keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月 8日 (月)

三晃庵(東伏見) 初訪問 カレー南蛮の幸せ

Dsc_2202

3月に入っても、まだ厳しい寒さの日が続いています。

西武新宿線東伏見駅の踏切をいつも車で通りすぎる時、

暖簾が見えて気になっていたお蕎麦屋さん。

やっとお昼に伺うことが出来ました。(蕎麦前無し)

おすすめの看板には季節のお蕎麦もあって、わくわく。

お昼どきだったので、ほぼ満席。

厨房からも元気な挨拶がひびき、お店にとても活気がある!

運の良いことに、カウンターの席が一つ空いた。

初めてだからまずはせいろとしたいところだが、

お品書きのカレー南蛮がどうしても気になる。

Dsc_2204

カレー南蛮

この迫力あるとろみ。何といっても汁が美味い!

マイルドな辛さの中から、じわ~っと奥底から出汁の味。

蕎麦は細すぎず、熱いカレーを絡ませながらも、しっかりした存在感。

お肉は柔らかい鹿児島産黒豚。玉葱、長葱はくったり火が通っていて

汁、肉と合わせていただくと甘みもあって最高。

しかしこの汁、クセになる。レンゲが止まらない~。

(やっぱり火傷しました~(^^;)

完食!

お蕎麦屋さんのカレー南蛮、個性があって楽しいですね。

自分にとってのカレー南蛮ベスト5に入れちゃおうかな(^-^)

学生大盛サービスとかあったり、定番を中心にきっと美味しさが安定しているんでしょうね。

地元のに愛されている感じがヒシと伝わってきました。

蕎夢 三晃庵

2017年5月 7日 (日)

北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その⑥近又(豊岡)出石皿そばとそば神社

ろあん久美浜を出たのが13時半過ぎ。

レンタカーを豊岡の駅に返し、16時半の帰りの列車まで、あと約3時間。

ここまで来たからには、出石に行って出石そばをいただいてみたい。

昼に美味しい蕎麦を食べたばかり。

「もう蕎麦は食べないよ」

そうだよね。

でも、食べなかったら絶対後悔する~!(いつもわがままな私)

出石は歴史の深い城下町。「まだ時間もあるし、街並を見るだけでも価値はあるから!」とつれ合いを説得。

車を飛ばしてもらい、無事、町の中心部に到着。

Dsc03318

滞在時間1時間のみ。

車で仮眠を取るというつれ合いを残し、

まずはすぐ目の前に見える出石城跡へ。

Dsc03293

Dsc03299

Dsc03302

階段がキツイけど、いい運動。

Dsc03306

この先の高台に稲荷神社があるのだが、時間が無く断念。

Dsc03308

天守閣はなく、本丸跡。

Dsc03310

雪の残る本丸跡の奥に、小さな社殿がある。

Dsc03311

感応殿 (そば神社)

Dsc03313

出石藩主仙石氏の祖、権兵衛秀久公を祀った社殿。

Dsc03312

出石そば発祥の由来。

4代政明公は非常に蕎麦好きだったそうで、

信州上田から出石にお国替えの時に信州一の蕎麦打ち名人を連れてきたらしい。

以来300年、改良と技術を磨き、今日の出石皿そばとなっている。

とにかく、その蕎麦を早くいただきに行こう!

Dsc03314

出石の城下町

但馬の小京都とも呼ばれる景色をさっと眺め・・

Dsc03315

階段を駆け下りる。

Dsc03316

Dsc03321

のどかな城下町。

街のあちらこちらに、歴史の足跡が残っている。

Dsc03325

辰鼓楼(しんころう)

明治4年建設。

当時は太鼓をたたいて時刻を知らせたそうな。

明治14年から今の大時計が寄贈され

日本最古の時計台として親しまれている。

って、間もなく3時!

Dsc03328

つれ合いは別行動。桂小五郎の潜居跡(禁門の変に敗れて出石各所にかくまわれていた。)を巡るという。

私は、お土産物屋、出石焼、そして出石皿そばの店が並ぶ、大手町通りをまっしぐら(^^;。

Dsc03331

手打ち出石皿そば 近又

閉店時間(15時)、ギリギリ。

(念のため電話で確認しています。)

Dsc03335

お好きな所へと案内され、

小上がりが続く店内の、一番奥、お庭の見える席に座らせていただく。

Dsc03332

閉店間近、お客さんはもう数名のみ。

先ほどまできっと忙しかったんだろうな。

まだテーブルの上に高く積まれたままの皿が、物語ってますね(*_*)

隣のテーブルの皿は、二人の方が食べられたそうです!!

続きを読む "北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その⑥近又(豊岡)出石皿そばとそば神社" »

2017年5月 6日 (土)

北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その⑤城崎温泉とカニかに蟹

Dsc_0283

2日目 久美浜の木下酒造から車で30分ぐらいだったでしょうか。

人生初、城崎温泉に到着。

関西圏を旅するようになったのも、ここ数年。

文学作品で良く名の知られたこの地を訪れることが出来る日がくるなんて・・

ってちょっと大袈裟ですが、とってもワクワク。

今回の旅のテーマは「蕎麦と酒」とともに、「日本海で蟹を食べる!」という目的もあったのです。

つれ合いはそんなに蟹が好きじゃない、というより食べるのがめんどくさいらしい。

料金も蟹のプランを選ぶとグッとアップする。

でも、でも、なかなかこの季節にこの場所に(しかもレンタカー借りてまで)来るなんて、

もう出来ないよ。

説得して、誘導して、蟹のプランを申し込んでしまいました( ̄▽ ̄)

一杯働いた?自分へのご褒美です。

Dsc_0285

城崎温泉の街の中心を流れる大谿(おおたに)川。

昔ながらの街並がそのままで、とても風情があります。

Dsc_0293

宿にチェックインしたら、さっそく浴衣に着替えて外湯めぐりにGO!

