keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

杉並区

2016年7月18日 (月)

そばとワイン 吉(西荻窪) ラム焼きパクチーと燗酒な夜

28713059_2114883363_83large
「今日は家でご飯はいらないよ。」

そんなラッキーメールの入った、仕事帰りの金曜の夜。

西荻へGO!

仕事帰りのつれ合いと待ち合わせ。久しぶりに「そばとワイン 吉」。

ここ何度かは満席で振られているので、まずはすぐに電話を入れましたよ~♪

Dsc00646

3連休前なので、「呑んじゃうぞ~!」って、

かなり気分だけはハイテンションですが、

体の方は少し夏バテ気味(^^;

ビールは止めて、最初から今日は日本酒。

Dsc00623_3

森喜酒造のブレンド酒からスタート。

Dsc00624_2

厨房には店主光太さんといよりさん、お燗番のみゆきさん。

ほんわかムードを醸し出しながらも、きちっと仕事をこなしているのがいい。

Dsc00626

モロヘイヤと湯葉のお浸し

続きを読む "そばとワイン 吉(西荻窪) ラム焼きパクチーと燗酒な夜" »

2016年2月19日 (金)

やの志ん(阿佐ヶ谷) 初訪問 おまかせコースで過ごす夜

Dsc08484

(2016年1月16日訪問)

高校時代の女友達と3人、お蕎麦屋さんで新年会。

こちらはうれしい初訪問。

手打ち蕎麦 やの志ん

阿佐ヶ谷駅南口から徒歩3分。駅前の商店街の路地を進み、程なく住宅地に風景が切り換わったところにある、静かな一軒家。

大きな看板も無く、つい通りすぎてしまう。

Dsc08472

こじんまりとした瀟洒な店内。

一升瓶の並ぶ厨房前のカウンター席。

小グループで使えそうな小上がりとテーブル席2卓のみ。

すべて予約席で埋まっています。

BGMは無く、やさしい照明と広い窓から見える庭がとてもいい感じ。

Dsc08457

瓶ビールをグラスに注ぎ、乾杯。

「いただいたお酒」

黒龍 特別吟醸

秋鹿 超辛口純米吟醸

赤武

おまかせコース(3500円)で予約してもらっているので、

気が楽ですね。

続きを読む "やの志ん(阿佐ヶ谷) 初訪問 おまかせコースで過ごす夜" »

2015年11月15日 (日)

番外編 天☆ てんせい(東高円寺) 19種類の地酒ときのこづくしの夜

Dsc_2152_3

東高円寺 天☆ てんせい

10月終わりの金曜日。常連のお友達に企画していただいて、蕎麦、うどんつながりの

楽しいお友達が6名勢ぞろい。あこがれの天☆呑みが実現しました。

当日は仕事は早めに終わったのに、道を迷って遅刻。

Dsc07437

カウンター席の隣りに部屋があり、靴を脱いで入ると

広いテーブル席でもう宴が始まっています。

今回は写真があまりなく、つれ合いのメモをもとに

いただいたお酒を振り返ってみますと・・・

①結人 純吟あらばしり 無濾過にごり

②豊香 純米生 

③一歩己 純米

④賀儀屋 純米生原

⑤結人 舞風 純吟 直汲生

⑥金婚 純吟 無濾過 中取り

⑦磐城壽 純米生

⑧日高見 本醸造

⑨奈良萬 純米

⑩夢心 本醸造

⑪咲耶美 純吟 直汲み あらばしり

⑫鳳凰美田 純吟 無濾過生

⑬〆張鶴 本醸造

⑭千代の光 本醸造

⑮玉川 山廃無濾過生

⑯川鶴 特別純米

⑰而今

⑱相模灘 無濾過生

⑲青煌 ひやおろし 

⑳ ①に戻って〆

料理に合わせて、タイミングを見ながら女将さんが次から次へと片口に。

冷酒から始まって、途中お燗に切替え、また冷酒に戻って・・

いやぁ、呑みました~。楽しみました。

料理は天然きのこを中心に秋の味覚が次々と♪あとお魚がとても新鮮。刺し盛りも良かった。

写真でその一部ご紹介しますね。

続きを読む "番外編 天☆ てんせい(東高円寺) 19種類の地酒ときのこづくしの夜" »

