keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

そば 蕎麦

2018年1月21日 (日)

そばとワイン 吉(西荻) ワインの魅力もぐいぐいと。

PCの容量がいっぱいになってしまったのか?撮り溜めた写真を今までの方法では読込めない(-_-;)

アンドロイド用ココログのアプリを入れてスマホから直接写真をアップできることが分かり、 サイズを小さくして貼りつけちゃいました。

試行錯誤、しばらくはこの方法でやってみます。。。

2017年、12月にいただいた蕎麦の記録

気の利いた肴と美味しいお酒をいただきたくなると

ふらり立ち寄る、西荻 そばとワイン吉。

いつもは日本酒がメインですが、ワインもいいんです。

詳しくなくても大丈夫。

「こんな感じがいい」と伝えると、

最強のスタッフさん、ばっちりセレクトしてくれました。

店主光太さんを囲むようなL字カウンター。

スタッフさん、お客さんともゆる~い時間を共有できるのが楽しい。

〆のもり蕎麦は、酒呑み仕様。

細打ちでのど越しばっちり。

ごちそうさまでした。

1516110343062.jpg 1516110343383.jpg 1516110343710.jpg 1516110343989.jpg 1516110344256.jpg 1516110344507.jpg 1516110344761.jpg 1516110345047.jpg 1516110345299.jpg

そばとワイン 吉

続きを読む "そばとワイン 吉(西荻) ワインの魅力もぐいぐいと。" »

2018年1月15日 (月)

中清(吉祥寺) 十六代九郎右衛門の会

Dsc_5441

2017年に参加したお酒の会をいくつかアップしておきます。

吉祥寺 中清にて9月2日に開催された 十六代九郎右衛門の会に初参加。

標高940mの信州木祖村にある湯川酒造店で醸される限定流通銘柄。

米の魅力を感じ、旨味、キレとバランス良く、

この頃、家呑みにもちょくちょく登場するお気に入り。

Dsc_5410

生酛系に舵を切り始めているという今回のラインナップ。

山廃との呑み比べも楽しかった~。

以下、写真だけですが、

中清さんのしっかりした味わいの酒肴に、それをしっかり受け止める酒の力を楽しむ、

大満足の会でした。〆はもちろん手打ち蕎麦。絶品の生粉打ちと粗びき蕎麦(3日熟成)。

ごちそうさまでした。

続きを読む "中清(吉祥寺) 十六代九郎右衛門の会" »

2018年1月14日 (日)

