keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

居酒屋

2018年9月22日 (土)

金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 プロローグ


Dsc_0472

今年の夏は暑かったですね~。蕎麦(酒)活動はしておりましたが、

体力が無くなりました。写真は撮れどもブログの筆が進みません(^^;

久しぶりのアップとなってしまいましたが、

蕎麦(時々かなりうどん)とお酒はインスタにもアップしてます。

こちらの方がタイムリーなので、

宜しかったらフォローしてくださいね。

Dsc_0458

さて、恒例の?夏休みの旅行ですが、

8月中旬、家族で金沢・能登半島に2泊3日で行ってきました。

あいにく台風19号と20号が同時に発生。

太平洋側で猛威を振るっており、旅行もどうなることかと心配でしたが、

ありがたい、金沢能登方面は運よく晴れが続きました。

フェーン現象で、40度近い暑さには参りましたが、

あまり無茶せずに楽しんできましたよ。

Dsc04906

今回の旅は JRレール&レンタカーを利用。

「1日目」 北陸新幹線で金沢へ。(金沢 トラスティ香林坊ホテル泊)

北陸バス1日バス券で金沢市街を一回り。

40度近くの暑さで、金沢城址、兼六園、21世紀美術館、近江市場はバスから眺めただけ(^^;)

Dsc04911_3

唯一歩いたのは、ひがし茶屋街

Dsc04921

昼と夜に 『蕎味 櫂』、 『まいもん寿司本店』と伺い、

あとは涼しいホテルで過ごしました。

「2日目」 レンタカー 金沢から能登半島へ。 (珠洲市 のとじ荘泊)

Dsc05020

千里浜なぎさドライブウェイ

Dsc05027

輪島 ばあちゃんの朝ご飯(ふぐ のどくろの干物)

Dsc05035

白米の千枚田

Dsc05045

奥能登揚げ浜塩田

Dsc05065

宗玄酒造 蔵見学

Dsc05120
見付島 

「3日目」 レンタカー 富山駅返却 北陸新幹線で東京へ

Dsc05166

能登半島、海沿いをひたすら走る。

Dsc05163

深く青く穏やかな海。

あとは稲穂のふくらんできた田と黒い瓦の町並が続きます。

Dsc05183
和倉温泉

有名な温泉旅館加賀屋が目の前、

『蛇の目寿司』で一休みのお昼ご飯。

Dsc05188

旬のおすすめ 能登づくし

富山駅でレンタカーを返し、お土産とます寿司とビールを購入。

Dsc_0540_2

新幹線でお疲れ様の乾杯。

東京に着いたら、最後に雨のお出迎え。

1535065083162_2

金沢・奥能登旅。

家族の思い出としても

忘れられない良い旅となりました。

『蕎麦屋』、『宗玄酒造蔵見学』、『のとじ荘』編、

3回に分けて思い出しながらアップしていきますね。

↓とりあえず 『まいもん寿司本店』編!

続きを読む "金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 プロローグ" »

2018年4月27日 (金)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 エピローグ 道後温泉の夜

Dsc04020

3泊4日四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅。

最終目的地松山経由で道後温泉へ。

しかしずっと雨。

自称晴れ女はどこへ(^^;

Dsc04029

道後温泉はなんと素敵なライトアップ。

道後オンセナート2018の真最中。蜷川実花さんの作品が障子やガラスに設置され

幻想的な雰囲気。

Dsc04033

泉質も雰囲気も素晴らしい。

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 エピローグ 道後温泉の夜" »

2018年3月24日 (土)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 居酒屋 酒甫手 さかぼて(高松市瓦町)

Dsc_0338

うどん、蕎麦を3食した上に、

ホテルのラウンジのカクテルタイム(宿泊者無料)に負けて

ビールもしっかり飲んでしまった。

しかし初めての高松の夜。

四国の地酒と瀬戸内の魚は味わいたい。

予約して伺ったのは

居酒屋 酒甫手(さかぼて)。

Dsc_0340

お通しは小松菜の煮浸しとしらす。

左は蛸のやわらか煮。

日本酒は九州から東北まで好きな銘柄が揃っている。

せっかくだから四国のお酒。

凱陣もあったけど、これは東京でいただくことにして、

あまりいただいた事が無い銘柄を中心に・・(^^;

これが楽しかった♪

続きを読む "四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 居酒屋 酒甫手 さかぼて(高松市瓦町)" »

2016年11月12日 (土)