2015年8月15日 (土)

ら志久(荻窪) 初訪問 とり南蛮そば

Dsc06998

「蕎麦に呑兵衛なら、きっと佳いと思います。」

おススメのお店のメッセージを桃猫さんからいただいた。

呑兵衛向き♪もちろん行きますよ~。

7月中旬、強烈な日差しの午後、足早に荻窪駅北口天沼八幡通りを進む。間もなく左手に見えてくる、手打ちそばの幟とカフェのような小さな蕎麦屋。

Dsc06976

地そば 地酒 ら志久

中に入ると、4人掛けのテーブル席は3つとも先客で埋まっている。

奥の厨房前にカウンター3席。狭いながらも空いているけど、

初めての店、店主の前は勇気がいるなぁ。

Dsc06985

「ここいいですか?」とおそるおそる腰をかける。

Dsc06994

テーブル席側、黒板のお品書き。

Dsc06996

真後ろなので、体をよじって見てみると、

あらら、好物ばかりじゃないの♪

まずは・・

Dsc06983

純米 京の春 (京都 伊根)

お通しは農園産の枝豆。

続きを読む "ら志久(荻窪) 初訪問 とり南蛮そば" »

2015年6月21日 (日)

そばとワイン 吉(西荻窪) 呑んべい仕様のウマい蕎麦♪

Dsc06741

夏至が近づいてるんですね。18時過ぎてもまだまだ明るい。

西荻窪駅北口を降り、立ち飲みバルや焼き鳥屋など、魅惑的な雰囲気のお店を

通り抜け、目指したのはこちら。

Dsc06742

そばとワイン 吉

今日はあこがれの方と2人で『吉呑みheart04』。

Dsc06743

エーデルピルスナー生で、ゆるゆるとスタート♪

ビールをいただきながら「ワインにしようか」「日本酒にしようか」と悩む。

(まわりのお客さんもだいたい同じように悩んでますね(^^;)

「そばとワイン」。店の名前のとおり、ワインが豊富。しかし、日本酒の品揃えも半端じゃない。

Dsc06747

お品書き

Dsc06744

黒板には日替わりメニュー。

厨房はご主人、お酒は奥様が主にご担当。

続きを読む "そばとワイン 吉(西荻窪) 呑んべい仕様のウマい蕎麦♪" »

2015年4月 6日 (月)

一日限りの夢のコラボレーション @吉(西荻) その③

Dsc06083

3枚目の汁が運ばれてきたところで、汁の記念撮影(^^;

(左から)一如庵・ らすとらあだ・ すず季

『上品。控えめな甘さ。出汁を強く感じる。』

『深いコクのある甘味』

『色、味、超濃い~!』

そんなメモが残っています。

Dsc06085

濃いでしょ。

Dsc06086

蕎麦、間もなくです。

続きを読む "一日限りの夢のコラボレーション @吉(西荻) その③" »

2015年4月 5日 (日)

一日限りの夢のコラボレーション @吉(西荻) その②

Dsc06059

にしん煮 (すず季)

箸を入れると、ほろりと身が割れる。

甘辛さが絶妙~。先ほどの一皿で頭が関西一色だったが、一気に関東に舞い戻る。

これもいいんだな~。先ほどの『不動』(千葉のお酒)が合いそう♪

しかし東西のスペシャルを交互に味わえるなんて、恐るべし!すごい会だわ。

Dsc06060

やぶかんぞう お浸し (一如庵)

