keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« みわ(井荻) 冷やかけアラカルト | トップページ | そば切り 蔦屋(大阪市谷町) 大阪夏の陣 もりそばと鯖寿司 »

2014年8月30日 (土)

荒凡夫(大阪市北区) 直球勝負!そば三昧

8月後半、暑さも少しは和らいできたお盆過ぎ、

遅い夏休みを取って、3泊4日の家族旅行。

今回は兵庫・大阪・京都。

しっかり呑み、食べてきましたよ。(もちろん観光も。)

初日は憧れの「ろあん松田」。大阪に移動の夜は「藤乃」で河内鴨。

2日目、自由行動にさせてもらって、念願の大阪蕎麦屋の食べ歩き。

ベタですが、まずは大阪城をしっかり楽しんで、「蔦屋」「荒凡夫」

京都へ移動し、夜は「にこら」。

3日目、東寺の仏像にハマって、分厚い写真集まで購入。昼、天ぷら「川辰」、自由行動「蕎麦酒 まつもと」、夜は居酒屋「ごとし」 で燗酒三昧。その後四条高倉のbarへ。

4日目、定食屋?蕎麦屋?「鮎味亭」で天然鮎を堪能。

そんな、呑み食べ三昧の楽しい旅でした。

もう9月になっちゃうけど、少しずつsweat01ご紹介しますね。

Dsc03586

まずはそば切り 荒凡夫。

以前「男の隠れ家」2011年11月号のそば特集で紹介されて以来、気になっていたお店。

「あらぼんぷ」と読む、この少し変わった店名は、当時の記事によると、

「平凡だが、自由に生きる男」というようなことらしい。

当時の松阪から、今年7月に大阪西天満移転したばかり。移転の詳しい事情は分かりませんが、大阪駅からもほど近く、一度 店主橋本さんのそばをいただいてみたかった。

そばのお取り置きを事前にお願いしていたので、当日は安心してお店に伺うことが出来た。(売切れじまいの難民にならず、助かりますね。)

Dsc03587

たどり着いたのは13時前。

ピークは過ぎ、7席のカウンター席には5名の先客。

Dsc03591

一番奥の席に腰を下ろし、そば三昧をお願いする。

お品書きには温かいそばも、鴨汁などのつけそばも無い。

そばは同じ産地の蕎麦粉で、二八、十割、粗挽き十割に打ち分けて提供。

本日は福井産の蕎麦。

Dsc03592

一品

なんと2品しかない!そばを3枚いただくので「そばがき」は無理だな。

お酒だけ、一合お願いする。

Dsc03588

而今 純米吟醸 雄町火入れ

キレのある旨口。

(そば用の)粗塩を舐めながら、ちびりちびり。

Dsc03600

一枚目 二八

(2軒目なので、通常の量より少な目にしていただきました。)

Dsc03602

ほんのり鶯色。

端正な細切り。ふんわり蕎麦の香り。

手繰ると長さがしっかり、少し硬め、つるんとのど越しがいい。

汁は塩分しっかりの辛汁。甘味はほとんど感じさせない。

蕎麦の甘みを感じるには良い辛さかも。

江戸蕎麦のようにちょこっと浸けてすするのに適している。

Dsc03604

二枚目 十割

Dsc03605

鶯色、先ほどより若干太目で短い。

蕎麦の風味はさらに強く、

Dsc03607

三枚目 粗びき十割

Dsc03608

一番インパクトがあり、目でヤラレマスネ。

同じ蕎麦で、これだけさまざまな表情を楽しめるのもいいですね。

少し太くて、のど越しを楽しむというより、しっかり噛んで穀物感を楽しむ蕎麦。

そのままで、塩で、そして辛口の汁で楽しみました。

蕎麦湯は、渋い美濃焼の渋いデザインがカッコいい器で供される。(写真なし)

蕎麦を茹で続けた釜の湯、さらり滋味深い。

ここの汁は蕎麦湯で伸ばすとても美味しい。

平日の1時を過ぎると、店主と少しお話することもでき、感想を伝えたり、大阪の蕎麦屋事情をお伺いしたり。

そば三昧、どれが一番良かったか?

どれもいいけど、やっぱり二八が一番好みかな。

Dsc03593

カウンターだけの小さな店内の壁側に、電動と手挽用の石臼。

Dsc03594

コーナーには打ち場スペース。

一人でこれだけ打ち分けて、蕎麦を仕込み、片づけてから開店するのか~。

店主の温かい蕎麦や、肴もいただいてみたいけど、まだ難しそうですね。

直球勝負のお蕎麦屋さん、これからが楽しみです。

ごちそうさまでした。

そば切り荒凡夫(あらぼんぷ)

売切れ情報はFBかtwitterで確認出来ます。
https://twitter.com/bn_arabonpu

Dsc03615

歩いて大阪駅を抜け、阪急梅田駅へ。

さて、これから京都へ向かいます。

« みわ(井荻) 冷やかけアラカルト | トップページ | そば切り 蔦屋(大阪市谷町) 大阪夏の陣 もりそばと鯖寿司 »

コメント

蕎麦のメッカ東京にも負けない蕎麦を出してくれるお店だと思っています。

昨日、日曜日、而今はまだあるかな?と お伺いしましたが・・終了していました。

ご主人から 来店の件お聞きしたので ブログが出ているとお話しておきました。

行かれたお店の数、・・本当に凄い! ろあん行きたい 河内鴨食べたい・・
確かに 出かけると ついつい食べ過ぎになってしまいますね
さて 他のお店は 如何だったのでしょう?

karajiruさま

コメントありがとうございますconfident
karajiruさんのブログを参考にさせていただき、行ってきましたよ♪
大阪の蕎麦屋、一部しかまだ触れられなかったけど、かなり激震が走りました。
恐るべし大阪!またぜひ行きたい。

9月は期末月ですが、残りのアップがんばりますwink


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/60206847

この記事へのトラックバック一覧です: 荒凡夫(大阪市北区) 直球勝負!そば三昧:

« みわ(井荻) 冷やかけアラカルト | トップページ | そば切り 蔦屋(大阪市谷町) 大阪夏の陣 もりそばと鯖寿司 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31