keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 香川観光 食べたら登る、こんぴらさんと丸亀城  | トップページ | 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 高知巡り 桂浜から四万十川まで »

2018年3月31日 (土)

四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 道の駅で祖谷そば(徳島県大歩危)

朝うどんを楽しんで、香川を後にする。

これから徳島経由で、本日の宿である高知を目指す。

当初立ち寄る予定だった祖谷のかずら橋(3年に一度の架け換え中)は、前日の大雪と路面の凍結で断念。

せめて祖谷そばだけでもいただきたいと、吉野川沿いの32号線経由に切替える。

「今小町」の酒蔵 中和商店は、その行く途中の三好市池田町サラダにあった。

徳島の地酒といったら旭若松が自分の中では代表的な銘柄。

しかしまだ知らない面白いお酒がありそうです。

Dsc03893

豊かな吉野川の中流に位置する静かな町。

のれんは出てるが、中に入ると誰もいない。

お酒も並んでいない。

Dsc03895

あきらめて大通りに戻ると、別の醸造所を発見!

三芳菊酒造ってここにあったのか。

このあたりは米も水もいいし、酒造りにも適しているのね。

お店に入ってみると、残念、こちらも、猫しかいない(^^;

ついにお土産、手に入れられず。

Dsc03900

雪が残る吉野川。

小歩危(こぼけ)から大歩危(おおぼけ)へと、

上流にすすむにしたがって、断崖絶壁の景観。

夏は遊覧船や、ラフティングも楽しめるスポットだが

真冬の平日は客もほとんどいない。お目当ての蕎麦屋も、レストランもお休みだった。

Dsc03909

やっと見つけた道の駅大歩危で休憩。

妖怪屋敷と石の博物館があるらしい。

Dsc03907

テラスからは渓谷が見下ろせる。

足のすくむような絶景。

Dsc03897

Dsc03908

道の駅お土産コーナーの横にはお食事処。

Dsc03906

ラッキー。

やっと祖谷そばに会えた~!?

Dsc03905

まったくお腹も空いてないので、2人で1杯。

Dsc03902

祖谷そば 500円

太目の手打ち。

ほのかにホシが散らばってはいますが、どちらかというと長く白い。

つなぎもしっかり入っているような・・・。

もともとの祖谷そばは、つなぎ無しで、麺はぼそぼそに切れて短かいのが特徴。

温かいかけ汁とともにかっこんでいただく郷土蕎麦。

ただ、近頃は蕎麦打ちの技術が向上して、つながりの良い、ざるやぶっかけスタイルのをいただけるところも多くなっているようです。

Dsc03904

 汁はいりこのやさしい味わい。

香川の綾川でいただいた蕎麦の食感、味わいに似ている(^^;

ごちそうさまでした。

さて、国道沿いを走り、かなり時間がかかってしまった。

早く高速道路に乗らないと、高知までたどり着けない!

道の駅 大歩危

HP:http://wx07.wadax.ne.jp/~yamashiro-info-jp/cp-bin/wordpress/

« 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 香川観光 食べたら登る、こんぴらさんと丸亀城  | トップページ | 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 高知巡り 桂浜から四万十川まで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/66550145

この記事へのトラックバック一覧です: 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 道の駅で祖谷そば(徳島県大歩危):

« 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 香川観光 食べたら登る、こんぴらさんと丸亀城  | トップページ | 四国横断 酒とうどんと蕎麦の旅 高知巡り 桂浜から四万十川まで »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31