keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

日本酒

2018年7月15日 (日)

うた(新井薬師前) 初訪問 蕎麦とお酒とハーブティーとレモンケーキ

5月中旬

気になっていたお蕎麦屋さんに

つれ合いと娘と3人で行ってきました。

(yukaさんありがとう)

Dsc04406_1

新井薬師前駅は火群さん(6月閉店)を訪れた先週に下りたばかり。

とても近くだったんですね。

駅から商店街沿いに6分ぐらい歩くと、見えてくる赤い屋根と緑の植栽。

SOBA&HERB うた

Dsc04411

平日のお昼、先客無し。初めてのお店はやっぱりどきどき。

小さな店内は店主と女将さんのお2人のみで対応。

4人掛けのテーブル席から見える緑のカーテン。

心地よい風がなんともいえない。

Dsc04407_1

幸福感と少しの罪悪感・・・

Dsc04408

ビールのアテに、うれしい山葵の茎の醤油漬け。

続きを読む "うた(新井薬師前) 初訪問 蕎麦とお酒とハーブティーとレモンケーキ" »

2018年6月 3日 (日)

火群(新井薬師前)【2018年6月閉店】 初訪問 女将さんの笑顔と肴と蕎麦にいやされて‥

Dsc_0962

ずっと気になっていたお蕎麦屋さん

新井薬師前 火群(ほむろ)。

夜のみの営業で、1人ではなかなか入りづらかった。

今回ありがたいことに、

つれづれ蕎麦のyukaさんにお誘いいただき、

仕事帰りの金曜日に行ってまいりました。

西武新宿線 新井薬師前駅下車、商店街の通りを南へ歩いて約5分。

五さ路から斜めに入ると、通りは急に住宅街へと変わる。そのマンションの1階。

立派な陶器が並び、一枚板の大きな看板。

知らなければ骨董屋?と、間違えて通りすぎてしまいそう(^^;

Dsc04378

照明を抑えたこじんまりとした店内。

猫やお地蔵さんなど愛らしい装飾品がライトアップ。

幻想的な世界が広がっている。

Dsc04376

カウンターはすでに満席。

テーブル席もありましたが、お客さんが親切に詰めて下さり、

そろってカウンターにずらり。

Dsc04365

女将さんにご挨拶。

その温かな笑顔に緊張の糸もほどける。

Dsc04362_2

まずはエビスの生ビール。

Dsc04364

お通し

浅利の出汁が効いた大根の煮物と、

抜群な茹で加減のだだ茶豆。

Dsc04363

料理・肴は女将さんの手作りが並ぶお品書き。

Dsc04366

生ザーサイ

いい塩加減、シャキシャキの食感。

添えられた胡麻油につけると中華風で2度美味しい!

続きを読む "火群(新井薬師前)【2018年6月閉店】 初訪問 女将さんの笑顔と肴と蕎麦にいやされて‥" »

2018年4月27日 (金)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 エピローグ 道後温泉の夜

Dsc04020

3泊4日四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅。

最終目的地松山経由で道後温泉へ。

しかしずっと雨。

自称晴れ女はどこへ(^^;

Dsc04029

道後温泉はなんと素敵なライトアップ。

道後オンセナート2018の真最中。蜷川実花さんの作品が障子やガラスに設置され

幻想的な雰囲気。

Dsc04033

泉質も雰囲気も素晴らしい。

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 エピローグ 道後温泉の夜" »

2018年4月25日 (水)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 高知巡り 桂浜から四万十川まで

祖谷方面で時間がかかり過ぎ、高速を飛ばしてたどり着いた桂浜。

Dsc03912

太平洋を眺める有名な龍馬像にご挨拶して‥

Dsc03914

ぐるっと桂浜を散歩。滞在時間わずか30分。

本日宿、土佐佐賀温泉 こぶしのさとに向かう。

Dsc03929

どちらかと言えば日帰り温泉の施設に宿泊する感じではあったが、

安くて温泉があり、四万十川方面に向かうには便利な宿。

四国土佐の地物をふんだんに使った料理が美味しかった。

Dsc03930

地魚のこぶり(左上) 

土佐の漁師料理。白身の魚(鯛や鯵)を味噌、ねぎ、にんにくなどでたたいたなめろう。

チャンバラ貝の煮付(左下) 

2つのハサミが細長く、刀でチャンバラしてるように見える、珍しい貝。

Dsc03940

お酒はやっぱり地のものを。司牡丹のお燗。

Dsc03942

鰆の刺身が美味!

