keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

うどん

2016年9月10日 (土)

番外編 手打ちうどん こげら(小川) 僻地の吸引力

Dsc00703

7月24日

手打ちうどん こげら

一度伺ってみたかった、僻地(失礼(^^;)のうどん屋さん。

『今日だったら行けるかもしれない!』

渋る子供に付き合ってもらって、日曜の昼に家を出る。

麺、品切れだけは避けたい。

事前に電話で2人分の確認だけして、西武線拝島行に飛び乗った。

小川駅下車、ナビを頼りに、いくつかの学校を通りすぎ、

住宅地を抜ける。

危険な程の猛暑の中、日傘を差し20分近く歩いただろうか?

いきなりのどかな風景が広がった。

広大な敷地の前に続く一本道沿いに、そのお店はあった。

Dsc00673

Dsc00675

14時前、先客は1名のみ。

良かったギリギリ間に合った。

店内はカウンター5席とテーブル4席用2つ。店主お一人で切り盛りされている。

Dsc00679

お品書きは非常にシンプル。

かけ、しょうゆ、ざる、釜玉のみ。

Dsc00683

東大和 ラーメン大冬樹さんの味玉天ぷら(コラボのいきさつ)。

Dsc00684

Dsc00676

プレモル缶  300円

うどんの耳がアテに♪

Dsc00680

店主小笠原さん。

うどんの注文を確認してから、うどんを打ち始める。

続きを読む "番外編 手打ちうどん こげら(小川) 僻地の吸引力" »

2016年8月16日 (火)

番外編 うどん白石(吉祥寺) 半熟味玉天ぶっかけ

Dsc00064

(5月下旬の訪問)

うどん白石。

五日市街道沿いの成蹊大学の斜め前。

赤い暖簾が目印。

Dsc00065

以前から気になっていたうどん屋さん、日曜のお昼に行ってきました。

続きを読む "番外編 うどん白石(吉祥寺) 半熟味玉天ぶっかけ" »

2016年6月12日 (日)

番外編 福助(青梅街道) 住宅街でうどん前と肉汁ざるうどん

第2回関東うどんスタンプラリー がスタートしている。

行きたい蕎麦屋もまだ十分に行ってないのに、

うどんに浮気している場合ではないだろう!なんてお叱りを受けそう(^^;

関東の63店舗を約半年で巡ることも、パーティー出場資格の30店舗でさえ、たどり着けないだろう。

しかしちっちゃな野望がある。

『うどん前が充実したうどん屋さんだけは、巡ってみたい!』

うどん仲間に教えてもらったいくつかのお店だけは制覇してみたい。

今回伺ったのは、

手打ちうどん福助。

(2016年GWの訪問)

Dsc00024

西武多摩湖線青梅街道駅から徒歩10分。

数名の行列に気がつかなければ、看板も暖簾も見えず、

うっかり通りすぎるところだった。

店内は満席。15分は待ったでしょうか。

まず玄関で、靴を脱ぐ。

『お邪魔します』と言いたくなるくらいの、お家感。

Dsc00041

カウンターキッチンを改造して、厨房とカウンター席。

「ここはリビングダイニングね」、という場所にテーブル席3つ。

4人テーブルにご相席させていただき、常連さんのご夫婦と腰をおろす。

後から駆けつけて来たお友達は、常連さんとはお知合い。

Dsc00030

ビール(中瓶)の後は、女将さんにお願いして日本酒をお願いする。

常に数種類の日本酒が取り揃えられており、

何がいただけるかは毎回来てのお楽しみ。。

純米吟醸 白菊 

刈穂 六舟

など、すっきりとした旨口。いいお酒が揃ってます。

初訪問の緊張感もすぐに解けて、お酒ととも会話もはずむ(^^)

続きを読む "番外編 福助(青梅街道) 住宅街でうどん前と肉汁ざるうどん" »

2016年4月30日 (土)

番外編 蔵見学バスツアー 柳澤酒造 結人三昧♪

Dsc09357

3月6日(日)うどん蔵之介主催の蔵見学に参加してきました。

Dsc09363

栃木県の柳澤酒造。明治10年創業。歴史を感じさせますね。

「桂川」と、近頃人気上昇中の「結人」を醸す蔵。

初めて天☆さんで「結人」をいただいた時は衝撃でした。

驚いたのはその独特の甘さ。

くどくなく、体にす~っと浸みこむような上品な甘みと酸。

魅了されました。

Dsc09361

一人参加でしたが、いつもの蕎麦・うどん仲間もいて、心強い。

皆1週間前から、納豆や柑橘類を避け、今日に臨んだ酒好き揃い。

Dsc09366

酒林

続きを読む "番外編 蔵見学バスツアー 柳澤酒造 結人三昧♪" »

