今年のお正月は空も晴れわたって天候も穏やかでしたね。暦の関係で日数こそ短かったけれど、ゆったりとした気分で家族と三が日を過ごせました。

お休み最終日の4日は、やりたいことをやろうと、

朝一番で映画を観て、お蕎麦屋さん&お風呂の計画を立て、つれ合いと外出。

しかし4日から営業しているお蕎麦屋さんは少ない。HPやら、FBで探していると、行きたかったお蕎麦屋さんの営業を発見。念のため、電話してから伺いました。

そのお店は 中井の「green glass」。

店主関根さんは、神田「眠庵」・銀座「流石 淋」と腕を磨かれ、昨年6月にこの中井にお店を開店。日本酒は静岡のみ、静岡おでんもいただけるというかなり個性的なお蕎麦屋さん。なかなか行けずに半年が過ぎてしまいました(^^;

西武新宿線か都営大江戸線中井駅から徒歩10分ぐらいでしょうか?開店時間を目指したけど、住宅街を迷ってしまってかなりのロスタイム。

看板がなく、うっかり通りすぎちゃいそうな店構え。宇治茶色の暖簾、

よく目を凝らしたらお店の名前の小さな文字が・・

Dsc02469

玄関で靴を脱ぎ、「ごめんください」と、初めてのお家に上がるような緊張感。

おそるおそる入った店内は、自宅のリビングを改造したかのような、落ち着いた空間。

カウンターと堀こたつ式のテーブル席。先客はいない。

店主関根さんが「お好きなところへ」と迎えてくれる。

Dsc02470

カウンターも座ってみたかったけど、初めてなのでゆったりしたテーブル席へ。

真横にはさまざまな焼酎の瓶と大きな磯自慢の樽。

続きを読む "green glass(中井) 初訪問 静岡の酒とおでんと十割そば" »

2016年11月12日 (土)

番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜

山形の食材を使った酒肴とお燗酒が美味しいと

評判のお店 旬菜料理 山灯 やまびこ。

以前から気になっていたのですが、

3月のジビエ燗のイベント

店主渡邊さんがセレクトされたお燗酒の世界にすっかり魅了。

その時意気投合したメンバーと、9月に伺ってきました。

Dsc01571

四谷三丁目の大通りから、一本中に入ると、

昔懐かしい雰囲気のする飲食店街が続く。

新宿舟町 杉大門通り。

Dsc01570_3

提灯が吊るされ、出店が並び、賑やか。

これから盆踊りが始まるんですね。

「生ビールいかがですか?」の声につい引き込まれそうになりながら、

いかんいかん、その通りの手前に引き返す。

Dsc_0095

ちょうど灯りがともされたばかり。開店時間です。

Dsc01595

店内はゆったりしたカウンター席とテーブル席、接待でも使えそうな半個室席もある。

穏やかな照明、落ち着いた雰囲気。

店主渡邊さん、お燗番の明日香さんがにこやかに迎えてくれる。

続きを読む "番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜" »

2016年7月24日 (日)

番外編 うどん蔵之介(高田馬場) 屋守の会 東京で東京の酒を楽しむ

Dsc00519_2

7月2日

うどん蔵之介さん開催の屋守(おくのかみ)の会に行ってきました。

豊島屋酒造蔵見学と屋守酒の会」

サブタイトルは「東京に居ながらにして東京のお酒を楽しもう!」

という素敵な企画。蔵見学からの参加は出来ませんでしたが、6月の呑み切りには例年通り参加。今年の新酒(金婚中心)を堪能してきました。(ブログにはアップしてませんが(^^;)

東京にこんな素晴らしい蔵があって幸せだとしみじみ思う。

今回は4代目の田中孝治さんをお迎えしての熱いトークと、蔵之介の絶品料理ともに、

屋守を目いっぱい楽しみました。

Dsc00517

続きを読む "番外編 うどん蔵之介(高田馬場) 屋守の会 東京で東京の酒を楽しむ" »

2016年1月17日 (日)

番外編 中井玉寿司(中井) 贅沢なおとなのじかん 

Dsc07719

昨年11月は、大江戸日本酒まつりや豊島屋フェスタ2015と、

日本酒のイベントにいろいろ参加しました。(ブログアップしてませんが(^^;)