鰤はこちらでは「ネイリ」と呼ばれる。

Dsc03946_2

四万十川の藤娘。

Dsc03955

白身魚の海鮮巻きもウマ!

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 高知巡り 桂浜から四万十川まで" »

2018年3月31日 (土)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 道の駅で祖谷そば(徳島県大歩危)

朝うどんを楽しんで、香川を後にする。

これから徳島経由で、本日の宿である高知を目指す。

当初立ち寄る予定だった祖谷のかずら橋(3年に一度の架け換え中)は、前日の大雪と路面の凍結で断念。

せめて祖谷そばだけでもいただきたいと、吉野川沿いの32号線経由に切替える。

「今小町」の酒蔵 中和商店は、その行く途中の三好市池田町サラダにあった。

徳島の地酒といったら旭若松が自分の中では代表的な銘柄。

しかしまだ知らない面白いお酒がありそうです。

Dsc03893

豊かな吉野川の中流に位置する静かな町。

のれんは出てるが、中に入ると誰もいない。

お酒も並んでいない。

Dsc03895

あきらめて大通りに戻ると、別の醸造所を発見!

三芳菊酒造ってここにあったのか。

このあたりは米も水もいいし、酒造りにも適しているのね。

お店に入ってみると、残念、こちらも、猫しかいない(^^;

ついにお土産、手に入れられず。

Dsc03900

雪が残る吉野川。

小歩危(こぼけ)から大歩危(おおぼけ)へと、

上流にすすむにしたがって、断崖絶壁の景観。

夏は遊覧船や、ラフティングも楽しめるスポットだが

真冬の平日は客もほとんどいない。お目当ての蕎麦屋も、レストランもお休みだった。

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 道の駅で祖谷そば(徳島県大歩危)" »

2018年3月27日 (火)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 香川観光 食べたら登る、こんぴらさんと丸亀城 

Dsc03751

うどん巡りの合間の観光をご紹介。

香川琴平と言ったら忘れちゃいけない。

悦凱陣の丸尾酒造に立ち寄りたい。

Dsc03750

お土産は東京で探すか(^^;

Dsc03754

せっかくなので、蔵のまわりを散歩。

小さな商店や醤油などの蔵もあり、

落ち着いた趣のある町並。

Dsc03757
春日神社

蔵に隣接して佇んでいました。

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 香川観光 食べたら登る、こんぴらさんと丸亀城 " »

2018年3月24日 (土)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 居酒屋 酒甫手 さかぼて(高松市瓦町)

Dsc_0338

うどん、蕎麦を3食した上に、

ホテルのラウンジのカクテルタイム(宿泊者無料)に負けて

ビールもしっかり飲んでしまった。

しかし初めての高松の夜。

四国の地酒と瀬戸内の魚は味わいたい。

予約して伺ったのは

居酒屋 酒甫手(さかぼて)。

Dsc_0340

お通しは小松菜の煮浸しとしらす。

左は蛸のやわらか煮。

日本酒は九州から東北まで好きな銘柄が揃っている。

せっかくだから四国のお酒。

凱陣もあったけど、これは東京でいただくことにして、

あまりいただいた事が無い銘柄を中心に・・(^^;

これが楽しかった♪

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 居酒屋 酒甫手 さかぼて(高松市瓦町)" »

2018年3月10日 (土)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 プロローグ

 

2月中旬、冬休みを使って四国を旅行してきました。

Dsc03723

四国へ行くのはなんと初めて。いろいろ迷うところですが、

うどん>蕎麦>日本酒>温泉>観光 と優先順位とテーマを決めて旅の計画。

Dsc03743

問題は香川のうどん巡り。店が多すぎて、どこに入ればわからない。

蔵之介の大山大将に相談して良かった。旅のルートに沿って、行くべきお店がすぐ決まりました。(本当にありがとうございました!)

