keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介

Dsc01599

酒坊主

先日の貸切の会でいただいたお料理がとっても美味しかったので、

料理のみですが、ご紹介。

合わせたお酒は‥・ご想像にお任せします(^.^)

Dsc01600

浸し豆

地味だけど、妙にいい。

これさえあれば、えんえんと酒が呑める奥深さ。

(あまりに好評でお代りお願いしちゃいました(^^;)

Dsc01601

プラムと帆立のマリネ

自然な酸味と甘みがやさしい。秀逸なマリネ。

続きを読む "番外編 酒坊主(代々木八幡) ある日の酒肴のご紹介" »

2016年9月23日 (金)

野あえ(石神井公園) 季節のおまかせ蕎麦 からすみそばと釜あげ

Dsc01460_2

お久しぶりの野あえ。

こちらの蕎麦屋は定点観測するごとに良くなっているのが嬉しい。

まずは生ビールグラスで、ホッとひと息。

ビールだけでもわざわざ飲みに来る価値があるくらい、丁寧な味わいなんです。

Dsc01471

月替わりの野菜を楽しむコースも健在。(事前予約制 2日前)

先付、前菜3品、料理3品、メインと蕎麦を選択でき、3500円からは絶対お得。

素材の良さを見事に引き出した野菜料理。どれも美味しいんです。

Dsc01463

蕎麦味噌

続きを読む "野あえ(石神井公園) 季節のおまかせ蕎麦 からすみそばと釜あげ" »

2016年9月19日 (月)

番外編 粋酔(石神井公園) 恐るべき日本酒のラインナップ!旬なものから変態まで

半端じゃない日本酒のラインナップ。

「行ったら絶対はまりそう!」

そんな危険な匂い?を感じて、あえて先延ばしにしていたのかも。

石神井公園に3年前に開店された

「純米酒とワインと季節料理 粋酔suisui」

7月終わりの仕事帰りに、やっと伺ってきました。

 

Dsc00705_2

酒林のある入口の階段を登り、扉を開けると、

ずらりと並んだ日本酒の冷蔵ケースがお出迎え。

小上がりのテーブル席と半円のカウンター席。落ち着いた雰囲気の店内。

先客2名。そしてダンディ-な店主。ちょっとドキドキ。

 

案内されたカウンター席に腰を下ろし、つれ合いが来るまで、まずはビール。

白穂香がウレシイ♪

Dsc00707

お通し 冬瓜の肉味噌掛け 青菜のお浸し

野菜中心なのがうれしいですね♪やさしい味わい。

続きを読む "番外編 粋酔(石神井公園) 恐るべき日本酒のラインナップ!旬なものから変態まで" »

2016年9月18日 (日)

夏の尾瀬旅③ 壱乃蔵(群馬県昭和村) 旅の終わりは、天ぷら蕎麦

Dsc01288

2泊3日の尾瀬旅も最終日。

至仏山への登山口でもある山ノ鼻。朝は皆早い。

我々は鳩待峠へと帰路を目指す。

鳩待峠からはバス便もあり、歩く旅はここで終了。

Dsc01296

もう一つの目的地は立ち寄り湯。

天然温泉 わたすげの湯。

ここで地元の野菜をたっぷり買い込んで、向かったのはお蕎麦屋さん。

Dsc01301

手打ち蕎麦 壱乃蔵

行きに利用した沼田ICより、昭和ICに近い場所。

最寄駅は見当たらない。ここへは車でなければ訪れるのは難しい。

Dsc01304

蕎麦のお品書き

こちらは蕎麦以外にもメニューが豊富。

奥利根もち豚生姜焼きや赤城鶏の唐揚げなど、定食が充実。奥利根地粉のうどん、土釜炊きの利根沼田産こしひかりも気になる。

私が選んだのは天麩羅蕎麦。

Dsc01305

季節の野菜と海老。からりと揚がってとても美味。

塩でサクサクいただきます。

Dsc01310

天麩羅蕎麦のざる蕎麦 小鉢付。

続きを読む "夏の尾瀬旅③ 壱乃蔵(群馬県昭和村) 旅の終わりは、天ぷら蕎麦" »

2016年9月17日 (土)

夏の尾瀬旅 ②尾瀬沼~見晴~尾瀬ケ原

Dsc01042

日の出前、尾瀬沼周辺の湿原を散歩。

Dsc01055

幻想的に霧が立ち込める湿原には

小さな白い花が一面に咲いている。

Dsc01053

イワショウブ

続きを読む "夏の尾瀬旅 ②尾瀬沼~見晴~尾瀬ケ原" »