その日本酒まつりで、悦凱陣とタッグを組んで出店されていた中井玉寿司さん。

「酒が進むつまみが多すぎて、なかなか寿司に辿りつかない」と、

日本酒好きには評判のお店。(そういうお蕎麦屋さんもありますね~(^^;)

平日の夜、念願叶ってつれ合いと伺ってきました。(2015年11月訪問)

Dsc07720

カウンター11席のこじんまりした店内。

店主松澤伸一さんと女将さん2人がやさしく迎えてくれる。

白木のカウンターにガリ。いつもと違うシチュエーション・・・

緊張しますね~(^^;

「つまみに合わせて、日本酒もおまかせでいただきたい」とお伝えし、

まずは宗玄 八反錦。

ワクワクのスタート♪

Dsc07721

生しらす

続きを読む "番外編 中井玉寿司(中井) 贅沢なおとなのじかん " »

2015年6月14日 (日)

番外編 蔵之介 期間限定 パクチーズトマトつけ麺

5月上旬 (古い内容ですが、あまりに美味しかったので、忘備録として(^^;)


お店のホームページで知った、期間限定のうどん。無くなる前に一度いただきたくって

子供と2人で行ってきました。

Dsc06392_2

土曜日のお昼は満席。10分ぐらい待ったでしょうか。

まずは「そのうどん」のご紹介。

Dsc06409

パクチーズトマトつけ麺 850円

Dsc06411

トマトとチーズが融合したイタリアン風のつけ汁に胡椒がたっぷり。

Dsc06416
艶々のうどんの上にはパクチーがたっぷり。

レモンが添えられて・・

Dsc06413

薬味は パルメザンチーズ・トマト・玉葱。

Dsc06417

想像をはるかに超える美味しさ。

ふわモチっとしたなめらかなコシ。うどんだけでも十分美味しいのに、レモンの酸味、パクチーの峻烈な香り、クセのあるチーズが合わさったトマトソース。

もの凄く合う!パクチー無しにすることも出来るけど、せっかくだからたっぷり乗せてもらってエスニック気分を満喫した方がいいですぞ。

なんて、もう終了してしまったので、

次回いただけるのはいつになることやら・・

今はだそうです。

Dsc06407

肉おろしぶっかけ  900円

 前回いただいたうどん。今回は子供が注文。

ぺろり、完食してました。

ごちそうさまでした。

(興味のある方は「うどん前」編に↓続く↓)

続きを読む "番外編 蔵之介 期間限定 パクチーズトマトつけ麺" »

2015年3月29日 (日)

番外編 居酒屋 純ちゃん(四谷 荒木町) 美味い魚に日本酒三昧

Dsc05877

荒木町でお酒を呑む機会なんて、めったに無い。

その昔、古民家風のイタリアンで昼間にしこたまワインをいただいたことがあったかな(^^;

四谷 荒木町 「居酒屋 純ちゃん」

毎朝築地から仕入れてくるという新鮮な魚料理と、美味しい日本酒が楽しめる、予約がなかなか取れない人気の居酒屋。

蕎麦友(呑友?)さんからのうれしいお誘いで、3月初めの金曜日の夜、『初純ちゃん』となりました。仕事が残業になり、あわてて10分遅刻で駆けつける。

暖簾の前には、本日貸切の看板。

一人営業スタイルの純ちゃんは完全予約制

カウンター8名、お座敷席8名の小さなお店。入るとほぼ満席状態。

カウンター席にお友達と3人並んでスタート。なんと調理する純ちゃんの真ん前。緊張します。

お店はお一人で対応されているので、いくつかのルールがある。

料理はコースのみ。瓶ビール(プレミアムモルツ)を含めた日本酒は25種類呑み放題(一部限定の銘柄あり)で、時間は3時間半。

Dsc05880

その日のお品書きから、いただいてみたいお酒をどんどんリクエスト。

冷蔵庫から取り出した一升瓶は、料理のお皿とともに、カウンター席から座敷席へと、お客さん同士で手渡され、また戻すというシステム。

小さな店内なので、知らないお客さんとも、「これ呑みましたか?」「これいいですよ~♪」なんて、一升瓶渡しながら仲良くなれるのが楽しい。最後には席を移動したり、立ち話したりと、いい雰囲気。

唯一呑み放題ではなかったのが『十四代 角新純米 中取り 無濾過生原』。

これだけは片口に注がれて人数分が配られます。

Dsc05890

いただいたことがないお酒が半分以上。

ついついいつもお燗が美味しい同じ銘柄ばかり選んでしまっていたが、自分にも大きな変化が・・・

さまざまな日本酒を味わってみたい。いろいろ知りたい。

温度帯には拘らずに、そのお酒の個性を楽しみたい、と思うようになってきた。(これは中清さんのお陰かな?)

