keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

武蔵野市

2016年8月16日 (火)

番外編 うどん白石(吉祥寺) 半熟味玉天ぶっかけ

Dsc00064

(5月下旬の訪問)

うどん白石。

五日市街道沿いの成蹊大学の斜め前。

赤い暖簾が目印。

Dsc00065

以前から気になっていたうどん屋さん、日曜のお昼に行ってきました。

続きを読む "番外編 うどん白石(吉祥寺) 半熟味玉天ぶっかけ" »

2015年12月 7日 (月)

番外編 Beer cafe Camiya(吉祥寺) Sreamy(吉祥寺) 魅惑の焼き菓子とクラフトビール

えっ、あれだけ食べて呑んだのにまだ行くの?

蕎麦屋のアフターに、クラフトビール(^^;

吉祥寺東町、女子大通りにオープンしたBeer cafe Camiyaビアカフェ カミヤ。

いつも前を通って気になっていた。

Dsc07521

入っていきなりスイーツのショーケース?

店の右半分は、Sreamyという焼き菓子専門店だった!

Dsc07523

素材の強さにこだわったという、店主イイダクリコさんが作るこだわりのお菓子

Dsc07525

Dsc07524

その美味しそうな迫力に、思わずお土産に。

購入したのはシンプルバナナ、チョコサブレ、アーモンドサブレ。

(どれも家族に大好評。)

続きを読む "番外編 Beer cafe Camiya(吉祥寺) Sreamy(吉祥寺) 魅惑の焼き菓子とクラフトビール" »

2015年12月 6日 (日)

晩酌の月(吉祥寺) 初訪問 肴に酒に蕎麦に酔いしれる

Dsc07473

吉祥寺駅から東京女子大学方面に向かう東十一小路沿いに、ずいぶん前から蕎麦屋が出来たのは知っていた。

Dsc07474

気にはなっていたが、ずっと素通りしたのは、あまりに身近すぎて入りづらかったから。

つれづれ蕎麦のyukaさんが訪れたという記事をみてびっくり。

なんて素敵な料理を出す蕎麦屋なんだろう!しかもあの無庵さんで修業されていたなんて・・。これはぜひ行きたいheart04

うれしいお誘いをいただいて、その機会は意外に早く訪れた。(10月の下旬)

続きを読む "晩酌の月(吉祥寺) 初訪問 肴に酒に蕎麦に酔いしれる" »

2015年11月21日 (土)

中清(吉祥寺) ある日のランチ つけ多摩せいろ

Dsc_1918

秋の平日。蕎麦前無しの中清。

至福のランチタイム。


Dsc_1919

つけ多摩せいろ

これ、絶品♪

蕎麦はレギュラータイプですが、

プラス料金で生粉打ちや粗びきもお願いできます。

ごちそうさまでした。

前回記事:中清(吉祥寺)粗挽きの熟成と銘酒に酔う

前回記事:中清(吉祥寺) 長野産奈川在来生粉打を山間とともに

前回記事:中清(吉祥寺) 夕暮れのひととき。そばがきを肴に。

前回記事:中清(吉祥寺) 女二人 カフェに行かずに蕎麦屋酒。

前回記事:中清(吉祥寺) 粗挽きせいろにうっとり

前回記事:中清(吉祥寺) 蕎麦前おあずけ二人蕎麦

前回記事:中清(吉祥寺) 初訪問

前回記事:今年最初のお蕎麦 中清(吉祥寺)

中清

2015年11月14日 (土)

十色(吉祥寺) 初訪問 ミニ天丼とお蕎麦のランチ

Dsc07270

初訪問が続きます。

手打ち蕎麦 十色 といろ

今年の夏の開店をyukaさんのブログで知ってから、伺ってみたかった。

店主は吉祥寺の美彩土で1年半、石はら本店、仙川店を経てこの地にお店を出された。

10月の日曜日。美容院の帰り、お昼に寄ってみました。

吉祥寺方面から中町通りをとにかくひたすら歩く。吉祥寺駅と三鷹駅のちょうど中間地点ぐらい?どちらからも遠い(^^;

