keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧 | トップページ | にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅  »

2019年3月23日 (土)

浜町かねこ(水天宮) 初訪問 ぶらり江戸さんぽ 天ぷら、せいろにカレーそば

(しばらくお休みしていました。忘備録がわり、昨年の記録から少しずつアップしていきます。よろしかったら…)

11月の終わり、つれ合いに合わせて平日にお休みを取る。

都内の紅葉を楽しむにはいい季節。

清澄庭園を中心に隅田川~深川界隈をぶらぶらして

新しいお蕎麦屋さんも行ってしまおう!

本来、ぶらぶらした後に蕎麦屋に入るのが理想。しかし遅いスタートの我々。

行きたい蕎麦屋は中休みがあるので、散歩の最初に駆け込まねばならない。

Dsc05612

メトロ茅場町駅から、証券会館や証券取引所のビル群を

通り抜け、日本橋蛎殻町、水天宮と歩いて行く。

そびえるタワーマーンションを背に、路地に入ると

ぽつりぽつりと風情のあるお店が見えてくる。

Dsc05666

 

浜町 かねこ

前日にミシェランビフグルマンの発表(おめでとうございます)があったためか、

平日にもかかわらず2階も含めて満席。

Dsc05627

 

15分ぐらい待って、1階カウンター席に腰を下ろす。

店内は明るい白木でまとめられており、

店主かねこさんが天ぷら、もう一人の男性の方が蕎麦を中心に、

目の前で次々と仕上げていく。

フロアは花番さんが対応。

まずは生ビール。

Dsc05629

 

先付三種盛合せ   880円

卵黄の味噌漬 椎茸の含め煮 山葵茎醤油漬

これはうれしい三品。

 

Dsc05623

日本酒は福島をメインに東北のお酒が中心。

(他にお燗向きとして、白鷹、雁木)

店主の修業先でもある蕎楽亭(神楽坂)とラインナップが近い。

飛露喜、開運などいただきましたが、

散歩もあるので控え目に(^^;

Dsc05617

冷麦と蕎麦の2種盛り、「むぎめおと」があるのもうれしい。

Dsc05664

 

カウンターの前には江戸前の魚。

 

Dsc05619

天ぷらのネタが充実してますね。

天ぷら盛合せ(大)を注文。

2人でいただくことにする。

Dsc05634

才巻き海老

Dsc05635

蓮根 椎茸

Dsc05637

わかさぎ

 

Dsc05641

舞茸

Dsc05643

牡蠣

Dsc05642

獅子唐

Dsc05644

穴子

 

お酒も天ぷらもしっかり楽しんで、そろそろお蕎麦をいただきましょう。

Dsc05636

むぎめおともいただきたかったけど、

ざるそば、そしてどうしても気になるカレーそばをお願いする。

Dsc05649

ざるそば   900円

Dsc05645

十割 細打ち

茹でしっかり、程よい食感にやさしいのど越し。

Dsc05652

まろやかな汁とともにするするあっという間にいただいてしまう。

Dsc05647

カレーそば    1100円

食をそそるスパイシーな香り。

一口いただくと

牛筋肉のコク、溶けこんだ野菜の旨味、奥深~い味わい。

Dsc05648

蕎麦にしっかり絡み、これは箸が止まらない。

Dsc05653

とろとろの牛すじと葱、そして汁。しっかり辛いのですが、

ヒリヒリしながらも、くせになる。 完食。

Dsc05656

蕎麦湯はとろ~り 別誂え。

蕎麦湯にはいろいろありますが、これは蕎麦の味わいを最後までしっかり楽しめます。

Dsc05660

満席だったカウンターや2階もピークを過ぎ、

店内は落ち着いた雰囲気に。

ごちそうさまでした。

手打ち蕎麦 浜町かねこ

お店のHP:https://www.hamachokaneko.com/

 

 

さてこれで終わりではありません。スタートです(^^;

お店を出て西に進むと程なく隅田川に。

Dsc05668

 

 

Dsc05669

清州橋。

(残念ながらこの時は工事中で外観は見えず)

Dsc05671

清澄庭園

Dsc05693

外国人観光客が多いですが、平日なのでゆったりと紅葉が楽しめました。

Dsc05698

さらにぶらりと向かったのは、

Dsc05699

深川江戸資料館。

Dsc05701

大好きな杉浦日向子さんの特別展(終了)と企画展(2019年11月10日まで)両方楽しめました。

Dsc05702

常設展示もおすすめ。江戸の町、生活が再現されていて、とても面白かった。

一回りすると、本当に江戸の町にタイムスリップしたような気分になります。

 

Dsc05703

蕎麦屋の屋台

 

一日歩くのにはとてもいい散歩コースでしたよ。

桜の頃、新緑の頃、蕎麦と合わせてまた行きたい💕

 

清澄庭園:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

深川江戸資料館:https://www.kcf.or.jp/fukagawa/

 

 

 

« 仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧 | トップページ | にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅  »

コメント

ご無沙汰しています。

良い感じのお店ですね。
ハゼや卵黄のみそ漬けは大好物なので、惹かれます。
でも、よく見ると、品書きにハゼの記載がないですね。
11月はハゼの盛期なのに何故でしょう?
もっぱら鑑賞用なんですかね。
自分が行ったら、そういう突っ込みをしてしまいそうです。w

りう様
きゃ〜!りう様スルドイ^^;
お品書は店頭のスタンドに置かれていたものなので、店内のものと
更新がずれている可能性ありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 仁の会with HAY ほそ川(神楽坂)にて 水腰そばとそば三昧 | トップページ | にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅  »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30