keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 藤乃(大阪市福島) 河内鴨のたたきと〆蕎麦。大阪の夜を楽しむ | トップページ | にこら(京都市上京区) 上質の時間を蕎麦屋で・・・ »

2014年9月 8日 (月)

そば 酒 まつもと(京都市中京区) 酒・肴・そば・きらめいてます♪

3日目

昼に家族で桂川沿いで天ぷらを楽しんだあと、午後は別行動。連れは子供と下鴨神社、私は四条河原町へと向かう。

「辛口京八味」(はた源)や「黒七味」(原了郭)など、お買い物。

異常な暑さだが、時折雨がパラパラ降ってくる。不安定な天気が続いている。

土曜の午後、祇園から河原町あたりは夏休みの観光客で溢れている。

たまには抹茶パフェでもと、和カフェをのぞくと店先に行列で諦める。

目的の蕎麦屋はちょうど中休み中。

開店の16時まで、近くのタリーズコーヒーで待つことにする。

Dsc03798

河原町通りの裏通りに入ると、東京で言えば渋谷・原宿のような雰囲気。

さらにすすむと、車も通れなさそうな細~い路地。その入口に見つけた蕎麦屋の名前。

柳小路 はちべえ長屋

「そば 酒 まつもと」

その名のとおり、柳の木が植えられた長屋が続く小路。

Dsc03799

良かった。暖簾が出ている。

16時になったばかりなのに、もう数名の客。

狭い店内はカウンターしかないようだ。

奥にまだ席があるようだ。戸を開け、

「一人ですが、大丈夫ですか?」

奥から丸刈りの店主が顔を出す。

「先ほど17時から予約が入ってしまったので、それまでなら。」

良かった。「私も1時間ぐらいしかないのでちょうどいいです。」ギリギリセーフ♪

渋い一枚板のカウンターに、7席のみ。一番奥の席に腰を下ろす。

ブルース系のライブが静かに響いている。

30代ぐらいの男性客3人、ゆったり日本酒を楽しまれている。

ここは、蕎麦前を楽しむことに趣をおいている店のようだ。

時間が無いので、お品書きを急いで確認。

Dsc03800

お酒のお品書き

生ビール、国産グラスワインは日替わりらしい。

日本酒のラインナップは素晴らしい。好きなお酒(お燗が美味しい)ばかり♪

「ここのお酒はお燗にもしていただけるんですか?」

思わず店主にお聞きする。

「もちろん!」 驚いたように即答。

とても楽しみな店だ。

今日はすっきり冷やで楽しみたい。

篠峯をお願いする。

Dsc03801

肴(昼・夜共通)

さっと出せそうな、気の利いたアテが多い。

東京ではメニューから消えている鳥わさもあるのがうれしい。

Dsc03802

肴(夜のみ)

鴨を中心に、どれもお酒が楽しくなりそうな品ばかり。

「※あて おまかせ 3種 900円」

悩んだらまず、これ♪

Dsc03803

もりそばを小盛り(-100円)で、お声かけでお願いする。

Dsc03812

初めてのお店、ドキドキしながら「写真撮ってもいいですか?」と確認。

意外にあっさり「いいですよ」と、頼んだお酒をのせてくれるのが嬉しい。

入口の棚の上には、お品書きに載っていない気になるお酒がちらほら。

秋鹿だけでも、いろいろな種類がありそうだ。

Dsc03807

すっきりした旨口。

夏の終わりの早めの夕暮れ時、スタートするには最高の一杯♪

京都の最後の夜は燗酒をいただける居酒屋を予約。

もっといただきたいな、という気持を抑えて、サクッと帰らねば。

Dsc03808_2

やたら漬け

やたらとは「いろいろな」という意味だそう。

長芋、大根、すだち、山椒の実、昆布、胡瓜等々

さっぱり、さまざまな味わいが楽しい。

Dsc03810

タコと胡瓜のみぞれ酢

大き目のタコがこりこり♪

Dsc03811

鶏ささみとモロヘイヤのお浸し

素材を生かした、やさしい味つけがいい。

おまかせ3品恐るべし。野菜・魚介・肉とバランス良く、ささっと提供。

とても手際がいい。

これでお酒は2合は楽しめそうだが、もう時間だ。

そろそろお蕎麦をお願いする。

Dsc03813

ご主人松本さんは北山のじん六で修業されていたらしい。

汁が塩分を強く感じる、色薄めの辛口。じん六は2度ほど行ったことがありますが、汁に通じるものがあります。

江戸の汁とはかなり違うけれど、私は結構好きかな。

Dsc03816

もりそば 小盛り 750円

丸抜きの微粉、色はほんのり鶯色。

産地は聞きそびれたけど、蕎麦粉もじん六さんのルートかな。

Dsc03817

端正な細切り。一口いただくと香りほのかに風味良く、食感もいい。

甘味を感じさせない塩辛い汁につけていただくと、蕎麦の甘みを引き立てる。

蕎麦と汁の相性がいい。

Dsc03818

蕎麦湯はさらり、ほんのり白濁。

この汁、蕎麦湯でいただくと表情が変わってまた美味い。

ごちそうさまでした。

Dsc03821

店を出ると、柳の揺れる小路には、いつの間にか水が打たれ、

ともり始めた行灯とともにきらめいていた。

そば 酒 まつもと

FB公式サイト: https://www.facebook.com/pages/%E3%81%9D%E3%81%B0-%E9%85%92-%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%A8/177438895779608?sk=timeline

« 藤乃(大阪市福島) 河内鴨のたたきと〆蕎麦。大阪の夜を楽しむ | トップページ | にこら(京都市上京区) 上質の時間を蕎麦屋で・・・ »

コメント

いいお店だつたでせう?

・・・このお店、一度夜に行きたいんですがなかなかその時間帶にその場所にゐる機會がなくて。

「そば 酒」ではなく、イメイヂとしては「酒 そば」ですね(^_-)

月さん

ご紹介ありがとうございました~♪時間なかったけど楽しかった。

しかし・・・

決まりすぎ!!
いいお酒揃いすぎ!!
常連になりたいけど、遠すぎ(泣)!!

「酒 そば 酒」です、ね(^_-)-☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/60270601

この記事へのトラックバック一覧です: そば 酒 まつもと(京都市中京区) 酒・肴・そば・きらめいてます♪:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/09 09:17) [ケノーベル エージェント]
京都市中京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 藤乃(大阪市福島) 河内鴨のたたきと〆蕎麦。大阪の夜を楽しむ | トップページ | にこら(京都市上京区) 上質の時間を蕎麦屋で・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31