keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

日本酒

2019年4月14日 (日)

2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅「酒蔵編」 酒蔵barえん(藤岡酒造)蒼空のみ比べ

今回出会った京都の美味しいお酒。澤屋まつもと、蒼空、玉川などなど。

そのうち2つの蔵が伏見の徒歩圏に点在していることがわかった。

Dsc06209

深草いまふくさんで蕎麦と酒を楽しんだ帰り、せっかくなので蔵をのぞいてみたいと足をのばす。

伏見桃山駅で降り、商店街を抜け広めの静かな道路を蔵を探して進むと、

うっかり通りすぎてしまったようだ。

看板も無いし~(^^;)。

Dsc06175

良く良く見ると、小さな酒林がある!

その下をくぐってのぞいてみると…

Dsc06157-1

藤岡酒造

奥にありました。

日差しが透けて、ステンドグラスがモダンな雰囲気。

右手に入口がある。営業しているようだ。

おそるおそる入ってみる…

続きを読む " 2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅「酒蔵編」 酒蔵barえん(藤岡酒造)蒼空のみ比べ" »

2019年3月26日 (火)

ろうじな(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅

Dsc06278
京都で出会った蕎麦 
冬限定 冬のはりそば(あたたかいすだちそば)1100円

 

Dsc06290
京都の旅そば 最終日のお昼はこちらへ
蕎麦 ろうじな
店名はロシア語の「故郷」
Dsc06288
落ち着いた雰囲気の店内。平日の昼でもカウンターは満席だったが、
厨房横にある、奥のテーブル席が空いていて、待たずに腰を下ろす。
お昼のおきまり(1300円)もいただきたかったが、
せっかくなのでアラカルトを2人でいくつかお願いする。

続きを読む "ろうじな(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅" »

2019年3月25日 (月)

いまふく(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅

Dsc06134
京都で出会った蕎麦
 広島 神石高原天空そば 黒粗 手挽き 熟成5日目
Dsc06046
平等院 鳳凰堂
京都2日目は早朝にホテルを出発して、宇治方面へ。 
平等院は鳳凰堂の拝観と鳳翔館もじっくり観賞。
52躯の雲中供養菩薩像に圧倒される。
お抹茶と団子を味わい、宇治から京阪で伏見へ。向かったのは‥‥。
Dsc06058-2
手打ちそば いまふく (伏見区深草)
Dsc06062-1
今日のお蕎麦
細挽き
黒粗
粗びき
蕎麦の挽き方を4種類に分けてます。
年度もさまざま、手挽きもあるのはうれしい。
店主とは栃木那須烏山の蕎麦栽培(八溝在来)で昨年初めてお会いして、
お店に伺える日を楽しみにしていた。

続きを読む "いまふく(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅" »

2019年3月24日 (日)

にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 

Dsc05968
京都で出会った蕎麦 
聖護院かぶら蒸しのそば(海老・百合根・木耳) 1540円
Dsc_1507_1
お蕎麦とお酒をもとめて2月終わりに京都へ小旅行を計画。
早朝に東京を出発。まず向かったのは北野天満宮。
2月25日はちょうど天神さんの日と、年に一度の梅花まつりが重なって、交通も参道も大渋滞。
やっとこさお参りを済ませ、御土居の梅苑を堪能。
帰りは人混みを避けて静かな上七軒の路地を歩く。向かったのは
蕎麦屋 にこら
次から次へと新しいお蕎麦屋さんが出店している中、変わらぬ安定感と洗練された味を求めて‥。

続きを読む "にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 " »

2019年3月23日 (土)

浜町かねこ(水天宮) 初訪問 ぶらり江戸さんぽ 天ぷら、せいろにカレーそば

(しばらくお休みしていました。忘備録がわり、昨年の記録から少しずつアップしていきます。よろしかったら…)

11月の終わり、つれ合いに合わせて平日にお休みを取る。

都内の紅葉を楽しむにはいい季節。

清澄庭園を中心に隅田川~深川界隈をぶらぶらして

新しいお蕎麦屋さんも行ってしまおう!

