keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 番外編 水新酒店(久米川) 燗酒の会 | トップページ | たなか(ひばりが丘) 初訪問 心に沁みる一杯のかけそば  »

2017年1月15日 (日)

green glass(中井) 初訪問 静岡の酒とおでんと十割そば


Dsc02460

今年のお正月は空も晴れわたって天候も穏やかでしたね。暦の関係で日数こそ短かったけれど、ゆったりとした気分で家族と三が日を過ごせました。

お休み最終日の4日は、やりたいことをやろうと、

朝一番で映画を観て、お蕎麦屋さん&お風呂の計画を立て、つれ合いと外出。

しかし4日から営業しているお蕎麦屋さんは少ない。HPやら、FBで探していると、行きたかったお蕎麦屋さんの営業を発見。念のため、電話してから伺いました。

そのお店は 中井の「green glass」。

店主関根さんは、神田「眠庵」・銀座「流石 淋」と腕を磨かれ、昨年6月にこの中井にお店を開店。日本酒は静岡のみ、静岡おでんもいただけるというかなり個性的なお蕎麦屋さん。なかなか行けずに半年が過ぎてしまいました(^^;

西武新宿線か都営大江戸線中井駅から徒歩10分ぐらいでしょうか?開店時間を目指したけど、住宅街を迷ってしまってかなりのロスタイム。

看板がなく、うっかり通りすぎちゃいそうな店構え。宇治茶色の暖簾、

よく目を凝らしたらお店の名前の小さな文字が・・

Dsc02469

玄関で靴を脱ぎ、「ごめんください」と、初めてのお家に上がるような緊張感。

おそるおそる入った店内は、自宅のリビングを改造したかのような、落ち着いた空間。

カウンターと堀こたつ式のテーブル席。先客はいない。

店主関根さんが「お好きなところへ」と迎えてくれる。

Dsc02470

カウンターも座ってみたかったけど、初めてなのでゆったりしたテーブル席へ。

真横にはさまざまな焼酎の瓶と大きな磯自慢の樽。


メニューはカウンターの上の黒板のみ。メガネ必須(^^;

Dsc02476

日本酒は静岡の地酒がずらり。

純吟、純米、本醸造、普通酒と一目で分かるのがいいですね。

Dsc02477

静岡おでんのメニュー。

右の小さな黒板もおでん種のメニューでした。

蕎麦屋でおでんって、すぐにお腹いっぱいになってしまいそうで、なかなか頼まない品。

でも、静岡おでんといったら別。まだいただいたことも無かった郷土料理に興味しんしん(^.^)

Dsc02478

他にも蕎麦前に良さそうな、気になる肴がずらり。

Dsc02475

そしてお蕎麦。もり、釜あげ、土用寒(もりとあつもり)。

とてもシンプル。

1483531980712

まずは寒いので熱燗をお願いする。

特別本醸造 喜久酔 

生酛 特別純米 杉錦

その後、冷酒で

しぼりたて 本醸造 磯自慢

Dsc_0489

Dsc_0488_2

わさび漬 

喜久酔の純米大吟の酒粕で作ったもの。

お酒との相性もばっちり。

1483531975319

静岡おでん (卵、牛すじ、大根、昆布)

色が黒いですね~。

おでんの上にはだし粉と青のりがふりかけてあって、味噌と辛子が添えられている。

大根は濃い色の割には、さっぱりした味わい。中までしっかり味が浸みていてじんわり美味しい。

1483531996514

卵は半熟。牛すじも、昆布もお酒のいいアテになりますね。

初めての静岡おでんの味わいに、楽しい衝撃を受け、追加オーダー。

さらに静岡の地酒を飲み進めます。

1483531999434

英君 槽口詰め しぼりたて純米酒

Dsc_0490_2

かきのオイル漬

Dsc_0491_3

静岡おでん (竹輪、モツ、大根)

さて口開けだった店内も、新春の挨拶に来られる常連さんがぽつりぽつり。

カウンターも満席になったようです。

そろそろお蕎麦をいただきましょう。

お願いしたのはもりとあつもりを味わえる土用寒。

Dsc_0494

まず運ばれてきた汁。色が濃い。しかしなめてみるとそんなに塩辛くない。

甘さはほとんどなく、すっきりした出汁の味わい。自分好みの男前な汁にわくわく。

Dsc02463

もり (茨城 十割)

見事な細打ち。淡い緑の美しい面持ち。

 

Dsc02468

するするっと喉ごしも良く、ふわ~っと香ばしい風味。

茹で具合も良く、もちっとした食感もいい。

汁につけると蕎麦の甘みを感じて、もう箸が止まらない。

Dsc02472

あつもり (栃木 益子 十割)

つれ合いは埼玉 三芳産の産地違い。

こちらも見事な細打ち。

Dsc02473

湯で温められた蕎麦は面白い。

蕎麦そのものの風味、味わいが引き出されて、逃げも隠れも出来なくなる。

この蕎麦は味わい豊か、とても色っぽい。

Dsc02479

ごちそうさまでした。

西武線沿線に又、いいお店増えましたね。

Dsc02474

今度は一人でカウンターもいいな‥‥

手打ち蕎麦と静岡酒 green glass

お店HP: http://green-glass.info/:

green glass

« 番外編 水新酒店(久米川) 燗酒の会 | トップページ | たなか(ひばりが丘) 初訪問 心に沁みる一杯のかけそば  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/64731320

この記事へのトラックバック一覧です: green glass(中井) 初訪問 静岡の酒とおでんと十割そば:

« 番外編 水新酒店(久米川) 燗酒の会 | トップページ | たなか(ひばりが丘) 初訪問 心に沁みる一杯のかけそば  »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31