わへいそば(秩父) 蕎麦・酒・温泉、そうだ秩父へ行こう♪くるみ汁のざると武甲正宗

このところ消耗している日々が続いている。

11月末の平日、久しぶりに自分のためにお休みをとる。

のんびり好きなことがしたいなぁ。心が叫んでいる・・・

Img_0134

そうだ、秩父へ行こう♪

つれ合いと今年独立した娘が1日つき合ってくれるという。

西武鉄道の最寄り駅で「秩父漫遊きっぷ」を購入。

往復運賃割引に、980円相当の選べるクーポン券付。立ち寄りたい施設や協賛店の割引もあり、かなりお得。

選べるクーポンは西武秩父駅前に今年の春に出来たばかりの温泉、『祭の湯』の入館券として使う事にして、街歩きのルートを決める。

西武秩父駅→秩父神社→祭り会館→武甲酒造→わへいそば→祭の湯 

旅の最後に温泉っていいよね~。

今回初めて伺ったのは わへいそば。

TVで江戸ソバリエの前島さんが紹介されていたお蕎麦屋さん。

くるみ汁のお蕎麦がとても美味しそうだった。

街歩きを楽しんで、お腹はぺこぺこ。

平日の13時過ぎなら人気店でもすぐ入れるかなと、

考えたのは浅はかだった・・・・

Img_0133

店の前の行列は一部だった。

まだ呼ばれてないお客は十数名!駐車場の車の中や店の周りで待っていた。

待つのは嫌いな3人だが、ここは街から離れた場所、他に行くところも無い。

諦めてリストの最後に名前を書く。

呼ばれたのはなんと約1時間後…

Dsc_0272

テーブル席と小上がり、奥には個室もある、古民家調の落ち着いた店内。

お客さんもそれぞれの席でゆったり楽しんでいるのがわかる。

店内は2~3名の花番さん。対応も早く、感じもいい。

奥、窓際のテーブル席に案内され、待ちに待った我々は、もう食べる気満々。

目的のくるみ汁のそばをお声かけでお願いして、

まずは蕎麦前を~。

Dsc_0267

生酒と熱燗を2合、一気に頼んじゃう。

Dsc_0269

武甲正宗 純米生酒

Dsc_0270

武甲正宗 本醸造 

冷えた体にお燗が沁みる!

アテはウレシイ 山ごぼう。

Dsc_0264

肴のメニューはシンプルだけど、秩父ならではの名物があるのがうれしい。

続きを読む "わへいそば(秩父) 蕎麦・酒・温泉、そうだ秩父へ行こう♪くるみ汁のざると武甲正宗" »

2018年1月 4日 (木)

2018年 明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

なかなか更新しないブログですが、

いつも応援ありがとうございます。

蕎麦屋で癒され、日本酒で満たされ、

楽しい仲間に支えられて、どうにか1年乗り切ることができました。

つながるご縁、これからも大事にしていきたいです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

Dsc_0153_2

 

 

2017年11月23日 (木)

椿(高円寺) 初訪問 夕涼み、ちゃぶ台を囲んで山形を味わう

2017年も残すところあと2ヶ月を切りましたね(^^;

今年伺ったお蕎麦屋さんを、少しずつアップしていきますね。

Dsc_4330

2017年6月

梅雨の合間の土曜日の夕方、

蕎麦友さんにお誘いただいて伺ったのは

高円寺 椿。山形の料理と酒、そして手打ち蕎麦が楽しめるという。

高円寺駅北口から賑やかな商店街を抜け、早稲田通り沿いに進むと

白壁に生成りの暖簾、木造2階建の古民家のお店。

Dsc_4393

1階は落ち着いた雰囲気。厨房を囲むL字のカウンターのみ。

狭い階段を上がると、座敷と小上がりがある。

今日の宴はその窓の外。

Dsc_4340

ゴザの敷かれたベランダにはちゃぶ台と座布団。

Dsc_4344

まだ日が出ているので少し蒸し暑いけど、

生ビールが美味い!

続きを読む "椿(高円寺) 初訪問 夕涼み、ちゃぶ台を囲んで山形を味わう" »

2017年11月 5日 (日)

手打ちそばカフェるりはりや(拝島) 初訪問 瑠璃色の風が吹いている。芋煮つけ汁そばと鯉川。

Dsc_5741
お天気に恵まれた、3連休の最終日。

米国の大統領の来日で都心は警備が物々しい。

ならば都心を避けてと、向かうは西武線拝島駅。

ここは福生市って!?

結局、トランプ大統領と同じ方面に(横田基地)来ちゃったようです(^^;

Dsc_5740

拝島駅周辺はものものしい警備も全く無く、ひっそり静か。

紅葉の始まった玉川上水沿いを進むと、そば処の幟。

土日のみの営業

手打ちそばカフェ るりはりや

2015年に開店。

つれづれ蕎麦のyukaさんのブログで知って以来、ずっと気になっていました。

Dsc_5756

ステンドガラスの扉を開けると、

ジャズの流れる落ち着いた空間。

カウンター席と大きめのテーブル席が3つ。

Dsc_5743
店内は店主お一人。先客の蕎麦を茹でている。

入口近くの丸テーブルに腰をかけて待つ。

砂時計やステンドガラスなど、

瑠璃色がところどころに使われている。

やさしい青。こころを和ませますね。

続きを読む "手打ちそばカフェるりはりや(拝島) 初訪問 瑠璃色の風が吹いている。芋煮つけ汁そばと鯉川。" »

