keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« ふく花(東中神) 日本酒とチーズとお蕎麦の会 vol.3 | トップページ | らすとらあだ(中野坂上) 初訪問 おまかせの心地よさ 蕎麦前編 »

2015年6月21日 (日)

そばとワイン 吉(西荻窪) 呑んべい仕様のウマい蕎麦♪

Dsc06741

夏至が近づいてるんですね。18時過ぎてもまだまだ明るい。

西荻窪駅北口を降り、立ち飲みバルや焼き鳥屋など、魅惑的な雰囲気のお店を

通り抜け、目指したのはこちら。

Dsc06742

そばとワイン 吉

今日はあこがれの方と2人で『吉呑みheart04』。

Dsc06743

エーデルピルスナー生で、ゆるゆるとスタート♪

ビールをいただきながら「ワインにしようか」「日本酒にしようか」と悩む。

(まわりのお客さんもだいたい同じように悩んでますね(^^;)

「そばとワイン」。店の名前のとおり、ワインが豊富。しかし、日本酒の品揃えも半端じゃない。

Dsc06747

お品書き

Dsc06744

黒板には日替わりメニュー。

厨房はご主人、お酒は奥様が主にご担当。

Dsc06748

「やっぱりワインもいただきたい~。」

選んでいただいたのは、オーストリア産の白ワイン。

味が濃いめで酸がしっかり♪

いただいた肴は・・・

Dsc06749

塩で食べるおぼろ豆腐 350円

西荻寿屋さんの豆腐を使用。濃く、まろやかな味わい。

Dsc06750

肉みそ油あげ  250円

美味しくって、リーズナブル♪

Dsc06751

クリームチーズかえし漬け 380円

ワインにも日本酒にも合う一品。

Dsc06752

そろそろ日本酒に切替えます。

2人の気分に合わせて、「冷やですっきりいただけるお酒」を女将さんにリクエスト。

城川郷 尾根越えて 

お猪口がカワイイ。

Dsc06753

鶏の天ぷら   700円

これは秀逸~。ほくほくと柔らかな身は、粗塩と柚子胡椒でシンプルに味わう。

Dsc06757

伊根満開 赤米酒

これが意外な美味しさ!!

甘酸っぱくて、「全く新しいタイプの日本酒」♪

Dsc06759

温めても美味しいらしい・・・

Dsc06756

風の森 純米大吟醸 しぼり立て

Dsc06761

風の森 純米 露葉風 純米

Dsc06762

酔右衛門 純米酒 岩手県産亀の尾 

ツボを押さえた肴に美味しいお酒。杯は進み、すっかり緊張も解けて(^^;、話は尽きない。

気がつくと席がほとんど埋まっている。

今日のお蕎麦は北海道キタワセ 二八。

ざらざらの粗挽きとつるつるの微粉が選べる。

Dsc06763

だし(冷) 750円(手前)

おつまみそば 生のりしらす 850円(奥)

(両方ともつるつるの微粉)

Dsc06764

この冷かけの汁、何種類かの節を合わせているのかな・・

地元の荻窪のラーメンにも通じるような、なじみ深い味わいをどこかに感じる。

塩味もしっかりあり、呑んだ後の体に、じわっと沁みる。

Dsc06767

そして蕎麦。これが変わった。とても繊細で、美味しくなった。

キリッと引き締まった細打ち。喉をするする~っと気持ちよく落ちる。

Dsc06765

おつまみそば 生のりしらす

これもいい。つ~か、やばい。まさにつまみ。また呑みたくなるじゃないの(^^;

何よりも蕎麦がいい。

「吉」だからこそ、楽しめる、呑んべい仕様(^^;

Dsc06768

ごちそうさまでした。

また呑みに、食べに、伺います♪

(yukaさん、楽しい時間ありがとうございました。)

前回記事:そばとワイン 吉(西荻窪) 充実の日本酒とワインを蕎麦屋スタイルで楽しむ

そばとワイン 吉

« ふく花(東中神) 日本酒とチーズとお蕎麦の会 vol.3 | トップページ | らすとらあだ(中野坂上) 初訪問 おまかせの心地よさ 蕎麦前編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/61759016

この記事へのトラックバック一覧です: そばとワイン 吉(西荻窪) 呑んべい仕様のウマい蕎麦♪:

« ふく花(東中神) 日本酒とチーズとお蕎麦の会 vol.3 | トップページ | らすとらあだ(中野坂上) 初訪問 おまかせの心地よさ 蕎麦前編 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31