keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介 | トップページ | 番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜 »

2016年10月16日 (日)

こいけ【2016年9月閉店】(秩父) 聖地巡礼。こころに「あの蕎麦」を,刻み付けて・・

Dsc01538

聖地巡礼 

「あの花」「ここさけ」というアニメのヒットで、秩父を訪れる若者がかなり増えている。

(※「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」「心が叫びたがっているんだ。」の略。)

「君の名は。」でも、新宿や、岐阜の主人公が登場したシーンと同じ場所を訪れて、記念撮影をしたりする現象が起こっているらしい。

映画を観るとつい感情移入してしまって、その気持ちはわかるけど、、(^^;

Dsc01527

私たち(蕎麦好き)にとって秩父での「聖地巡礼」と言ったら、ここになる。

手打ちそば こいけ

Dsc01512

前回の訪問の後、閉店までにどうしても、伺いたかった。

Dsc01509

秩父ビールとお通しの揚げ蕎麦

そのさまざまな太さ、種類の蕎麦をしみじみ味わう。

Dsc01510

焼き味噌

Dsc01513

揚げ蕎麦がき

Dsc01515

四季桜と椎茸の軸のアテ

Dsc01517

野菜の天ぷら

Dsc01518

三色もり

Dsc01522

丁寧な薬味

Dsc01519

田舎そば

Dsc01520

せいろそば

Dsc01521

けし切り

Dsc01523

かけうどん

気がつくと、小池さんが厨房から出てこられ、目の前で微笑んでいらっしゃる。

しばしお話させていただく。

穏やかな笑顔のご主人から、「もう45年です。」の一言。

惜しむ声はたくさんあるけれど、その年月をお聞きすると、もっと続けてくださいの言葉は言えなくなってしまった。

「本当にお疲れ様でした。」

蕎麦の一時代を築いた方。言葉の重みをひしひしと感じる。

ギリギリだけど、最後の素晴らしい一ページを、味わえることが出来て

本当に幸せでした。

Dsc01526

ごちそうさまでした。

心に、しっかり刻み付けて・・・

前回記事:こいけ(秩父) 初訪問 こころに沁みる名店の蕎麦に会う

手打ちそば こいけ

(おまけ)

Dsc01532

恒例の秩父巡り

秩父神社から武甲正宗蔵めぐり。地酒のお土産もしっかりゲット。

蕎麦アフターにご当地名物をいただきました。

ほっとすぽっと秩父にて。

Dsc01531

イチローズモルト

ホワイト、 グリーン、 金ラベル

Dsc01528

ホワイトを

まずはストレート。

武甲山の水とロックアイスも添えられ、ロックでも水割りでも

お好みでいただけるのがうれしい。

Dsc01537

ただ今工事中の仲見世通りには、来年春温泉施設がオープン予定。

« 番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介 | トップページ | 番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜 »

コメント

 お久し振りです。
 寂しくなりますね。ここから巣立って開店した店を応援していきたいです。

まあやん様

そうですね。とても寂しいですが、
心にしっかり刻み、新たな店もまた応援していきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/64240998

この記事へのトラックバック一覧です: こいけ【2016年9月閉店】(秩父) 聖地巡礼。こころに「あの蕎麦」を,刻み付けて・・:

« 番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介 | トップページ | 番外編 旬菜料理 山灯(四谷三丁目) 燗酒と和食で癒される夜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31