2017年10月 9日 (月)

雷鳥(石神井公園) 10月の蕎麦 けし切り

Dsc_5696

昨年夏にオープンした石神井公園の手打ち蕎麦 雷鳥。

1年で人気の実力店となった。久しぶりに伺った週末のお昼どき、地下1階の広い店内が満席状態。

蕎麦は4種類。せいろ、田舎蕎麦、十割蕎麦、そして月替わりの変わり蕎麦。

10月の蕎麦は「けし切り」。

先月の「くるみ蕎麦」や「菊切り」も食べそびれた。今度は早めに食べなくては。

満席の入口でしばし待つが、1人だったのでカウンター席に運よくすべり込む。

まずはけし切りをお声かけでお願いし、

しばし蕎麦前を楽しむ。

いただいた日本酒

白露垂珠 ひやおろし

こんな夜に~雷鳥 無濾過中取生原酒

アテは軽めに、

アボガド漬

梅水晶(サメの軟骨梅肉和え)

続きを読む "雷鳥(石神井公園) 10月の蕎麦 けし切り" »

2017年9月16日 (土)

手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間

Dsc_5362

SNS恐るべし!

高校時代、一度も話をしたことがなかった同級生のAさん。SNSでの同窓会がきっかけでお互いに蕎麦好きと知って、意気投合。

ある日「近所にとても美味しい蕎麦屋がある」とうれしいお誘い。お店の名前を聞いたらなんと、ずっと行きたかった憧れのお蕎麦屋さんではないですか!

流山 手打ち蕎麦 すず季。

8月終わりの夏休み。平日のお昼に待ち合わせして、伺ってきました。

Dsc_5319

開店前に到着し、店主鈴木さんにご挨拶。

西荻でのコラボレーション以来ですね。

Dsc_5321

まずはエビスで乾杯。

茄子の煮浸しの付き出しがうれしい。

続きを読む "手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間" »

2017年9月13日 (水)

関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば

Dsc_3979

にこらでお昼を楽しんだあと、先に帰るメンバーを見送り、

関西ツアーも大詰め。

残った最終メンバーは4名。

お腹はまったく空いてないのだけど、

早めの夕飯を兼ねて、最後の蕎麦屋へ。

京都市役所からほど近い、麩屋町通沿いにある

晦庵河道屋(みそかあん かわみちや)。

蕎麦屋目的で京都は何度か訪れているけど、

こちらのお店は今回初めて知ったんですね。

(今回の旅の内容、詳しくはブログ こなもんや三度笠で紹介されてます。

もう数か月も前に(^^;)

Dsc_3981

江戸時代から続く、生そばの老舗。

Dsc_3988

今回はいただきませんでしたが、

芳香炉という14代が考案した鍋も有名。

間口は狭いけど、京都の建物はとても風情がありますね。

Dsc_3991

玄関を進むと、一階の桟敷席を抜け、

Dsc_3992

通り庭を進み、さらにまっすぐ続きます。

続きを読む "関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば" »

2017年9月12日 (火)

関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪

Dsc_3880

京都3日目、最終日。

バス一日券を購入し、まずは京都駅へ。ロッカーに大きな荷物を預けて、またバスで移動。

目指したのは 蕎麦屋 にこら。

2003年12月の開店し、今や京都の蕎麦屋の実力店。

初めて伺ったのは6年前、そのセンスと実力に一辺で魅了された。

それ以来、何度か京都旅行で利用させていただいた。

いつ行っても裏切らない、安定感。こういうお店って貴重です。

新しいお店も気になるけど、久しぶりの定点観測にワクワク。

Dsc_3882

続きを読む "関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪" »

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31