keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

日本酒

2017年10月 9日 (月)

雷鳥(石神井公園) 10月の蕎麦 けし切り

Dsc_5696

昨年夏にオープンした石神井公園の手打ち蕎麦 雷鳥。

1年で人気の実力店となった。久しぶりに伺った週末のお昼どき、地下1階の広い店内が満席状態。

蕎麦は4種類。せいろ、田舎蕎麦、十割蕎麦、そして月替わりの変わり蕎麦。

10月の蕎麦は「けし切り」。

先月の「くるみ蕎麦」や「菊切り」も食べそびれた。今度は早めに食べなくては。

満席の入口でしばし待つが、1人だったのでカウンター席に運よくすべり込む。

まずはけし切りをお声かけでお願いし、

しばし蕎麦前を楽しむ。

いただいた日本酒

白露垂珠 ひやおろし

こんな夜に~雷鳥 無濾過中取生原酒

アテは軽めに、

アボガド漬

梅水晶(サメの軟骨梅肉和え)

続きを読む "雷鳥(石神井公園) 10月の蕎麦 けし切り" »

2017年9月16日 (土)

手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間

Dsc_5362

SNS恐るべし!

高校時代、一度も話をしたことがなかった同級生のAさん。SNSでの同窓会がきっかけでお互いに蕎麦好きと知って、意気投合。

ある日「近所にとても美味しい蕎麦屋がある」とうれしいお誘い。お店の名前を聞いたらなんと、ずっと行きたかった憧れのお蕎麦屋さんではないですか!

流山 手打ち蕎麦 すず季。

8月終わりの夏休み。平日のお昼に待ち合わせして、伺ってきました。

Dsc_5319

開店前に到着し、店主鈴木さんにご挨拶。

西荻でのコラボレーション以来ですね。

Dsc_5321

まずはエビスで乾杯。

茄子の煮浸しの付き出しがうれしい。

続きを読む "手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間" »

2017年9月13日 (水)

関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば

Dsc_3979

にこらでお昼を楽しんだあと、先に帰るメンバーを見送り、

関西ツアーも大詰め。

残った最終メンバーは4名。

お腹はまったく空いてないのだけど、

早めの夕飯を兼ねて、最後の蕎麦屋へ。

京都市役所からほど近い、麩屋町通沿いにある

晦庵河道屋(みそかあん かわみちや)。

蕎麦屋目的で京都は何度か訪れているけど、

こちらのお店は今回初めて知ったんですね。

(今回の旅の内容、詳しくはブログ こなもんや三度笠で紹介されてます。

もう数か月も前に(^^;)

Dsc_3981

江戸時代から続く、生そばの老舗。

Dsc_3988

今回はいただきませんでしたが、

芳香炉という14代が考案した鍋も有名。

間口は狭いけど、京都の建物はとても風情がありますね。

Dsc_3991

玄関を進むと、一階の桟敷席を抜け、

Dsc_3992

通り庭を進み、さらにまっすぐ続きます。

続きを読む "関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば" »

2017年9月12日 (火)

関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪

Dsc_3880

京都3日目、最終日。

バス一日券を購入し、まずは京都駅へ。ロッカーに大きな荷物を預けて、またバスで移動。

目指したのは 蕎麦屋 にこら。

2003年12月の開店し、今や京都の蕎麦屋の実力店。

初めて伺ったのは6年前、そのセンスと実力に一辺で魅了された。

それ以来、何度か京都旅行で利用させていただいた。

いつ行っても裏切らない、安定感。こういうお店って貴重です。

新しいお店も気になるけど、久しぶりの定点観測にワクワク。

Dsc_3882

続きを読む "関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪" »

2017年9月11日 (月)

関西そばツアー⑧ じん六 鯖寿司とそばがきと蕎麦三昧

京都2日目の昼下がり。

地下鉄を乗り継いで、向かったのは 蕎麦屋 じん六。

北山通り沿いの真新しいマンションの1階に、見覚えのある暖簾。

今回で3度目にはなるが、新しい店舗になってからは初めての訪問。

Dsc_3771

Dsc_3805

店内は明るく、前の店舗のような木をふんだんに使った

ナチュラルな雰囲気。

営業時間は夕方までだが、中休みが無いのがうれしい。

Dsc_3784

奥の厨房の前、小さな石臼が置かれた大きなテーブル席に6名。

Dsc_3775

お酒はおススメをお願いして、いろいろいただいた。

詳しくは写真参照~(^^;)

続きを読む "関西そばツアー⑧ じん六 鯖寿司とそばがきと蕎麦三昧" »

2017年9月10日 (日)

