keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 (酒蔵編)宗玄酒造 | トップページ | 番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 第7回大矢さんを囲む会  »

2018年10月 8日 (月)

金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 (宿編)のとじ荘 青い海と朝陽の見える温泉宿

Dsc05160

2泊3日金沢・奥能登の旅でずっと眺めつづけた日本海。

その海を存分楽しめる宿が2日目に泊まった国民宿舎 のとじ荘。

入口のドアが開くと、息をのむ。真っ青な海が広がるロビー。

なんという素敵なお出迎えでしょう。

Dsc05156

右斜めには見えるのは見付島(軍艦島)。

一日ずっと座って過ごしていたい…。

Dsc05054

バーカウンター。

Dsc05057

奥能登のお酒も並んでますね。

部屋は2階。

希望していた和洋室の温泉風呂付の部屋が最後の1部屋だけ残っていて、

ラッキーなことに予約できた。

海が見える温泉風呂付の特等席。

Dsc05112

部屋の窓から写した、日の出。

Dsc05120

早朝、海岸沿いを散歩。

見付島がこんなに近いなんて・・。

Dsc05123

島までは歩いて行けるのですが、

波がかなり跳ねて滑るので、途中であきらめました。

あと(写せませんでしたが、)この宿の温泉がとても気持ち良かった。泉質もいい。

海を眺められる内風呂だけでも大満足ですが、

露天風呂も男女日替りで楽しめます。

Dsc05109

1階 食事処。

地元のお酒をしっかりおいてますね。

Dsc05085

能登牛まで付いて、国民宿舎とは思えない充実した夕食。

Dsc05098

岩牡蠣は別注文。

時期はギリギリでしたがどうにか間に合いました。

Dsc05082

お酒も生ビールから、地元のお酒。

しっかりしたラインナップで楽しめます。

Dsc05097

蔵では飲めなかったので、いろいろいただいちゃいました。

魚介類にも、肉にもよく合いますね。

Dsc05145

朝食も美味しくてご飯お代りしちゃいました。

忘れられない、お気に入りの宿になりました。

金沢・奥能登の旅、この宿編にて終了します(^.^)

« 金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 (酒蔵編)宗玄酒造 | トップページ | 番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 第7回大矢さんを囲む会  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/67123947

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 (宿編)のとじ荘 青い海と朝陽の見える温泉宿:

« 金沢・奥能登 蕎麦と酒そして青い海を巡る旅 (酒蔵編)宗玄酒造 | トップページ | 番外編 手打ちうどん長谷川(大泉学園) 第7回大矢さんを囲む会  »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31