keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« いまふく(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 | トップページ | 2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅「酒蔵編」 酒蔵barえん(藤岡酒造)蒼空のみ比べ »

2019年3月26日 (火)

ろうじな(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅

Dsc06278 
 
京都で出会った蕎麦 
冬限定 冬のはりそば(あたたかいすだちそば)1100円

 


Dsc06290
京都の旅そば 最終日のお昼はこちらへ
蕎麦 ろうじな
店名はロシア語の「故郷」
Dsc06288
落ち着いた雰囲気の店内。平日の昼でもカウンターは満席だったが、
厨房横にある、奥のテーブル席が空いていて、待たずに腰を下ろす。
お昼のおきまり(1300円)もいただきたかったが、
せっかくなのでアラカルトを2人でいくつかお願いする。
Dsc06250
2月後半、まだ肌寒い季節ではあるが、まずはビール。
ハートランドに浸し豆のアテがうれしい。

Dsc06262
花わさびの醤油漬け
黒板のメニューに見つけて、迷わず注文。
一足早い春の訪れを、ピリリと味わう。


Dsc06268
日本酒のラインナップ (今月の酒 2月は静岡の正雪)
お酒は好みが揃ってます。

Dsc06271
日置桜(鳥取)
熱燗がぐっときます。

Dsc06256
穴子のにこごり
一本分の穴子がうれしい。添えられた山葵は峻烈でいいアクセント。

Dsc06255
生湯葉と青菜のおひたし

Dsc06260
鴨のロースト

Dsc06275
もりそば 880円
石臼挽き自家製粉 福井県大野産十割

Dsc06276
微粉の細打ち
箸で手繰るとふわっともち上がり、豊かな蕎麦の風味もしっかり。

Dsc06280
汁はすっきりした鰹出汁感じるやさしい甘さ
(他に関東風の濃いめも選べます。)
軽やかなで洗練されたのど越しが楽しく、あっという間に完食。
Dsc06278
最初にご紹介したそば 冬限定のはりそば 温かいすだちそば
つれあいから一口いただきましたが、関西らしい、薄口のやさしいお出汁にうっとり。

Dsc06282
静かで美味しいとてもいい時間でした。
ごちそうさまでした。
あとは夜の新幹線まで、のんびり京都の散策とお買い物をして帰ります(^^)
石臼挽き十割蕎麦 ろうじな

 

 

 

Dsc06293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc06291

« いまふく(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 | トップページ | 2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅「酒蔵編」 酒蔵barえん(藤岡酒造)蒼空のみ比べ »

コメント

  お久し振りです。「ろうじな」さんに行かれたんですね。予約なしで、即入れたんですか! 運がいいですね。こちら結構人気店になっていて、昼などは行列ができています。一度、入れなかったことがありました。
 さて、ここから徒歩3分ほどの御所の向かい道路沿いに「花もも」さんがあり、こちらもお勧めの店ですよ~

まあやん様

そうなんですね。すぐ座れて運が良かったです!
次回は花ももさんも伺ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いまふく(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 | トップページ | 2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅「酒蔵編」 酒蔵barえん(藤岡酒造)蒼空のみ比べ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30