初日 香川(高松市泊)

    山越(うどん)→松岡(うどん・そば)→丸尾酒造→金陵→金毘羅神社→長田in香の

    香(うどん)→丸岡城→高松市内→居酒屋→鶴丸(うどん)  

Dsc03751

 

2日目 徳島(三好)~高知(四万十市泊)

     ホテル朝食(うどん)→うどんバカ一代(うどん)→三芳菊酒造、中和商店→大歩危

     渓谷→道の駅(祖谷そば)→桂浜→高知城→四万十市(温泉宿) 

Dsc03897

 

3日目 高知(四万十市)~愛媛(道後温泉泊)

     四万十川→伊予翁(そば)→道後温泉→居酒屋

Dsc03920

4日目 愛媛(道後温泉~松山)~東京

     松山城→坂の上の雲ミュージアム

Dsc04031

 うどん6食、そば3食の旅、ぼちぼちアップしていきます。

Dsc03709_2

2月は寒波が続き、あいにく前日も北陸、九州は大雪。

Dsc03716

欠航情報が入り乱れる中、高松空港も積雪で遅延又は引き返す恐れがあった。

初めての四国は雪が迎えてくれた。

Dsc03717

高松空港に無事到着。雪一面の滑走路。

Dsc03720

高松空港からレンタカーをかりて、いざ!

うどん巡りのスタート。

事前にスタッドレスに切り替えてもらって正解だった(^^;

(続く)

2018年1月21日 (日)

そばとワイン 吉(西荻) ワインの魅力もぐいぐいと。

PCの容量がいっぱいになってしまったのか?撮り溜めた写真を今までの方法では読込めない(-_-;)

アンドロイド用ココログのアプリを入れてスマホから直接写真をアップできることが分かり、 サイズを小さくして貼りつけちゃいました。

試行錯誤、しばらくはこの方法でやってみます。。。

2017年、12月にいただいた蕎麦の記録

気の利いた肴と美味しいお酒をいただきたくなると

ふらり立ち寄る、西荻 そばとワイン吉。

いつもは日本酒がメインですが、ワインもいいんです。

詳しくなくても大丈夫。

「こんな感じがいい」と伝えると、

最強のスタッフさん、ばっちりセレクトしてくれました。

店主光太さんを囲むようなL字カウンター。

スタッフさん、お客さんともゆる~い時間を共有できるのが楽しい。

〆のもり蕎麦は、酒呑み仕様。

細打ちでのど越しばっちり。

ごちそうさまでした。

1516110343062.jpg 1516110343383.jpg 1516110343710.jpg 1516110343989.jpg 1516110344256.jpg 1516110344507.jpg 1516110344761.jpg 1516110345047.jpg 1516110345299.jpg

そばとワイン 吉

続きを読む "そばとワイン 吉(西荻) ワインの魅力もぐいぐいと。" »

2018年1月17日 (水)

番外編 蔵之介(高田馬場) 2017燗酒の会

Dsc_5468_3

2017年で思い出に残る酒の会をもう1つ。

うどん蔵之介 2017 燗酒の会。

2016年は真夏(7月末)に「夏でも燗 悦凱陣 お酒の会」があり、贅沢な酒米違いの熟成の燗を楽しんだのですが、今年は9月の中旬に開催されました。

Dsc_5471

今回のお題はお燗を楽しむ。そのラインナップ↑。

最強ですね(^O^)

お燗番には強力な助っ人、昨年に引き続き、横浜君島屋の織田さんが担当してくださる。

このしっかりしたお酒たちを受け止める、蔵之介の酒肴も素晴らしい。

会の後半には、店主秘蔵25BY凱陣、Tさん持込の凱陣も追加され

もう夢のような飲み比べ。

〆は何と、手打ち素麺。これが悶絶の美味さ!!(確か小豆島産だったよね。)

ごちそうさまでした。

続きを読む "番外編 蔵之介(高田馬場) 2017燗酒の会" »

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31