各自に用意されているお猪口は3つ。

25種類まともにいただいたらやばいよね。量を調整してまずは『4分の1』ずつ。

これは!というお酒は『並々』注ぎ、メリハリをつけて楽しみました。

お燗は、ポットと小さな燗付け器があり楽しめますが、この日はほとんど冷酒~常温のまま。

いくつか好きなお酒を見つけることができたのは収穫でした。和田龍・蒼空・君盃が、お初のお気に入り。

【いただいたお料理】

牡丹海老

飯蛸の煮付け(タコまんま入り♪)

白魚の刺身

平貝の炙り刺

釜揚げほたるいか

長崎産アスパラガスの昆布締め 藻塩添

メバルの塩焼き

金目のしゃぶしゃぶ 若布と九条葱 &おじや

〆はTKG (土鍋炊きミルキークイーン 奥久慈の卵)

どれも抜群の鮮度と美味さ!!

あっという間の3時間半でした。

あとは写真↓でお楽しみ下さい。

続きを読む "番外編 居酒屋 純ちゃん(四谷 荒木町) 美味い魚に日本酒三昧" »

2015年3月28日 (土)

近江家(新大久保) 玉子とじそばと牡蠣天ぷら

Dsc05564

昨年の10月にリニューアルオープンされたとyukaさんのつれづれ蕎麦で知り、

気になっていた新大久保の近江家。

民芸調で風情のあったお店がどんなに変わってしまったのか。

2月の中旬に行ってきました。(またもや古い内容ですみません)

店構えはそのまんまだけど、中に入ると店内の明るさにびっくり。


入口にはお一人様用のカウンターも用意されている。

大テーブルが中央にど~んとあるのだけが、前の店内を思い出させる。

全体的には2名~4名のテーブル席が多く、シンプルで落ち着いた雰囲気。

Dsc05589

「お好きな席へどうぞ。」と花番さんのうれしい一言。

明るい中央のテーブルは恥ずかしくて?壁際の2人掛けのテーブル席に腰を下ろす。

Dsc05566

「定番以外にお酒はありますか?」

菊正宗も大好きだけど、これだけ揃っているとうれしい。

お燗にも良さそうな純米のお酒がしっかり♪

Dsc05569

貴 純米雄町 

アテにうれしいそば味噌

続きを読む "近江家(新大久保) 玉子とじそばと牡蠣天ぷら" »

2014年6月 8日 (日)

遊(落合南長崎)「残念ながら閉店」 東京に守り残したい大切な場所がある

Dsc02057

中野駅からバスに乗り、哲学堂で下りる。

新宿の静かな住宅街を歩いて、うまくたどり着けばぼんやり目印の看板の明かりが見えてくる。

そば処 遊。

狸が住んでいそうなほど鬱蒼とした緑の庭、夜空が天井となる舞台のようなテラス。

春の山菜、秋の月見。贅沢な時間を仲間と蕎麦と酒とともに楽しんだ。

ここは都会に残った宝物。

虎の門ヒルズも、オリンピックもいらない。

大切にしたい、したかった場所・・・

Dsc02046

Dsc02047

Dsc02048

7月で閉店してしまうなんて、とても悲しすぎる。

今日は山菜のコース。蕎麦仲間と4人で予約をお願いしている。

Dsc02049

前菜盛り合わせ

Dsc02050

山菜の盛合せ

Dsc02054

夏みかんドレッシングのサラダ

Dsc02060

自家製干物たち

もう、日本酒にうれしい肴ばかりなんだから・・

Dsc02058

酒器を選んで・・

Dsc02063

玉桜 純米生原酒

続きを読む "遊(落合南長崎)「残念ながら閉店」 東京に守り残したい大切な場所がある" »

2013年11月24日 (日)