2015年11月 3日 (火)

かしわや(柳沢団地) 初訪問 たぬきそばセット

Dsc_2131

10月ある日、車で移動中の蕎麦ランチ。

西東京市柳沢団地前 手打ちそばかしわや

仕事でこのあたりを良く通るようになって、気になっていた蕎麦屋。

Dsc_2133

Dsc_2135

本日のランチと季節の蕎麦。

どれもいただきたいな。

続きを読む "かしわや(柳沢団地) 初訪問 たぬきそばセット" »

番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 肉味噌うどん玉子トッピング

Dsc07107

9月お墓詣りの後、家族と過ごした休日。うどん長谷川にて。

家族連れが多く、久しぶりの行列。でも待った甲斐がありました。

ニュースな美味しいお酒に出会えました♪

この頃は冷たいお酒からでもスタート出来るようになったつれ合いと、2人でシェア。

Dsc07115

神奈川ご出身の大将。ラインナップに神奈川の美味しいお酒が多い。

こちらもその内の一つ。

スペシャルに旨いっす!

こちらのお店が大好きなのは、(お酒とうどん、女将の肴が美味しいのはもちろん!)

どんなに忙しくても元気な挨拶と明るい応対でお客を迎えてくれること。

居心地が本当にいいんです。

Dsc07109

焼豚皿

Dsc07111

自家製マヨネーズのポテトサラダ

Dsc07112

秋鮭の南蛮漬け

Dsc07113

ピクルス

Dsc07116

卵味噌 ちくわ

これ初体験。まろやかな味噌だけで充分アテになります♪

Dsc07118

うれしいもう一品。

今日のうどんは初挑戦。

前回友人がいただいていたのがとても美味しそうだったので、真似してみました(^O^)

Dsc07121

肉味噌うどん 生玉子トッピング

続きを読む "番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 肉味噌うどん玉子トッピング" »

2015年10月13日 (火)

番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 第13回 日本酒会 秋の味覚

Rimg0797_2

9月初めの月曜日。

手打ちうどん長谷川の第13回日本酒の会に初参加させていただきました。

Rimg0798

仕事帰り、あわてて駆けつける。乾杯にぎりぎりセーフ。

テーブルには、ぷりさん夫妻、pinmama姐さんとピンチヒッターの若者とつれ合いと私。

Rimg0799

秋の味覚 酒肴は女将、うどんは大将

Dsc_1932

お酒はまきしま酒店(和光市)のセレクト。

お燗が美味しそうなラインアップ、ずらり♪

続きを読む "番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 第13回 日本酒会 秋の味覚" »

2015年6月14日 (日)

番外編 蔵之介 期間限定 パクチーズトマトつけ麺

5月上旬 (古い内容ですが、あまりに美味しかったので、忘備録として(^^;)


お店のホームページで知った、期間限定のうどん。無くなる前に一度いただきたくって

子供と2人で行ってきました。

Dsc06392_2

土曜日のお昼は満席。10分ぐらい待ったでしょうか。

まずは「そのうどん」のご紹介。

Dsc06409

パクチーズトマトつけ麺 850円

Dsc06411

トマトとチーズが融合したイタリアン風のつけ汁に胡椒がたっぷり。

Dsc06416
艶々のうどんの上にはパクチーがたっぷり。

レモンが添えられて・・

Dsc06413

薬味は パルメザンチーズ・トマト・玉葱。

Dsc06417

想像をはるかに超える美味しさ。

ふわモチっとしたなめらかなコシ。うどんだけでも十分美味しいのに、レモンの酸味、パクチーの峻烈な香り、クセのあるチーズが合わさったトマトソース。

もの凄く合う!パクチー無しにすることも出来るけど、せっかくだからたっぷり乗せてもらってエスニック気分を満喫した方がいいですぞ。

なんて、もう終了してしまったので、

次回いただけるのはいつになることやら・・

今はだそうです。

Dsc06407

肉おろしぶっかけ  900円

 前回いただいたうどん。今回は子供が注文。

ぺろり、完食してました。

ごちそうさまでした。

(興味のある方は「うどん前」編に↓続く↓)