番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜

山形の食材を使った酒肴とお燗酒が美味しいと

評判のお店 旬菜料理 山灯 やまびこ。

以前から気になっていたのですが、

3月のジビエ燗のイベント

店主渡邊さんがセレクトされたお燗酒の世界にすっかり魅了。

その時意気投合したメンバーと、9月に伺ってきました。

Dsc01571

四谷三丁目の大通りから、一本中に入ると、

昔懐かしい雰囲気のする飲食店街が続く。

新宿舟町 杉大門通り。

Dsc01570_3

提灯が吊るされ、出店が並び、賑やか。

これから盆踊りが始まるんですね。

「生ビールいかがですか?」の声につい引き込まれそうになりながら、

いかんいかん、その通りの手前に引き返す。

Dsc_0095

ちょうど灯りがともされたばかり。開店時間です。

Dsc01595

店内はゆったりしたカウンター席とテーブル席、接待でも使えそうな半個室席もある。

穏やかな照明、落ち着いた雰囲気。

店主渡邊さん、お燗番の明日香さんがにこやかに迎えてくれる。

続きを読む "番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜" »

2016年9月25日 (日)

番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介

Dsc01599

酒坊主

先日の貸切の会でいただいたお料理がとっても美味しかったので、

料理のみですが、ご紹介。

合わせたお酒は‥・ご想像にお任せします(^.^)

Dsc01600

浸し豆

地味だけど、妙にいい。

これさえあれば、えんえんと酒が呑める奥深さ。

(あまりに好評でお代りお願いしちゃいました(^^;)

Dsc01601

プラムと帆立のマリネ

自然な酸味と甘みがやさしい。秀逸なマリネ。

続きを読む "番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介" »

2016年9月19日 (月)

番外編 粋酔(石神井公園) 恐るべき日本酒のラインナップ!旬なものから変態まで

半端じゃない日本酒のラインナップ。

「行ったら絶対はまりそう!」

そんな危険な匂い?を感じて、あえて先延ばしにしていたのかも。

石神井公園に3年前に開店された

「純米酒とワインと季節料理 粋酔suisui」

7月終わりの仕事帰りに、やっと伺ってきました。

 

Dsc00705_2

酒林のある入口の階段を登り、扉を開けると、

ずらりと並んだ日本酒の冷蔵ケースがお出迎え。

小上がりのテーブル席と半円のカウンター席。落ち着いた雰囲気の店内。

先客2名。そしてダンディ-な店主。ちょっとドキドキ。

 

案内されたカウンター席に腰を下ろし、つれ合いが来るまで、まずはビール。

白穂香がウレシイ♪

Dsc00707

お通し 冬瓜の肉味噌掛け 青菜のお浸し

野菜中心なのがうれしいですね♪やさしい味わい。

続きを読む "番外編 粋酔(石神井公園) 恐るべき日本酒のラインナップ!旬なものから変態まで" »

2016年7月17日 (日)

番外編 酒坊主(代々木八幡) 日本酒とクラフトビールの隠れ家潜入~♪ひと時の口福。

Dsc00119

路庵さんの帰り道、もう一軒立ち寄ったのは

日本酒とクラフトビールの居酒屋 Sakeria 酒坊主。 

吉祥寺の日本酒やさんで料理を担当されていた前田さんのお店。日本酒の品揃えも評判で、一度は伺ってみたかった。

看板が無く、やっと見つけたビルの2階。

なんと本日の開店は遅い。

つれ合いは待ちきれずに帰ってしまった。

Dsc00121

小一時間ほど待って、勇気を出して潜入。

Dsc00124

店主の前田さんと女性のスタッフさん、そして先客が一名。

入るなり、「今日は予約で満席」と知らされる。

がっかりしていると、「あまりないけど、予約の時間までは大丈夫ですよ・・」。

良かった~。

もともと一時間ぐらいで切り上げようと考えていた。

(しかし平日でも、電話で確認して来た方が良さそうです。)

続きを読む "番外編 酒坊主(代々木八幡) 日本酒とクラフトビールの隠れ家潜入~♪ひと時の口福。" »

2016年3月13日 (日)

番外編 九州蕎麦と酒の旅② 酒一番~博多一双 博多の夜は更けてゆく

Dsc08627_4

宿泊は中洲のど真ん中。雪もちらつく寒さの中、

そんな遠くは行きたくないと、

今回は宿泊先近くの大衆酒場を選んでみました。

 