神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー③ soba dining 和み 〆は会津産十割

Dsc00365

神楽坂ぶらぶらsobaツアーもとうとう最終回。

途中雨に降られ、早営業の居酒屋に駆け込んでコーヒ一の代わりに日本酒でひと休み。

店を出ると、外はもう暮れ始めている。ぽつりぽつりと灯りがともり、先ほどとはまた違う、街の表情が見えてくる。

神楽坂のメインの通りを一本中に入った細い通りの名は、芸者新道。雨もほぼ上がった、そのしとやかな道を進むと、目的地のお蕎麦屋さんの灯りが見えてくる。

Dsc00364

soba dining 和み nagomi

階段を上がり2階に入口。

素敵なアプローチが続き、扉を開く。おだやかな照明の温かみのあるモダンな店内。

カウンターとテーブル合わせて16席、少人数で静かに過ごすのに向いていそう。

Dsc00368

集合したのは10名。

店内、厨房には 山崎翔平さんと男性スタッフのみ、

優しい笑顔で向かえてくれる。応対もスマート。

(笑顔の素敵な店主山崎恵美子さんがご不在だったのは残念でした・・)

駆けつけの乾杯はほんのりにごった生ビール。

白穂乃香のなめらかな味わいが沁みる。

Dsc00370

ほたるいかの沖漬け

蕎麦ふ田楽

蕎麦ふはモチっと香ばしく、甘辛の田楽味噌に合います。

Dsc00371

ポテトサラダ

コクがあって、美味。ビールに良く合います。

続きを読む "神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー③ soba dining 和み 〆は会津産十割" »

2013年11月20日 (水)

神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー② ル ブルターニュでガレットと洋梨の発泡酒

Dsc00303

12時半からスタートした神楽坂ぶらぶらsobaツアー。

決まっているのは

昼にアトリエコータでデザート、2時にルブルターニュで軽いランチ、5時半に和みで蕎麦をいただくということ。

それ以外は、笑ィ八会最強ツアーコンダクターIさんにお任せ。気の向くままに神楽坂をぶらぶらしよう・・と(いつもながら?)内容はかなりユルイ。

アトリエコータから始まって、赤城神社、赤城坂、善国寺、飯田橋駅往復と、細い路地や階段、大通りの坂道を、歩く歩く。万歩計持っていたらきっと大変な歩数だったろう。

しかしたくさんの美味しい発見、楽しいハプニングがあった。

全部紹介できないのが残念。その一部をご紹介。

Dsc00214

赤城神社

神殿がなんとガラス。透けて見えます。

見晴らしの良い高台にあるこの神社。敷地内にはマンションを兼ねたモダンなビルがそびえている。赤城カフェなんてモダンなレストラン併設。おしゃれな神社です。

Dsc00248

毘沙門天 善国寺

門前で行っていた宮城 あおぞらプロジェクトの出店の内容につい惹かれてしまって・・・

Dsc00254

牡蠣のオイル漬け

宮城の日本酒

境内に休憩スペースがある。

Dsc00252

牡蠣は一人一つずつ。かかっているのは気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース。

絶品でした。

お酒(こちらはまあまあ)も4人で1杯いただき、一休み。

この気の向くままのゆるさが楽しい。

次の目的地は ル ブルターニュ。

ここはフランスのクレープリーガレットを日本で初めて紹介したお店。

ガレットはブルターニュの伝統料理。蕎麦粉で作るクレープ。ところ変われば蕎麦の食べ方もさまざまだ。一度は本格的なガレットをいただいてみたかった。

ピークは過ぎているかと思ったが

やはり人気のお店。満席で、待たれている方もまだ店頭に。

Dsc00271

しばらく待ち、一番奥のテーブル席に案内される。

Dsc00274

調度品も内装も本格的。フランスのブルゴーニュ地方を訪れているような気分。

外国人のお客さんも多い。

Dsc00281

スタッフの方も丁寧で、応対もスマート。

ビールと行きたいところだが、ここではシードルというリンゴの発泡酒が有名だ。

今は洋梨の発泡酒ポワレもおススメとのこと。わからないので、おすすめにしましょう。

1本お願いする。

Dsc00283

Dsc00285

Dsc00287

一人参加者が増え、初めてのブルゴーニュに乾杯♪

続きを読む "神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー② ル ブルターニュでガレットと洋梨の発泡酒" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31