keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 中清(吉祥寺) ある日のランチ つけ多摩せいろ | トップページ | こいけ(秩父) 初訪問 こころに沁みる名店の蕎麦に会う »

2015年11月23日 (月)

ぶらり秩父① 蕎麦・酒散歩 武甲正宗と秩父まつりとしゃく菜そば

蕎麦友さんからうれしいお誘いがあり、ずっと行きたかった秩父のお蕎麦屋さんに4人で伺うことに。

秩父って、小学校の遠足以来久しぶり♪

待ち合わせまでの時間を利用して、2時間半の秩父一人観光。

Dsc07534

所沢からレッドアローに乗り、ワクワク気分で西武秩父駅に到着。

改札口からすぐに、仲見世通りの商店街が続く。

まずは腹ごしらえの軽めの朝ごはん・・・

早い時間から開店している蕎麦屋に入る。

うどんそば近江屋

Dsc07535

しゃく菜そば

甘っ辛く煮た秩父特産のしゃく菜がたっぷり。

私には少し甘すぎかな(^^;

Dsc07538

西武秩父駅から秩父駅をめざして歩いていくと秩父鉄道「芝桜駅」。

有名な芝桜はこちら下車ですか。(まだ一度も見たことがありませんが(^^;)

気になったのはその脇にある・・・

Dsc07537

立ち食い蕎麦屋さん。

Dsc07540

雰囲気もいいし、安い。おいなりさんも美味しそう。

次回来ることがあったらのぞいてみよう♪

Dsc07542

芝桜駅から秩父駅に向かう番場通りを行くと、

バイクが多く止まって、何やら賑わっている。

牛・豚・猪肉問屋 安田屋 

肉の味噌漬けで有名らしい。

揚げたてのカツやハムカツを店先でかじりついている♪

Dsc07546

ここも懐かしい感じの店構え。

Dsc07548

手打ちそば 番匠家

入口でお品書きだけチェック(^^;

Dsc07555

酒屋さんの店先には、秩父蒸溜所の樽。

秩父は秩父錦や武甲正宗などの地酒も有名だけど、

地ウイスキーのイチローズモルトは今では世界にも評判。

(参照:友田晶子さんの見学レポート

せっかくだからいただいてみたいな~heart04

Dsc07551

こちら番場通り商店街は秩父神社へと向かう参道でもあり、

昔から続く、レトロな建造物が多い。歩いていて楽しかった。

こちらはうなぎやさん。

Dsc07559

秩父神社

早めの七五三を祝う家族がちらほら。

Dsc07567

お供えされているお酒。秩父らしい♪

Dsc07561

秩父神社の境内、特に本殿の四方には見どころがいっぱい。

こちらはほんの一部。

日光の見ざる聞かざる言わざるが有名だが、

こちらはお元気三猿。

よく見て、よく聞き、よく話す猿がご愛嬌(^-^)

Dsc07570

秩父まつり会館

秩父では毎年12月2日3日に秩父夜まつりが開催される。

日本三大曳山祭のひとつとして知られているのに

まだ一度も見たことがない。

せめて雰囲気だけでも味わってみよう。

Dsc07572

笠鉾

Dsc07574

屋台

Dsc07581

提灯にあかりが灯り、夜祭が再現されるさまは見もの。

この夜祭は、武甲山の男神と秩父神社の女神との年に一度の逢瀬の物語。

映写室でも映像が上映(10分)され

お祭りのクライマックスをしっかり味わいましたよ。

Dsc07587

まだ時間がある。本町通り(R299)に出て、

急ぎ足で「ほっとすぽっと秩父館」(イチローーズモルトをいただけます♪)を通り、

もう一つの目的地へ。

Dsc07592

武甲酒造

名峰武甲山を酒銘とした武甲正宗。

店舗は国指定の登録有形文化財。

Dsc07593

10名から申し込める蔵見学は一人なので諦めましたが、

店内の撮影は大丈夫とのこと。

Dsc07596

Dsc07600

酒蔵を通って、中庭へ。

Dsc07603

Dsc07606

武甲山伏流水の仕込み水。

柔らかい味わい。

Dsc07609

秩父駅から西武秩父駅へ戻ります。

途中見つけた 和カフェダイニング有り処ありか

手打ちうどんと秩父そば、地酒とイチローズモルトが楽しめるようです。

Dsc07612

また蔵造りの立派な建造物。

Dsc07617

秩父ふるさと館

手打ちそばの幟が気になって中へ・・

Dsc07620

そばの社

探すと蕎麦屋はいろいろありそうですね。

さらに大通りを進むと・・・・!

人の後ろ姿にギョッ!

Dsc07627

何々!

Dsc07628

う~ん、…なんだか無性に腹立たしい(-_-;)

Dsc07630

本家 松月

のぞいてみたら、「みそまん」が美味しそう♪

こちらも通りすぎるだけでしたが‥

Dsc07631

秩父の歴史、文化を楽しんだ、2時間半のショートトリップ。

名峰武甲山はどの山だろう?と駅で待ち合わせのお友達に聞いて、絶句。

明治期から続いた石灰石の採掘で、こんな姿に・・。

日本の近代化を、身を削って支えてきたんですね(泣)。

(次回は ぶらり秩父② 初訪問 手打ちそば こいけ編 に続く )

« 中清(吉祥寺) ある日のランチ つけ多摩せいろ | トップページ | こいけ(秩父) 初訪問 こころに沁みる名店の蕎麦に会う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/62721720

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり秩父① 蕎麦・酒散歩 武甲正宗と秩父まつりとしゃく菜そば:

« 中清(吉祥寺) ある日のランチ つけ多摩せいろ | トップページ | こいけ(秩父) 初訪問 こころに沁みる名店の蕎麦に会う »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31