Dsc08622

暖簾をくぐるとまだ宵の口なのに、ほぼ満席。

入口付近のテーブル席がかろうじて空いていて、セーフ。

サラリーマン中心にほぼ男性。

Dsc08614

カウンターの冷ケースには

砂ずり・鳥身・きも・皮など鮮度良さそうな串が並んでいる。

焼き鳥とカレー鍋が良く出ている。

Dsc08615_2

安くて魅力的なお品書き以外にも、

カウンター奥、ホワイトボードにも本日のおすすめが小さく書かれている。
ご主人らしき方以外は、女性のスタッフさんばかり。

若女将らしき方が小上がりやフロアを忙しく行き来。

とても繁盛していて、追加の注文が難しい。

ちょうど横を通る時や、他の方が何か頼まれた時、すかさず注文する(^^;

Dsc08621

清酒は白鹿と、お燗が芙蓉。

他に福岡の地酒が3種類。

 

Dsc08608_3

山の壽 純米吟醸

駿 純米酒

美田 山廃純米大辛口

寒いけど、冷酒で全部いただいちゃいました。

毎回こぼさず並々がウレシイ♪

芙蓉のお燗も美味しかった。

いただいた肴・・

続きを読む "番外編 九州蕎麦と酒の旅② 酒一番~博多一双 博多の夜は更けてゆく" »

2015年11月15日 (日)

番外編 天☆ てんせい(東高円寺) 19種類の地酒ときのこづくしの夜

Dsc_2152_3

東高円寺 天☆ てんせい

10月終わりの金曜日。常連のお友達に企画していただいて、蕎麦、うどんつながりの

楽しいお友達が6名勢ぞろい。あこがれの天☆呑みが実現しました。

当日は仕事は早めに終わったのに、道を迷って遅刻。

Dsc07437

カウンター席の隣りに部屋があり、靴を脱いで入ると

広いテーブル席でもう宴が始まっています。

今回は写真があまりなく、つれ合いのメモをもとに

いただいたお酒を振り返ってみますと・・・

①結人 純吟あらばしり 無濾過にごり

②豊香 純米生 

③一歩己 純米

④賀儀屋 純米生原

⑤結人 舞風 純吟 直汲生

⑥金婚 純吟 無濾過 中取り

⑦磐城壽 純米生

⑧日高見 本醸造

⑨奈良萬 純米

⑩夢心 本醸造

⑪咲耶美 純吟 直汲み あらばしり

⑫鳳凰美田 純吟 無濾過生

⑬〆張鶴 本醸造

⑭千代の光 本醸造

⑮玉川 山廃無濾過生

⑯川鶴 特別純米

⑰而今

⑱相模灘 無濾過生

⑲青煌 ひやおろし 

⑳ ①に戻って〆

料理に合わせて、タイミングを見ながら女将さんが次から次へと片口に。

冷酒から始まって、途中お燗に切替え、また冷酒に戻って・・

いやぁ、呑みました~。楽しみました。

料理は天然きのこを中心に秋の味覚が次々と♪あとお魚がとても新鮮。刺し盛りも良かった。

写真でその一部ご紹介しますね。

続きを読む "番外編 天☆ てんせい(東高円寺) 19種類の地酒ときのこづくしの夜" »

2015年10月18日 (日)

番外編 坐唯杏(池袋) 天然鮎を食べ比べる会

夏の美味しい思い出(^^;

Rimg0730_6

川が違えば鮎の味・香りは異なります。その違いと、純米無濾過生原酒との相性を愉しみます。』

天然鮎を食べ比べる会

8月22日(土) 池袋の坐唯杏で、とっても贅沢なイベントが開かれました。

「世界一旨い日本酒」の著者でもある古川修先生による企画で、約35名の参加者が集まりました。

Rimg0733

本日の日本酒

素晴らしいラインナップ♪冷やでも燗でもOKで、なんと呑み放題!

Rimg0745

全国4カ所の鮎は、産地をブラインドにして一人一匹ずつ供されます。

天然鮎はほとんどいただいたことがなかったので、

産地別と言っても全くわからないんです(^^;

もう回答をのせちゃいましょう。

Rimg0746

四万十川(高知)

Rimg0749

川辺川(熊本)

Rimg0755

間瀬川(岐阜)

Rimg0758

那珂川(栃木県)

いやはや、どれもそれぞれ美味しかった。

いただいたのは8月下旬の時期。一斉にいただくとなると、九州は育ち過ぎて少し分が悪かったようです。

北に近い方が、サイズ的にもちょうど良く、脂の乗り、繊細な身の味わいが楽しめたようです。

今回の一番人気は那珂川の鮎でした。

さて、あとはいただいたお酒と素敵な肴のご紹介。

続きを読む "番外編 坐唯杏(池袋) 天然鮎を食べ比べる会" »

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30