鮮やかなオレンジの暖簾が目を引きますね。

お店の前は、2組の行列待ち。店内は満席。

Dsc07271

休日でもうれしい。ランチサービスあり。

ほろ酔い蕎麦セット(17時より)、なんて素敵なネーミングのセットも(^^♪

順番が来て中へ。

ジャズの流れる明るい店内は、カウンター4席、テーブル4席2席とこじんまり。

厨房には店主一人で蕎麦を茹で、天ぷらを揚げ、とても忙しそう。

花番さんも一人、厨房とフロアを行ったり来たり。

Dsc07273

カウンターの一番手前の席に腰を下ろし、

マスターズドリームグラス小。

付きだしのサービスは、マコモダケ炒め。

ふぅ~やっと落ち着いた(^^;

続きを読む "十色(吉祥寺) 初訪問 ミニ天丼とお蕎麦のランチ" »

2015年5月 5日 (火)

番外編 火弖ル(ほてる) コの字カウンターの昭和な快感

Dsc05996

昨年の10月にオープンしたばかりのカイ燗の小倉さんの2軒目のお店、火弖ル(ほてる)。

吉祥寺のヨドバシ裏、吉祥寺シアター近くのなんとホテルの前にある。

中清39の会の帰りにちょこっと寄ってみました。

Dsc05999

テーブル席は入口のみ。店の中央には松屋や吉野家のようなコの字のカウンター。

続きを読む "番外編 火弖ル(ほてる) コの字カウンターの昭和な快感" »

2015年5月 4日 (月)

中清(吉祥寺) 第4回 39の会 ずっと忘れない

Dsc05946

2012年3月11日に中清に集まってから、今回で4回目になる。

思いはそれぞれ、あるけれど、

ここに皆で集まれることに、ありがとう。

東北のお酒に、ありがとう。

中清の美味しい蕎麦と料理に、ありがとう。

そしてこの会の名前は、39(サンキュー)の会になった。

Dsc05947

発起人のしのぶ♂さん。

本当にありがとう。

Dsc05995

東北のお酒中心に、おまかせのセレクトが凄い!

Dsc05989

〆は粗びきの熟成。

Dsc05991

生粉打ち。

「赤城深山 なつみ」

渾身の蕎麦、そして日本酒を堪能しました。

想像する。そして、いつまでも忘れない。

(詳しい料理・お酒はこちら↓)

続きを読む "中清(吉祥寺) 第4回 39の会 ずっと忘れない" »

2014年10月20日 (月)

番外編 にほん酒や(吉祥寺) 新しい昼下がりの憩い方 

Dsc04069

(9月中旬の訪問)

所用をすませた昼下がり、いつもは東急のまつやに行くところだが、

お腹はそんなに空いていない。でもカフェだと物足りない・・・

吉祥寺通りを一本中に入った裏通りに、休日の昼から賑わっている居酒屋がある。

にほん酒や

週に何度かこの店の前を通り過ぎるが、

なかなか入れなかったのは、ガラス張りのカフェのような雰囲気の店構えだったせい?

この頃改装されて、木をふんだんに使った落ち着いた色調の店に変身。大きな暖簾かかっていて、少しのぞかないと店の様子もわからない。

2時、本来はピーク過ぎだが、ここはテーブル席まで満席。ほとんど30代かな?

良く見ると、カウンター1席だけ空いている。

思い切って中に入ると、皆温かく迎えてくれた。ありがとう。

Dsc04066

スタッフさんがとても元気。そして親切。

おかげで一人でもあまり気にならなくなってきた。

Dsc04048_2

お料理には

「お一人さまへ」

酒肴セット 3点900円 5点1500円

これがいい。

お酒は

風の森

十旭日

酉与右衛門

があたりが定番なのか?