本来、ぶらぶらした後に蕎麦屋に入るのが理想。しかし遅いスタートの我々。

行きたい蕎麦屋は中休みがあるので、散歩の最初に駆け込まねばならない。

Dsc05612

メトロ茅場町駅から、証券会館や証券取引所のビル群を

通り抜け、日本橋蛎殻町、水天宮と歩いて行く。

そびえるタワーマーンションを背に、路地に入ると

ぽつりぽつりと風情のあるお店が見えてくる。

Dsc05666

 

浜町 かねこ

前日にミシェランビフグルマンの発表(おめでとうございます)があったためか、

平日にもかかわらず2階も含めて満席。

Dsc05627

 

15分ぐらい待って、1階カウンター席に腰を下ろす。

店内は明るい白木でまとめられており、

店主かねこさんが天ぷら、もう一人の男性の方が蕎麦を中心に、

目の前で次々と仕上げていく。

フロアは花番さんが対応。

まずは生ビール。

Dsc05629

 

先付三種盛合せ   880円

卵黄の味噌漬 椎茸の含め煮 山葵茎醤油漬

これはうれしい三品。

 

Dsc05623

日本酒は福島をメインに東北のお酒が中心。

(他にお燗向きとして、白鷹、雁木)

店主の修業先でもある蕎楽亭(神楽坂)とラインナップが近い。

飛露喜、開運などいただきましたが、

散歩もあるので控え目に(^^;

Dsc05617

冷麦と蕎麦の2種盛り、「むぎめおと」があるのもうれしい。

Dsc05664

 

カウンターの前には江戸前の魚。

 

続きを読む "浜町かねこ(水天宮) 初訪問 ぶらり江戸さんぽ 天ぷら、せいろにカレーそば" »

2018年12月30日 (日)

仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧

Dsc05550

11月25日(日)

蕎麦の世界の中ではとっても有名な石井仁さん。

神田「いし井」から数々の名店を生み出し、2年前には群馬県富岡に移られていた。

以前、湯島の古拙でいただいたしなやかなコシの

「水腰そば」の味が忘れられず、ぜひ伺いたいと思っていたら間に合わなかった。

東京に戻られ、現在開店の準備をされているという。

今回その石井さんの蕎麦会が、東京神楽坂の割烹「ほそ川」をお借りして開催。

「仁の会 with HAY」のHAYは、

「ほそ川」の細川敦史さん、牛久「季より」有馬優雄さん、東十条「一東菴」吉川邦雄さんのイニシャル。贅沢な協賛ですね。

会は2部制。私は昼の部に参加して、楽しいひとときを過ごしてきました。

Dsc05552_2

今回のお料理

Dsc05559

石井さんの蕎麦味噌

芳ばしい蕎麦の実、オリーブオイルの風味。

一味違う美味しさ。

Dsc05569

前菜 4人の共演

蕎麦豆腐、ひたし豆 (吉川さん)

オレンジ白菜の漬物 (有馬さん)

炙り塩アナゴ (細川さん)

これはお酒を呼びます(^^;

続きを読む "仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧" »

2018年12月25日 (火)

くら家(高円寺) 初訪問 宴会プラン飲み放題で蕎麦屋呑み

平成30年後半 蕎麦屋振り返り。

仕事帰り、ご近所の蕎麦仲間と待ち合わせて、蕎麦屋呑み。

高円寺駅北口から徒歩数分、手打ちそばくら家に初訪問。

Dsc05519

座席数は30席。

入ってすぐに、カウンター席。奥が広く、テーブル席が充実。

店内は明るく、お食事処のような、不思議な安心感がある。

Dsc05525

今回お願いしたのは宴会プラン。

お好きなドリンク一杯の「超晩酌セット(2名から)」と、「90分飲み放題コース(3名から)」と悩んだあげく、「飲み放題」を選択。料理も玉子焼きと天ぷらプラスされる。