庭(山?)から採ってきたばかりのやぶかんぞうの新芽を

薄口醤油と水だけで味付けしたもの。

目が覚めるような、峻烈な美味しさ。

Dsc06062

フースー 鶏団子のスープ (らすとらあだ)

魚の粗汁のような、中華スープのような、複雑なうま味がた~っぷり。

鶏団子もホクホク~。汁物があるとホッとしますね。

Dsc06071

吉さんのラインナップのほんの一部。

続きを読む "一日限りの夢のコラボレーション @吉(西荻) その②" »

2015年3月30日 (月)

一日限りの夢のコラボレーション@吉(西荻) その① 

Dsc06027

あれは夢だったのだろうか?

4人の店主が西荻の駅に着くまで、ニコニコとずっと見送って下さったような気がする…

竜宮城(古い!)に行ってきたかのような、夢のような美味しい楽しい時間だった。

Dsc06028

3月23日月曜日

一如庵(奈良)・らすとらあだ(東京)・すず季(千葉)

憧れの蕎麦屋の店主が、一日限りの夢のコラボレーションで

西荻 『そばとワイン 吉』に集まった。

 昼と夜の2部制。募集は約10名。声かけと同時に即締切。

ダメもとでキャンセル待ちを希望したら、うれしい、前日にご連絡いただく。

なんてラッキーなんでしょ♪

職場も近いので、一番乗りしてしまった!

Dsc06104

わぁ~、吉の厨房にはいつもと違う緊張感が漂ってます!

続きを読む "一日限りの夢のコラボレーション@吉(西荻) その① " »

2015年3月27日 (金)

みわ(井荻) 鴨つくねせいろと牡蠣天ぷら

Dsc05548

(2月の内容ですみません。)

春は山菜、夏は鱧、秋冬は牡蠣と鴨。

定番もいいけれど、季節の品が待ち遠しい、手打ちそば みわ。

2月中旬の昼下がり。

風の森のぬる燗と昆布煮でゆるゆるスタート。

Dsc05550

にしんの旨煮

続きを読む "みわ(井荻) 鴨つくねせいろと牡蠣天ぷら" »

2014年12月14日 (日)

そばとワイン 吉(西荻窪) 充実の日本酒とワインを蕎麦屋スタイルで楽しむ

28713059_2114883363_83large

魅惑的な赤ちょうちんが並ぶ、夜の西荻駅南口から徒歩数分のところに

昨年から今年にかけて、蕎麦屋がなんと2軒もオープンした。

「一水」そして「そばとワイン 吉」。

ブログには書いてなかったけど、今年5月に梯子して、2軒ともお蕎麦(と蕎麦前)をいただいてました。

すぐ近くには鞍馬さんがあり、3軒の蕎麦屋がかなりの至近距離で存在することに!蕎麦屋好きにとってはうれしい出来事ですが、経営する側にとっては大変なことですね。

しかし営業時間も、スタイルもかなり違う。

その時々によって、蕎麦屋を選べるのはありがたいこと。西荻の蕎麦屋シーンが盛り上がるといいな。

Dsc04568

さて、10月某日金曜日。北海道のそば友さんと吉に行ってきました。

私は2回目の訪問です。

Dsc04571

18時開店とともに入店。カウンター席のみの店内、一番奥の席に腰を下ろす。

かなり寒いのでビールは省略。

せっかくだからワインをいただいてみましょう。

「白で、酸がしっかり、果実味を感じられるもの。」

漠然と飲みたい感じを伝えると選んでいただいたのがこれ。

Dsc04572

こちらはそば友さんのワイン。

Dsc04573

クリームチーズのかえし漬け 380円

Dsc04574

ザワークラフト&ピクルス 300円

いや~ワインもいいね。

立ち飲みのように気軽にお酒を楽しめるのがこのお店の良さ。

続きを読む "そばとワイン 吉(西荻窪) 充実の日本酒とワインを蕎麦屋スタイルで楽しむ" »

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31