keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 関西そばツアー⑧ じん六 鯖寿司とそばがきと蕎麦三昧 | トップページ | 関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば »

2017年9月12日 (火)

関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪

Dsc_3880

京都3日目、最終日。

バス一日券を購入し、まずは京都駅へ。ロッカーに大きな荷物を預けて、またバスで移動。

目指したのは 蕎麦屋 にこら。

2003年12月の開店し、今や京都の蕎麦屋の実力店。

初めて伺ったのは6年前、そのセンスと実力に一辺で魅了された。

それ以来、何度か京都旅行で利用させていただいた。

いつ行っても裏切らない、安定感。こういうお店って貴重です。

新しいお店も気になるけど、久しぶりの定点観測にワクワク。

Dsc_3882

Dsc_3883_2

梅雨前の晴れた京都は初夏のような日差し。

エビスの生が沁みわたりますね。

Dsc_3886

(6種類の料理盛合せ) 

京鴨ロース煮

明石蛸カルパッチョ 山椒ジェノベーゼソース

具だくさん卯の花

ポテトサラダ(しらす、うすいえんどう、サワークリーム)

よこわの軽い燻製 レモンビネガーソース

京赤地鶏 蒸し鶏のパルメザンチーズ和え

こ、これにはワインでいいかも。

思うことは全員一致(^^;

Dsc_3904

ソムリエの資格も取られたという店主のおすすめ。

シャトーメルシャン 2015 甲州 グリ・ド・グリ。

いや~合う。

旅の最終日、途中で先に帰るメンバーと最後の宴。

話もお酒も進みます。

Dsc_3908

そば味噌 

この味噌が味わい深い。そば麹味噌を使っている。

Dsc_3915

自家製わさび漬けのクリームチーズ和え

Dsc_3918

小鮎山椒煮

蕎麦屋に良くある品を、この店ならではのセンスで攻めてきますね。

Dsc_3906

※水無月の酒肴です。

Dsc_3919

やっぱり日本酒も・・

錫の酒器。

Dsc_3925

漆の酒器。

いただいたのは長珍(愛知)、明尽(滋賀)

そばは5人分。せいろ2枚に季節のそば3種類。

Dsc_3929

Dsc_3930

ざるそば

粗びきの十割は常陸秋そば。

香り、風味、喉ごし。細く、長く、うっとりするような端正な面持ち。

冷たく締めすぎないのがいいですね。そばの味がしっかりわかる。

Dsc_3935

フルーツトマトそば

トマトの酸味と甘み!絶妙に汁と合う。

そばの締め具合もちょうど良い。

Dsc_3939

冷やし甘きつねそば

梅みりんのジュレと甘酢茗荷が添えられて・・・

美しいサプライズ。これも酸味と甘みで攻めますね。

Dsc_3942

自家製カラスミと温泉たまごの冷かけそば

これも攻めますね。

お酒とともにいただきたくなる、ご馳走そば。

Dsc_3944

ごちそさまでした。

蕎麦屋 にこら

お店のHP:http://www.sobaya-nicolas.com/index.html

« 関西そばツアー⑧ じん六 鯖寿司とそばがきと蕎麦三昧 | トップページ | 関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/65684207

この記事へのトラックバック一覧です: 関西そばツアー⑨ にこら 抜群の安定感。季節のそばいろいろ♪:

« 関西そばツアー⑧ じん六 鯖寿司とそばがきと蕎麦三昧 | トップページ | 関西そばツアー(最終話) 晦庵河道屋 旅の終わりに みぞれそば »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30