2016年9月12日 (月)

夏の尾瀬旅① 長蔵小屋と尾瀬沼ときつね蕎麦

Dsc00873

旅の始めは、きつね蕎麦からスタート。

聞き忘れちゃったけど、手打ちだよね(^^;

かなり甘いお揚げと温かいかけそばで腹ごしらえ。

ここは尾瀬の入口。群馬県『大清水休憩所』。

Dsc00874

夏休みの家族旅行は子供の希望で2泊3日で尾瀬に決まった。

夏バテ気味で、体力に自信がない私に山登りはかなりしんどいけど、

家族4人が揃う旅行もそろそろ難しくなってきた。

一緒に行ける機会は大事にしたい。

ハードなコースは避けてもらって、なるべく初級者向けのルートで計画を立てる。

Dsc00878

レンタカーはふもとの駐車場に置いて、

ギリギリまでバスを利用。

Dsc00881

続きを読む "夏の尾瀬旅① 長蔵小屋と尾瀬沼ときつね蕎麦" »

2016年9月11日 (日)

村上さんの粗挽きそば ほたるの里古民家おおぎす(栃木)

今年も里山創遊会の芳賀と烏山の蕎麦栽培が始まった。

8月6~7日に種蒔、10月下旬~11月には刈取、脱穀があり、

遠いし、休みもなかなか取れないので、すべての工程には参加出来ないけど、

いつ行くのが楽しみなのは、

楽しい仲間に会えること、そして宴会が美味しくて楽しいこと。

今回の宿は那須烏山のほたるの里古民家おおぎす

Dsc00812

今回は巣鴨の手打ち蕎麦菊谷さんご夫婦も初参加。

胡桃亭の村上店主、梁山泊の廣木店主と

蕎麦屋の店主がこんなに集まるのも楽しい。

益子の鈴木製粉所の鈴木さん、かくま牧場の鹿熊さんなど、

美味しい生産者の方々も参加され夜は大宴会が開かれました。

Dsc00810

築130年の農家住宅を改築。

母屋、東屋、交流棟、体験棟、釜土、田圃まであり、

さまざまな利用ができるよう設備が整っている。

Dsc00856

台所も広く、雨が降ってもこんな囲炉裏付のスペースもあるけど、

Dsc00858

天気も良く、宴会用のテーブル席は庭にセッティング。

Dsc00823_1

緑に囲まれて、お酒に囲まれて・・・何て素敵な光景♪

古川先生が取り寄せられた選りすぐりのお酒を中心に、

お土産のお酒もいくつか追加。

Dsc00824

もちろん夏でも燗。セッティングもバッチリ。

続きを読む "村上さんの粗挽きそば ほたるの里古民家おおぎす(栃木)" »

2016年9月10日 (土)

番外編 手打ちうどん こげら(小川) 僻地の吸引力

Dsc00703

7月24日

手打ちうどん こげら

一度伺ってみたかった、僻地(失礼(^^;)のうどん屋さん。

『今日だったら行けるかもしれない!』

渋る子供に付き合ってもらって、日曜の昼に家を出る。

麺、品切れだけは避けたい。

事前に電話で2人分の確認だけして、西武線拝島行に飛び乗った。

小川駅下車、ナビを頼りに、いくつかの学校を通りすぎ、

住宅地を抜ける。

危険な程の猛暑の中、日傘を差し20分近く歩いただろうか?

いきなりのどかな風景が広がった。

広大な敷地の前に続く一本道沿いに、そのお店はあった。

Dsc00673

Dsc00675

14時前、先客は1名のみ。

良かったギリギリ間に合った。

店内はカウンター5席とテーブル4席用2つ。店主お一人で切り盛りされている。

Dsc00679

お品書きは非常にシンプル。

かけ、しょうゆ、ざる、釜玉のみ。

Dsc00683

東大和 ラーメン大冬樹さんの味玉天ぷら(コラボのいきさつ)。

Dsc00684

Dsc00676

プレモル缶  300円

うどんの耳がアテに♪

Dsc00680

店主小笠原さん。

うどんの注文を確認してから、うどんを打ち始める。

続きを読む "番外編 手打ちうどん こげら(小川) 僻地の吸引力" »

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30