勝手が分からない。

「今日は生酒な気分」と好みを言ってお願いすると・・

続きを読む "番外編 にほん酒や(吉祥寺) 新しい昼下がりの憩い方 " »

2014年10月 7日 (火)

中清(吉祥寺) 菊姫の会 未知の世界へ

Dsc04100

なんとも凄い酒の会に行ってきました。

菊姫の会。(中清主催)

(その凄さはこの出品リストをご覧ください。↑)

開業91年目を迎える中清さんの記念イベント。

お店の入口に置かれている酒樽は、菊姫。

もともと石川県ご出身の女将さんが地元酒屋より、加賀の地酒を仕入れるようになったのが、菊姫との出会いのきっかけだったそうな。

今回は菊姫の東京支店長 和田松夫さん、小山商店の小山さんをゲストにお迎えして、進行役は堀川さん。

Photo

知っているラベルは恥ずかしながら、2種類だけ(山吟と山廃純米)。

そんな初心者にはもったいない!お酒たち。

Dsc04107

中清のご主人からご挨拶。

お客さんにいい酒を紹介したい、呑ませたい。

そんなうれしい思いがひしひし伝わってきます。

採算は度外視。仕入れのコストが凄すぎ。

「つまみはスルメしか出ないよ。」

なんて言われた冗談も、つい本気にしてしまったり。

Dsc04108

菊姫 東京支店長 和田さん

一本一本のお酒を紹介してくださいました。

初めていただく貴重なお酒ばかり。

皆ここぞとばかりにいろいろ質問をぶつけます。

Dsc04111

乾杯はBY大吟醸 H7年。年月をあまり感じさせない味わいに驚きます。

フレッシュなH25年と呑み比べ。

続きを読む "中清(吉祥寺) 菊姫の会 未知の世界へ" »

2014年7月 6日 (日)

宗柳(三鷹)(2014年6月閉店) さよなら、三鷹で過ごした日々よ。

 この春の移動があるまでは、お昼といったら、三鷹駅周辺の蕎麦屋でいただくことが多かった。

Dsc_0176_11

 中でもここ、三鷹駅北口にある「宗柳」は、月替わりのそばランチが楽しみで、店の前を通過するたびに必ずチェックして(つぶやいて?)いたお店だった。

  2011年10回

  2012年13回

  2013年6回

これは毎年記録集計していた蕎麦屋の利用回数の、「宗柳を訪れた回数」。

ダントツの利用頻度だった。しかも蕎麦前無し!の計29回!!

暑い夏も、寒い冬も、ここの月替わりの蕎麦は、くたびれた私の心を励まし、時には癒してくれた。

Dsc_0175_3

記念すべき30回目の訪問が、まさか最後の訪問となるなんて・・・。

Dsc_0174_2

「6月28日で閉店」のお知らせを聞いてから、

念願だったここでの初蕎麦前は、とうとう最後に実現した。

大雨の平日の夕暮れ、ほぼずぶ濡れで到着。

 Dsc02442

寒かったので、乾杯は上喜元の熱燗から。

ここを知ったのは3年前、yukaさんのブログを見たのがきっかけ。

おかげで、三鷹の街での蕎麦屋ランチが楽しかった。

Dsc02441

初めて見る夜のおすすめ

季節の盛合せ1600円に、鮎を2匹追加してお願いする。

Dsc02444

お酒のお品書き

南 純米中取り

鳳凰美田 無濾過純吟

Dsc02465

いつもお世話になったカウンター。

Dsc02427

お通し 白瓜の明太子和え

Dsc02430

季節の盛合せ (鮎2匹追加)

Dsc02433

夜はこんなに素敵だったんですねheart04

Dsc02436

お酒は、

南 純米中取り

鳳凰美田 無濾過純吟 と続きます。

続きを読む "宗柳(三鷹)(2014年6月閉店) さよなら、三鷹で過ごした日々よ。" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31