keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その②石臼そば天風(京都) | トップページ | 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その④ろあん久美浜(京都) »

2017年5月 4日 (木)

北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その③丹後半島~久美浜 木下酒造

2日目、伊根町の宿を出発し、石臼そば天風さんへ向かうまでに見た

丹後半島の海岸線や棚田、浦島神社を見学。

その後は念願の木下酒造も行ってきましたよ。

Dsc03032

 

丹後半島 

雨で煙っていますね。

Dsc03045

棚田 

Dsc03054

浦島神社

Dsc03056

亀の甲羅。

浦島太郎の昔話と関係あるんでしょうね。きっと。

Dsc_0272

夕日ケ浦海岸

残念ながら夕日ま見られませんでしたが、荒々しい姿の日本海は絶景でした。

 

Dsc03163

木下酒造

創業170年以上の老舗なんですね。

杜氏がフィリップ ハーパー氏になってから、玉川のファンなんです。

蔵見学はやってないけど、

やっぱりお酒を醸す土地、空気、水を感じてみたいんですよね。

Dsc_0279
直営店

蔵に隣接しています。

Dsc03166

Dsc03171

Dsc03174

Dsc03175

素晴らしいのは、ここまで来たらほとんどの種類の玉川が購入できること。

わざわざ蔵に行っても「東京でしか買えません」という残念なことは無く、

ここでしか買えない限定品もあるんです。

Dsc03165

運転手ごめんなさい。

美味しいお土産、選ぶからねsweat01

全部試飲させていただき、迷いに迷って・・

Dsc03168

お土産ゲット!中汲みが特に美味しかった♪

さて、今夜の宿泊地、城崎温泉を目指しましょう。

木下酒造(有)HP:http://www.sake-tamagawa.com/

« 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その②石臼そば天風(京都) | トップページ | 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その④ろあん久美浜(京都) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/65215592

この記事へのトラックバック一覧です: 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その③丹後半島~久美浜 木下酒造:

« 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その②石臼そば天風(京都) | トップページ | 北京都から出石 蕎麦と酒を巡る冬の旅2017 その④ろあん久美浜(京都) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30