続きを読む "番外編 蔵之介 期間限定 パクチーズトマトつけ麺" »

2014年10月22日 (水)

番外編 蔵之介(高田馬場) るみ子の酒に讃岐天と肉おろしぶっかけ

Dsc04325

番外編が多いですね。今回はうどん。高田馬場 讃岐うどん 蔵之介。

蕎麦が一番好きだけど、うどんもかなり好き。

しかし、うどんの難点はすぐにお腹がいっぱいになってしまうこと。

ただこの頃は、美味しい肴とお酒を揃え、うどんもハーフサイズと、量が調整できたりするするうれしいうどん屋さんもある。

「ここはうどんも美味しくて、呑めるよ~!」

そんな評判を聞いて、平日の昼(例によってぎりぎりsweat01)、ちょっと行ってきました。

Dsc04326

高田馬場駅徒歩6分、飲食店がひしめく通りを抜け、神田川を渡るとマンションが立ち並ぶ中に、白い暖簾と大きな提灯の入口が見えてきます。ピークを過ぎて行列は無し。店内は数組の客。

平日だから仕事中の方が多いかな?

奥に細長い店内は、カウンター席と4つのテーブル席で16席のみ。

カウンターに腰かけ、お品書きを見る。

スタッフさんに「お酒をいただきたいんですけど・・」とお願いすると、

日本酒がずらり並んだお品書きを奥から持ってきてくれた。

旭若松や凱陣など四国のお酒もしっかりある。

Dsc04327

るみ子の酒 純米酒 秋上がり 650円

悩んだらこれがいい。間違いなく美味しい。

Dsc04328

秋のメニューやカレーうどんもあります。

Dsc04330

定番のうどんのお品書き

うどんは、おすすめをスタッフのお兄さんに相談。

Dsc04329

お昼のセットがお得でいいな。

うどん+天ぷら=200円引き

Dsc04331

天ぷら、飯、肴のお品書き

つまみも少しいただきたいから、讃岐天もお願いする。

続きを読む "番外編 蔵之介(高田馬場) るみ子の酒に讃岐天と肉おろしぶっかけ" »

2014年8月16日 (土)

丹三郎(奥多摩) 古民家蕎麦屋を愛する会 レンゲショウマと蕎麦膳

古民家蕎麦屋を愛する会、第五回目は奥多摩の丹三郎。

8月2日(土)曇り空良かったけど、30℃をはるかに超える真夏日。

参加者11名、御嶽駅に集合して、目指したのは御岳山の山頂。

(もちろんケーブルカーでね。)

Dsc02887_3

レンゲショウマまつり

7月下旬から8月中旬が見頃らしい。

Dsc02909

 5万株あるという群生地。

残念ながら今年は少し早かったようです。咲き始めたばかりで、花はまだ僅か。(ピークはお盆のころでしょうか。)

Dsc02919

レンゲショウマ

数じゃありませんね。

その幻想的な愛らしさにすっかり魅せられてしまいました。

Dsc02971

吉野街道沿い、タクシーでたどり着くと、駐車場が満車。

門には予約された方が5~6人が待っています。

Dsc02970

これはかなり待つ覚悟。時間はあるのでまずは散策。

丹三郎屋敷長屋門 (東京都選定歴史的建造物に指定)。

長屋門とは、門の両側に部屋が連なる形式。江戸中期に作られたこの門は、見事な茅葺き屋根と共にどっしり凛とした風格を保っています。

Dsc02974

このあたりは丹三郎という地名がつく。

奥多摩の開発に努めた原島丹三郎氏(1476年)の名前が村の名になっている。

Dsc02976

母屋が現在蕎麦屋になっている。

Dsc02981

Dsc02979

Dsc02985

1時間以上待っただろうか?

迎えてくれたのは、とっておきの空間とおもてなし。

Dsc02986

日本手ぬぐいのおしぼり。

Dsc02987

Dsc02988

我慢した甲斐ありました。

乾杯のビールのひときわ美味いこと♪

冷房は無くても木造家屋から吹き抜ける風が、心地よい。

Dsc02995_2

いつもの蕎麦膳(要予約)

本日いただくコース。

Dsc03000_2

お酒のお品書き

続きを読む "丹三郎(奥多摩) 古民家蕎麦屋を愛する会 レンゲショウマと蕎麦膳" »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30