keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅  | トップページ | ろうじな(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 »

2019年3月25日 (月)

いまふく(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅

Dsc06134
京都で出会った蕎麦
 広島 神石高原天空そば 黒粗 手挽き 熟成5日目
Dsc06046
平等院 鳳凰堂
京都2日目は早朝にホテルを出発して、宇治方面へ。 
平等院は鳳凰堂の拝観と鳳翔館もじっくり観賞。
52躯の雲中供養菩薩像に圧倒される。
お抹茶と団子を味わい、宇治から京阪で伏見へ。向かったのは‥‥。
Dsc06058-2
手打ちそば いまふく (伏見区深草)
Dsc06062-1
今日のお蕎麦
細挽き
黒粗
粗びき
蕎麦の挽き方を4種類に分けてます。
年度もさまざま、手挽きもあるのはうれしい。
店主とは栃木那須烏山の蕎麦栽培(八溝在来)で昨年初めてお会いして、
お店に伺える日を楽しみにしていた。
Dsc06072
(手前)ハートランド(中瓶)
(奥)ガージュリー・エステラ 樽生グラス
      醸造所直送、無濾過低温貯蔵のエールビール
Dsc06071
この生ビール、すんごい美味い!
不安定なグラスで提供されますが(笑)ぜひご賞味あれ。

今回お願いしたのは、唎き蕎麦コース(要予約5日前)3500円
ミニ酒肴盛合せ
おまかせお蕎麦4種類
デザート
Dsc06075
ミニ酒肴盛合せ
って、ぜんぜんミニじゃな~い!!
Dsc06076
(左上から時計回り)穴子煮こごり・まぐろのほほ肉・金目の西京漬・鮟肝・蕎麦寿司・海老パン
蕎麦寿司・鹿すね肉と蕎麦の実のパテとフグの白子ソース・鴨舌トマト煮・平目昆布〆・蕎麦掻とナマコのばちこ・蕎麦みそ
他に一品料理お願いしようかと思ったけど、昼の蕎麦前。
十分過ぎますね(^^;
Dsc06078_1
蕎麦寿司
もともとお寿司屋さんだったいまふくさん、酢加減が絶妙。
Dsc06082_2
平目の昆布〆
しっとり程よい熟成感。
Dsc06085
蕎麦寿司
リクエストしておいて良かった。これはいっぱいいただきたい。
Dsc06084
海老パン
揚げたてでカリッ、芳ばしい。
Dsc06079_1
穴子の煮こごり
Dsc06080
鹿すね肉と蕎麦の実のパテ ふぐの白子ソース
Dsc06081
鴨舌のトマト煮
Dsc06083
粗びき蕎麦がき ナマコのばちこのせ
Dsc06087
もちろんお酒いただいちゃいますよ~。
Dsc06098
日本酒ラインナップ(ぶれてます)
Dsc06109
京都伏見の酒を中心に西のお酒が揃ってますね。
いただいたお酒(写真のみ)。
Dsc06088


Dsc06093

Dsc06094-1
Dsc06111-1
蕎麦前をしっかり楽しみました。
メインの4種類のお蕎麦をいただきましょう。
Dsc06114
汁 薬味(葱・山葵・塩)
汁は塩味が効いてすっきりまろやか。昆布・鰹の出汁の深い味わいもじわり。
Dsc06115
一枚目 鳥取 伯耆大山 三度在来 細挽き
鳥取の在来種で三度そば(1年で3度収穫できる)ってあるらしい。

Dsc06117_1

香りと甘みがしっかり。

Dsc06122
二枚目 千葉成田 千葉在来 細挽き
Dsc06123
こちらも蕎麦の風味がしっかりありますね。
じわ~っと甘みも感じる、いい蕎麦です。
Dsc06127
三枚目 福井 大野在来 粗挽き 手挽き
もう見るからにワクワクしますね。
Dsc06128
みっちりと蕎麦の粒子が集まって、美味いに決まってるじゃありませんか。
ツボをしっかり突いてきます。
しかもこのつながりの良さ!
Dsc06130
四枚目①「打ちたて」 広島神石 天空そば 黒粗 手挽き
Dsc06132
芳ばしい~。ムワッと蕎麦の穀物感と風味が口と鼻腔に広がる。
汁はいらないですね。塩で味わう強い蕎麦です。
Dsc06133
四枚目②「熟成」広島神石 天空そば 黒粗 手挽き
打ってから5日目とのこと。
東京で知っている「熟成蕎麦」と言えば、中清さんか野あえさん。
熟成は傷んでしまう事も多く、可能性は秘めているけど難しいんですよね。
Dsc06134
この熟成は完璧‥。
風味は打ちたてにはかないませんが、
しっとりと穀物の深~い味わいが、とても魅力的な蕎麦でした。
Dsc06139
蕎麦湯は別誂え、とろり濃厚。
蕎麦ではあまり使わなかったけど、
汁の美味しさを再確認。
Dsc06142
デザート はちみつのプリン 干柿と小豆の寒天寄せ
揚げ蕎麦が添えられ、文句なしの蕎麦屋のデザート。
はちみつに、「蕎麦はちみつ」を使用されている徹底さ。
すごすぎる!
これは本当にヤバい蕎麦屋です(褒め言葉)
どんだけ熱心に勉強、研究しているんだろう。
何より素晴らしいのは夫婦お二人のお客様に対する姿勢。物腰の低い丁寧な応対。
しびれました。
そしてごちそうさまでした。
まだ明るいので、伏見の酒蔵めぐり(酒蔵編)でも行きましょか。
手打ちそば いまふく


« にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅  | トップページ | ろうじな(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 »

コメント

良いところ満載ですね。
「これは、いけない」蕎麦屋です。(誉め言葉)

karajiru様

おかげ様でやっと伺うことができました。
褒めてばかりですね。
しいて言えば、「営業時間が少ない」のが、唯一の不満かもしれませんね(^^;

 こちらも超人気店となり、予約なしではなかなか入れない店になりました。
京都への出張の折には何度か寄らせていただいています。いやあ、いい時間を過ごされましたね~♪

まあやん様

蕎麦、酒、肴。どれも美味しくって幸せな時間でした(^^)
次回も予約は必須ですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にこら(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅  | トップページ | ろうじな(京都)2019年冬の京都 蕎麦と酒の旅 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30