keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 番外編 魚とお酒 ごとし(京都市中京区) 純米燗酒と京都の夜 | トップページ | 中清(吉祥寺) 菊姫の会 未知の世界へ »

2014年10月 4日 (土)

番外編 鮎味亭(京都市山科区) 天然鮎を楽しめる鮎御前

Photo

教王護国寺(東寺)

京都駅新幹線からも五重塔が良く見えますね。

駅からあまりに近いので、つい後回しにしていた観光名所。

ここが個人的に一番気に入りました。

延暦13年(794年)、桓武天皇が平安京遷都した際、平安京鎮護のため、羅生門の東に東寺、西に西寺が建造されたと伝えられている。その西寺は今は存在しないが、東寺は創建時のままの場所に存在しているといわれている。南大門なども建造物も素晴らしいのだが、圧巻は各御堂に収められている数多くの国宝・重要文化財の仏像、観音菩薩の数々・・。時間を忘れるほど見入ってしまった。

ここに収められている仏像のことが知りたくて、分厚い写真集まで購入してしまったほど・・

宝物殿が開く時、ぜひまた訪れたい。

さて、京都編ラストを飾るのは、鮎味亭。

夏で京都といえば、鱧と鮎。

「美味しい鮎が食べた~い。」

その一心でお店をいろいろ探してみたが、鮎をいただけるお店はどこもお値段が高いし敷居も高い。

そんな中で見つけた天然鮎料理を出す鮎味亭は、なんと街の定食屋さんだった。

 ご主人近藤さんは鮎釣りの名人。お店で供されるのは美山川や滋賀県安曇川朽木、九頭竜川などの天然物の鮎というから、すごい。(お店のHP)                     

鮎料理は要予約。事前にお願いしたのは鮎御前(梅)、(竹)、追加の鮎の塩焼き3匹。

ご主人の釣果はお店のホームページで確認できる。当日まで、「鮎釣れたかな?」とドキドキしながらの訪問でした。

Dsc03897

地下鉄東西線椥辻(なぎつじ)駅から約10分。

静かな住宅地を歩いていくと、見えてくる

白く真新しい3階建ての佇まい。

Dsc03907

開店間もない店内は先客無し。

「鮎焼き始めますね」とまずご主人が顔を出され、すぐに厨房へ。

許可をいただいて店内を少し撮影させていただく。

ご主人の数々の実績を伺うことができるコーナー。

Dsc03910

そば、うどん、丼、定食と豊富なメニューの他に日替わりも多い。

Dsc03904

手書きの鮎のメニュー。

売切れ御免の、くん製。あったらラッキー、時間かかる一品とのこと。

夜メニューの鮎塩焼きも、事前に予約すれば昼も出来るとのこと。

Dsc03903

Dsc03901

まずはビールで♪

Dsc03902

お座布団まで、鮎尽くしの店内。

日本酒も「鮎」正宗(^^;

ちなみに日本酒のラインナップは

月桂冠・松竹梅・剣菱・久保田千寿・八海山・鮎正宗。

Dsc03917

そば・うどんもかなり充実した内容。

しばらくして、ご主人自らお持ちいただいたのは・・

Dsc03928

鮎塩焼き 1000円~

このど迫力!!18cm以上はある~!

もう、来て良かった。

Dsc03923

蓼酢

Dsc03929

頭から尻尾まで。

あまりの美味しさに、大きな骨以外ほとんどいただいちゃいました。

8月中旬は台風が続き不漁が続いたようで、

上旬に九頭竜川で釣られた鮎とのこと。

Dsc03925

「いただいたお酒」

鮎正宗 純米 

久保田 千寿

ご主人から注いでいただきました。

どちらもすっきりしたお酒。鮎に合いますね。

Dsc03930

鮎御前(梅)2800円

鮎御前(竹)3500円は同じ内容に、鮎飯・味噌汁が付きます。

Dsc03931

鮎塩焼き(滋賀産)

先ほどより少し小さくなりますが、15cm以上はありますね。

ご主人は料理の内容に合わせて、京都・滋賀・三重・福井県とさまざまな川で必要なサイズの鮎を調達されている!

手前は背ごし用の頭と尻尾の唐揚げ♪

残すところありませんね。

Dsc03933

稚鮎の天ぷら 茗荷

塩でいただく。

Dsc03934

背ごし

こちらの鮎は滋賀県産。酢味噌でさっぱり楽しみました。

Dsc03935

アマゴの山椒炊き

これも風味ある、ほろ苦さがたまらない。

Dsc03938

手打ちではないけど、蕎麦も普通に美味い!

Dsc03939

鮎飯

このボリューム。持ち帰り覚悟で2人前お願いしていたが・・・

Dsc03942

Dsc03943

あまりの美味さに完食!心配無用でしたね。

Dsc03944

最後にご主人とお話。鮎の産地を伺ったり、感想をお伝えしたり。

フロアのお手伝いもされていたのは高校生のご長男。この頃鮎釣りデビューされたらしい。

ごちそうさまでした。もう思い残すことはありません。

これにて2014年兵庫・大阪・京都を巡る夏休み、終了です。

お食事処 天然鮎 鮎味亭

お店HP:http://www.ayumitei.com/index.html

« 番外編 魚とお酒 ごとし(京都市中京区) 純米燗酒と京都の夜 | トップページ | 中清(吉祥寺) 菊姫の会 未知の世界へ »

コメント

鮎味亭天主です。

うれしい感想ありがとうございます。

また山科方面へ来られた際は是非お立ち寄り下さいませ。

今後とも宜しくお願い致します。ありがとうございましたm(_ _)m


店名で検索していましたら嬉しいコメントが載っていましたのでお邪魔しました。

有難き感想本当にありがとうございましたm(_ _)m

また京都へお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

よろしければリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

本当にありがとうございました。        鮎味亭店主

鮎味亭店主様

お断りもせずいろいろ書いてしまって失礼しました。
釣は出来ませんが、鮎は大好き。
天然鮎をいただけるお店は本当に貴重です。
本当は誰にも知らせたくないお店(^^;

今度またご連絡してから伺います。
よろしくお願いいたします。
リンクぜひお願いします。

ありがとうございます。今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/60344887

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 鮎味亭(京都市山科区) 天然鮎を楽しめる鮎御前:

« 番外編 魚とお酒 ごとし(京都市中京区) 純米燗酒と京都の夜 | トップページ | 中清(吉祥寺) 菊姫の会 未知の世界へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30