関西そばツアー⑦ 桝富 白川のせせらぎと粗びきそば

Dsc_3842

京都2日目の夜は昭和28年創業、三条白川橋にある老舗のそば処 桝富。

昼、夜と混みあう人気店、予約して伺いました。

Dsc_3847

お店の裏を流れる白川。清涼感ありますね。

このごろは蛍も見られるようになったとか。

Dsc03584_2

この日お願いしたのは「そば点心」2350円。

酢の物、煮物の小鉢でスタート。

点心はにしん棒か生湯葉が選べます。

続きを読む "関西そばツアー⑦ 桝富 白川のせせらぎと粗びきそば" »

2017年8月19日 (土)

関西そばツアー④ 紫雲仙(京都) 二色ゆう膳 十割、茶そば、カラスミそば

奈良、大阪から移動して、最終目的地の京都へ到着。

今回の蕎麦屋巡りはソバリエの同期Nさんにお任せ。

生粉打ち(十割)にこだわったお店を中心にコーディネイトされたそうな。

ただただ着いて行くだけなので、楽ちんです(^-^)

Dsc_3600

京都1軒目 紫雲仙。

初っ端からノーマークのお店でしたが、ビフグルマンにも選ばれていて、ちょっとわくわく。

地下鉄京都市役所前から御幸町通りを下ルと、

京町家をリノベーションした黒を基調にしたモダンな店構え。

Dsc_3605

Dsc03565

お酒は京都のお酒中心に、西から東まで揃っていますね。

Dsc03538

細長い大テーブルにはガラス板が中央一段高くセットされていて、

料理やお酒を乗せ、眺めることができる。

エビスビールで本日3度目の乾杯。

Dsc03541

とってもうれしいお通しが出される。

鱧に梅肉。いきなり風味豊かな十割そば。張られた出汁も上品で美味。

京都に来た実感、ひしひし。

続きを読む "関西そばツアー④ 紫雲仙(京都) 二色ゆう膳 十割、茶そば、カラスミそば" »

2017年8月13日 (日)

関西そばツアー③ ぐーちょきぱー(大阪) そばがき

Dsc_3553

関西そばツアー2軒目は蕎麦屋ではなく、そばがき屋。

名前もかわいい、「ぐーちょきぱー」。

藍色の暖簾がデニムのように爽やか。

Dsc_3558

梅雨間近、じわり夏を感じさせる、6月の上旬の昼下がり。

入口の植栽に和まされ…

 

続きを読む "関西そばツアー③ ぐーちょきぱー(大阪) そばがき" »

2017年8月12日 (土)

関西そばツアー② 一如庵(奈良) 渾身の蕎麦を味わう

Dsc_3512

鮮やかな緑の庭を眺めながら、そろそろ蕎麦との対面です。

Dsc03518

合間にいただいたお酒は 倉本 古酒(10年)

Dsc03521

更科の熟成そば

もり汁は鰹出汁 

Dsc_3537

透明感のある美しい蕎麦に圧倒。

ぷるんとはね返すような食感。喉ごしは抜群。

噛むとじわ~っと旨味が広がる。

もり汁はまろやかなやさしい味わい。蕎麦の味を引立てる名脇役。

続きを読む "関西そばツアー② 一如庵(奈良) 渾身の蕎麦を味わう" »

2017年7月17日 (月)

関西そばツアー① 一如庵(奈良) 渾身の蕎麦を味わう

Dsc_3552

6月2日~4日 江戸ソバリエ同期のNさんの京都の別宅をお借りして、

2泊3日の蕎麦合宿に行ってきました。参加者は東京からの5名。

途中、新しい仲間が加わりながら、ワイワイとても楽しい旅となりました。

ツアーのコーディネイト、お蕎麦屋さんのセレクトはNさんにすべてお任せ。まだまだ知らないお店が多いですね。自分の目線ではなかなか分からない、京都の新しい魅力を経験。

旅の始まりは、奈良。 蕎麦と菜食 一如庵。(ここだけ別行動。)

一如庵の桶谷さんとの出会いは、西荻の蕎麦とワイン吉(一日限りのコラボレーション)。

あの日以来、ぜひ店に伺ってみたいと思っていました。

名古屋から近鉄に乗換3回!

榛原駅からは車で。ご案内いただいたアンディ&フローレンスご夫妻、本当にありがとうございました。

Dsc_3509

わずか2時間の滞在でしたが、 

それはそれは、素晴らしい、夢のような時間でした。

あとは写真を中心に…

Dsc_3511

Dsc_3520

Dsc_3517

続きを読む "関西そばツアー① 一如庵(奈良) 渾身の蕎麦を味わう" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31