温泉は各旅館にもありますが、ここはご利益もあるという7つの外湯で有名。

寒い雨の日でしたが、旅館には温かい袢纏も用意されており、冬でも浴衣で街歩きが出来るんです。長靴と傘も用意されており、気持ちよく送り出してくれる。

Dsc_0288

(この宿に泊まったわけではありません。)

Dsc_0289

柳湯 ご利益「子授・安産」 定休日

Dsc_0294

Dsc_0298

バスも循環してますが、小さな街なので十分歩けます。

Dsc_0299_2

御所の湯 ご利益「良縁成就」

湯巡りの最初に選んだのはここ。

温泉街の中心にある、京都の御所を思わせる外観。岩づくりの露天風呂が良かった。

蟹の季節でもあり、平日とはいえ、国内外の観光客でお風呂もかなり混んでいました。

宿で発行してくれる「ゆめぱ」という、バーコード付のパスが便利で、もう一カ所ぐらい周りたかった。

結局夕飯まで時間が無く、入れたのは1カ所だけ。

Dsc_0306

雨に煙る、四所神社。

Dsc_0309

今では懐かしいものに出会えるのがいい。

温泉と言えば、浴衣で卓球ですよね(^^;

Dsc03177

夕食のお品書き

続きを読む "北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その⑤城崎温泉とカニかに蟹" »

2017年5月 5日 (金)

北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その④ろあん久美浜(京都)

Dsc03246

2泊3日の旅の最終日。

長く続いた雨もやっと止み、穏やかな海です。

城崎温泉を出発して(こちらはこの後で書きます。)、昨日来た場所に戻ってきました。

久美浜に来たからには、『ろあん久美浜』でしょ!

ろあん松田の先代(ご両親)が、篠山は息子さんに引き継がれ、こちらに移られて開店されたお蕎麦屋さん。

スケジュールをしっかり調整して、最終日のお昼に予約して伺いました。

Dsc03247

しかし、店名、次に住所で入力したのが悪いのか?ナビが悪いのか??

全然たどり着けない!!!

もう、看板も無い(+o+)

地図とスマホと照らし合わせながら、やっとこさ到着。

ぐるっと遠回りしたお陰で、久美浜湾に渡来した白鳥を見ることが出来ましたけどheart01

Dsc_0316

久美浜湾の畔をから、さらに車を走らせてやっとたどり着いたのは

HOLIDAY HOME 

ホテルというより、北欧調の上質なコテージという感じ。

車を止めて案内の看板をよく見ると、

やっとお蕎麦屋さんの名前を見つけた。

Dsc03249

お蕎麦屋さんはその敷地内のさらに奥にあった。

看板小さすぎます((+_+))

Dsc_0312

Dsc03252

続きを読む "北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その④ろあん久美浜(京都)" »

2017年5月 4日 (木)

北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その③丹後半島~久美浜 木下酒造

2日目、伊根町の宿を出発し、石臼そば天風さんへ向かうまでに見た

丹後半島の海岸線や棚田、浦島神社を見学。

その後は念願の木下酒造も行ってきましたよ。

Dsc03032

 

丹後半島 

雨で煙っていますね。

Dsc03045

棚田 

Dsc03054

浦島神社

Dsc03056

亀の甲羅。

浦島太郎の昔話と関係あるんでしょうね。きっと。

Dsc_0272

夕日ケ浦海岸

残念ながら夕日ま見られませんでしたが、荒々しい姿の日本海は絶景でした。

 

Dsc03163

木下酒造

創業170年以上の老舗なんですね。

杜氏がフィリップ ハーパー氏になってから、玉川のファンなんです。

蔵見学はやってないけど、

やっぱりお酒を醸す土地、空気、水を感じてみたいんですよね。

続きを読む "北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その③丹後半島~久美浜 木下酒造" »

2017年5月 3日 (水)

北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その②石臼そば天風(京都)

 

Dsc03078

2日目の方が雨が強い。雨が止んだのはちょうど朝の散歩をした数時間だけ。

まだ雪にならないだけ、マシと思おう。

伊根を出発して、丹後半島を海側から周り、内陸部へと進む。

悪天候だと通行止めになるという山道を抜けて、

冷や冷やさせられた長いドライブは、やっと終了。

青い石臼そばの看板が見えてきた。

Dsc03073

高台に上がると木造の黒壁の家が2軒。

奥の建物が目的のお蕎麦屋さんのようだ。

Dsc03067

石臼そば 天風

Dsc03068

Dsc03081

大きな草鞋が迎えてくれます。

Dsc03082

Dsc03083

和紙で作られた大きな照明と高い天井に、まず圧倒される。

靴を脱いで上がるともっと驚いた。

Dsc03085

大きな囲炉裏。

先客無しの静かな空間。

予約を入れていたので、火の真ん前に席が用意されている。

なんて温かなおもてなし。

Dsc03091

迎えてくれたのは、背の高いやさしそうな方が店主、

そして女将さん(お母様かな?)。

Dsc03092

窓から雪景色。

雨は激しく振り続いています。

Dsc03110

しかし、目の前はなんて暖かいんでしょう。

Dsc03097

芳ばしいほうじ茶も、ほっとしますね。

続きを読む "北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その②石臼そば天風(京都)" »

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31