keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪ | トップページ | 手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間 »

2017年9月13日 (水)

関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば

Dsc_3979

にこらでお昼を楽しんだあと、先に帰るメンバーを見送り、

関西ツアーも大詰め。

残った最終メンバーは4名。

お腹はまったく空いてないのだけど、

早めの夕飯を兼ねて、最後の蕎麦屋へ。

京都市役所からほど近い、麩屋町通沿いにある

晦庵河道屋(みそかあん かわみちや)。

蕎麦屋目的で京都は何度か訪れているけど、

こちらのお店は今回初めて知ったんですね。

(今回の旅の内容、詳しくはブログ こなもんや三度笠で紹介されてます。

もう数か月も前に(^^;)

Dsc_3981

江戸時代から続く、生そばの老舗。

Dsc_3988

今回はいただきませんでしたが、

芳香炉という14代が考案した鍋も有名。

間口は狭いけど、京都の建物はとても風情がありますね。

Dsc_3991

玄関を進むと、一階の桟敷席を抜け、

Dsc_3992

通り庭を進み、さらにまっすぐ続きます。

Dsc_3993_2

通されたのは奥の突き当たりのお部屋。

隠れ家のようでドキドキ。

素敵なお庭が見渡せます。

Dsc_3998

とりあえず熱燗で一献。

白鶴(だったかな?)。

甘く、やさしいお酒でした。

Dsc_4001

しんじょ

にしん

鳥山椒焼

さしみ湯葉

老舗蕎麦屋の定番を一品ずつしみじみと・・・

〆には今月(6月)から始まったという茶そばで

みぞれそばをお願いする。

Dsc_4009

みぞれそば(茶そば)1300円

鳥山椒とみぞれがのった、ぶっかけそば。

山椒の香りがアクセント。

旅の終わりに、ゆったり、そしてまったりと、

まだまだ知らない京都の世界を味わったような、気がします。

ごちそうさまでした。

Dsc_3983_2

梅雨入り前だけど、空は間もなく夏!

お店のHP: http://www.kawamichiya.co.jp/misokaan/

(N峰さんの生粉打ちそば)

Dsc_3854

最終日、早朝。

見事な手捌きで、打ち上げられた十割そば。

Dsc_3858

今回の蕎麦粉。

Dsc_3862

まさに打ちたて、茹でたて!

そして本格的な出汁の汁。

お、お、美味しいじゃないの!(皆おどろきの声)

Dsc_3868

お蕎麦屋さん巡りもとても良かったけど、灯台下暗し(^^;

もしかしたら、美味しい蕎麦は、自分の「そば」に眠っているのかもしれませんね・・・。

おしまい。

« 関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪ | トップページ | 手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/65684217

この記事へのトラックバック一覧です: 関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば:

« 関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪ | トップページ | 手打ち蕎麦すず季(初石) 蕎麦三昧で至福の時間 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30