keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 虎ノ門 大坂屋砂場(虎ノ門) 初訪問 大人のオアシス 澤乃井とごぼう天のせいろ | トップページ | 室町砂場 赤坂店(赤坂) 初訪問 天もりと菊正宗 »

2014年3月16日 (日)

知花(神泉)(2015年2月閉店) 初訪問 すっぽんスープの卵とじそばと粗粒そば

Dsc01094

知花 「ちはな」と読む。

今年の8月31日に松濤に開店した蕎麦と薬膳料理の店。

yukaさんのブログつれづれ蕎麦で紹介されてから、ずっとずっと行きたかった。

「すっぽんを楽しむコースで予約をするよ~」という蕎麦仲間から嬉しいお誘い。

水曜日の夜、仕事もそこそこに切り上げる。

京王井之頭線神泉駅を降り徒歩4分・・ナビでジャストに到着のはずが10分以上の遅刻。突き当りの公園まで行ってしまい、あわてて戻る。最初に曲がった角のお店だったのね~。

入口にお品書きのボードはあるが、看板も暖簾も無い。

取っ手の無い入口の扉に戸惑いながら、やっと店の中へ。待ち合わせの友はすでにカウンター席で一杯やっている。5人掛けの白木のカウンターは我々で満席。奥には4人掛けテーブル席2卓。椅子は手もたれもありゆったり座れる。店内はオープンキッチン。ワイングラスも下がり、幅の広い料理も期待できそう。

厨房には店主の徳ちゃん(初めてお会いするのに名前だけはよく存じております。)が本日2組のコース料理を準備中。フロア側には男性スタッフ1名。

Dsc01105

料理は1万円と6500円のコース料理が基本。

本日はお任せコースにすっぽん料理のリクエストをお願いしているという。

まずはとても寒いけど、生ビール。

Dsc01100

木彫りのお盆の上にのせられたのは前菜盛り合わせ。

Dsc01099

大根を中心にしたやさしいメニューでスタート。

Dsc01101

ねずみ大根と蕗味噌

Dsc01102

大根とカニみそ

Dsc01103

ずいきと切干大根と山ごぼうの卯の花煮

ほおずき(右)はフルーツのように甘い、三河産。

Dsc01106

飲み物はビール焼酎ソフトドリンクもあるが、日本酒のラインナップが素晴らしい。

(文字ぼやけてすみません。)

5人もいるので冷ややお燗で一通りいただいてしまった。

鍋島(佐賀)

山間(新潟)

風の森(奈良)

而今(三重)

亜麻猫(秋田)

黒龍いっちょらい(福井)

燗左紫(かんざし)紗利 (福井)

やまユ(秋田)

白雪(兵庫)

Dsc01112

酒器も素敵。

Dsc01109

すっぽんの血

うわっ、いきなりですよね。いただきますと言ったものの、超どきどき。

見た目はカシスなどのジュースのよう。

お味見するとフルーティーな香り、甘くくせがない。

リンゴジュースとお酒で薄めてあるとのこと、す~っといただいてしまう。

Dsc01110

卵。

ごっくんと呑み込んでしまう。

Dsc01115

風の森をお燗でいただく。

これも素敵。

Dsc01117

ホタテ・雲丹・さより・おかひじき・マイクロトマトのピクルスのジュレ

Dsc01123

シャキシャキ歯ごたえあるおかひじきと海鮮のうま味、出汁のきいたジュレがたっぷり絡み、食感も楽しい、贅沢な味わい。

すっきりしたお酒が合います。

Dsc01118

Dsc01124

すっぽんのスープ

酸味ありとろっと濃厚な味わい。

Dsc01126

すっぽんの唐揚げ

Dsc01128

実はすっぽんの肉、初めてなのよね。(この年で)

ふぐの味に似ている?太ももの部分って、かなり身が引き締まっている。

噛むとじわり旨みあり。

Dsc01130

Dsc01132

すっぽんの肝

これは焼き鳥屋さんでいただいた大好きな白レバーの味。

一口ずつ、5人で味わいます。

Dsc01134

牡蠣と生あおさのチーズ焼き

蓋付の小鍋で登場。ふたを開けるとふわっと磯のいい香り。

こりゃサプライズだね。

Dsc01136

酸味のある汁がやばいくらい美味い!

たっぷりのあおさ、ぷっくりした牡蠣、クリーミーなチーズと合わせて、堪能しました。

これにはしっかりしたお酒が合いますね~。

Dsc01137

Dsc01142

鯖寿司

これも大好物。鮮やかに〆られた身と酢飯がいい塩梅。

Dsc01146

鰤のソテー・百合根・アスパラ・菜の花添え

塩して一週間熟成した!鰤。味は…もう想像にお任せします。

Dsc01144

Dsc01147

最後にいただいた白雪。

初めていただいたけど今日のお酒の中で一番飽きの来ない好みのお酒。

次回はこれをお燗でいただこう♪

さてすっぽんの〆は雑炊か蕎麦とのこと。

蕎麦好きの5人の意見はもちろん一致。

Dsc01148

すっぽんスープ卵とじそば 

汁は生姜を効かせ優しい味に仕上げてます。

細打ちのそばで汁ごと味わいます。

Dsc01153

体も運も良くなりそう♪

Dsc01154

粗粒そば

Dsc01157

平打ちの蕎麦の表面には、超粗挽きの粒つぶが見える。

噛みしめるとじわっとした甘味がある。

Dsc01158

汁はまろやかで深い複雑な旨み。

お聞きすると10種類の醤油、2度返し、熟成、梅干しなど、この汁には工夫と手間がかかっている。

このまま舐めて味わいたい、そんな美味しさ。

Dsc01159

蕎麦湯は鉄瓶で供される。

Dsc01161

温もりを感じさせる器。(唐津焼)

Dsc01162

クリームブリュレ

絶品。

卵が濃い!

なんと四万十で放し飼いで育った鶏を使っているとのこと。卵の力をシンプルに引き出している。

Dsc01164

ごちそうさまでした。

体も心も元気なりそうです。

素材と薬膳料理にこだわった蕎麦の店、これからも楽しみです。

帰りは歩いて渋谷駅まで。意外に近くて便利。今度は迷わず行けそうです。

知花

« 虎ノ門 大坂屋砂場(虎ノ門) 初訪問 大人のオアシス 澤乃井とごぼう天のせいろ | トップページ | 室町砂場 赤坂店(赤坂) 初訪問 天もりと菊正宗 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/59295656

この記事へのトラックバック一覧です: 知花(神泉)(2015年2月閉店) 初訪問 すっぽんスープの卵とじそばと粗粒そば:

« 虎ノ門 大坂屋砂場(虎ノ門) 初訪問 大人のオアシス 澤乃井とごぼう天のせいろ | トップページ | 室町砂場 赤坂店(赤坂) 初訪問 天もりと菊正宗 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30