これがとても良かった♪

Dsc05524

飲み放題はこちらのリストの日本酒(十四代と田酒を除く)が対象。

一部、品切もあったけど、菊姫 山廃純米酒も加えていただけるという。

近頃は酒量もかなり減ったから、そんな量は飲めないけど、

3人で片端からまず味見しちゃいましょう。

90分はお酒のオーダーストップの時間であり、

その後でも料理、蕎麦はゆっくりいただける。

Dsc05527

前菜 辛子明太 しめ鯖

まずは生ビールで乾杯し、宴はスタート。

続きを読む "くら家(高円寺) 初訪問 宴会プラン飲み放題で蕎麦屋呑み" »

2018年12月24日 (月)

三咲(鷺宮) 初訪問 蕎麦屋の定番で蕎麦前とせいろ

平成30年後半の蕎麦振り返り。

地元のワイン屋さんで、「鷺宮に美味しいお蕎麦屋さんがある」との情報。

お休みを取った10月の月曜日、つれ合いとお昼に伺ってきました。

Dsc05320

西武新宿線鷺宮駅を降り、中杉通りを北に進み曲がった路地沿い。

青い暖簾に、こじんまりとした店構え

 手打ちそば 三咲。

Dsc05350

口開けの店内。

若い店主が一人で対応されている。

カウンター席と、奥にテーブル席が2つ。

先客は無く、奥のテーブル席をお願いする。

続きを読む "三咲(鷺宮) 初訪問 蕎麦屋の定番で蕎麦前とせいろ" »

2018年12月23日 (日)

ふく花(東中神) パンと澤姫と蕎麦の会

平成30年もあと一週間で終わってしまうんですね。

年後半の蕎麦会を中心に今年いただいた蕎麦を振り返り。

9月9日(日)

蕎麦と言っておきながら、いきなり「パン」からスタート。

蕎麦屋にイベントでパンが主役っておもしろいですよね。

今回はパン教室マーマレードの芦澤亜希子先生の提供してくださった6種類のパンに合わせて、店主こうちゃんの美味しい肴と日本酒を楽しむというめずらしい企画。

お酒は澤姫。栃木県宇都宮市の井上清吉商店 蔵元井上裕史さんがパンに合わせて火入れのお酒を中心に6種類セレクト。

Dsc05198

燗酒機の横にトースター。

Dsc05192

会の素敵なレジュメは今回も陽子さんが作成。

今回は楽しい漫画からスタート♪

Dsc05197

Dsc05216

(ブレてゴメン)

Dsc05201

芳ばしい香りが漂います。

Dsc05194

パンと料理のおしながき

Dsc05240

お酒のラインナップ 6種類

仕込み水も用意されて、

体にやさしく、お水の美味しさも確認できるのが楽しい。

Dsc05196

それぞれのお酒の最後に合わせるパンのナビもついてます♪

Dsc05205

亜希子先生(アッコちゃん)とふく花女将さんのたかちゃん。

続きを読む "ふく花(東中神) パンと澤姫と蕎麦の会" »

2018年12月 2日 (日)

ふるまい蕎麦ふる井(桜台) 鴨南蛮そばと秋の味覚

※この記事の内容は2018年10月末の情報になります。

Dsc05388

平日にお休みを取ったら蕎麦屋とお風呂に行こう♪

他にやる事ないのかい!?と突っ込まれそうですが、

これが一番の楽しみなんです。

西武池袋線桜台駅に久松湯という天然温泉付の銭湯がお気に入り。

一風呂浴びたら、散歩がてら、近くのお蕎麦屋さんへGO!

駅の反対側でかなり歩きますが、ちょうど汗ばんできた頃に、到着。

迷ったので30分ぐらいかかったでしょうか?

石臼挽き ふるまい蕎麦ふる井。

ランチも魅力ですが、昼でも一品料理が充実していているので、

蕎麦前を楽しみたい時にもおすすめです(^-^)

Dsc05394_4

Dsc05393

のどからから、生ビールが美味い!

事前に連絡しておいて良かった。奥のテーブル席に着くと

間もなく満席。

Dsc05410

お昼のコースと悩んだあげく、

秋の味覚からいくつかお願いする。

お願いしたのは、、

続きを読む "ふるまい蕎麦ふる井(桜台) 鴨南蛮そばと秋の味覚" »

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30