keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« きびや(三鷹) 蕎麦前も魅力♪大信州・穴子の煮こごり・つけ蕎麦 | トップページ | 登茂吉(鶴見) せいろ かき玉そば 鴨焼き »

2014年2月17日 (月)

ふく花(東中神) 第2回浜千鳥の会 

Dsc00758

2月11日(火)

20年ぶりの大雪がまだ路面に残る、キーンと冷えた夕暮れ時、

東中神の蕎麦屋ふく花で開催された「浜千鳥の会」に行ってきました。

Dsc00759

ふく花でいただいたのが初めてで、純米と山廃しかいただいていないけど、素直で優しい味わいがとても好印象だった。

Dsc00766

今回も素敵なパンフレットが用意されている。

浜千鳥のイラストがとてもかわいい♪

まずは磯沼ファームのヨーグルトが配られる。胃にやさしく膜を貼って、お酒をたっぷり楽しんでね、というお店の心づかいがうれしい。

今回は一人での参加だったが、前回チーズの会でご一緒したHさん、kentさん、そして良く見ると目の前には某お蕎麦屋さんのA店主(笑)

常連さんともすぐ打ちとけて、わいわいとても楽しいテーブルとなりました。

Dsc00764

南部杜氏集団の代表的な蔵元としても名高い、岩手県釜石市の浜千鳥。

ゲストに新里進社長(左)と武藤一成関東担当顧問(右)をお迎えして、

蔵やお酒のお話をお聞きしながら、会はスタート。

Dsc00773

おしながき

前回のチーズの会と違って、食材が決まっていない分、

お造りからパテまでと幅広~い内容♪

今日のお酒に合うようにコウちゃん(店主)が考えたんだろうな~。

ご主人の料理は、美味しい驚きがあって、ワクワクします。

Dsc00774

浜千鳥ラインナップ(7種類)

浜千鳥 純米大吟醸 

浜千鳥 純米吟醸 吟ぎんが仕込み 限定生酒

浜千鳥 純米吟醸 美山錦 限定生酒

浜千鳥 あらばしり

浜千鳥 にごり酒

浜千鳥 特別純米酒 無濾過生原酒

浜千鳥 特別純米酒

和らぎ水に 浜千鳥 仕込み水

大吟醸で乾杯から始まって、一本一本お酒のお話をお聞きしながら、

料理とともにじっくり味わっていきます。

Dsc00771

蕎麦こんにゃく

ふんわり優しい味に炊かれた、蕎麦の風味いっぱいのこんにゃく。

これから7種類のお酒をいただく、ウォーミングアップの一品。

Dsc00776

前菜盛り

(右から)長ネギお浸し、目鯛焼みそ、焼おにぎり、

菜の花カシューナッツ白和え、レバーパテ

Dsc00777

焼いた長ネギをお浸しにしたもの。中がとろりと甘い。

この焼みそ、目鯛の身のすり身がたっぷり!

Dsc00778

カリっと香ばしい!

烏賊の炊き込みご飯ですって。

Dsc00779

このフレッシュチーズみたいな艶やかな白和えは、カシューナッツ!

これは初めて体験する美味しさ。コクがあり、とても香ばしい。

キュっと茹でられた菜の花に、たっぷり乗っているのがうれしい。

これ、もったいなくて少しずついただきましたよ~。

Dsc00780

クラッカーに挟まれていたのは、レバーパテ。

こちらも大好評♪う~ん赤ワインもいただきたくなっちゃう。

Dsc00783

この前菜だけで、お酒はよく進みます。

乾杯の後に、いただいた「純米吟醸 吟ぎんが仕込」はオール岩手の清酒(酒米、酵母、麹菌ともに地元)は、すっきりしたほのかな酸味。

次の「美山錦」は、路線がちょっと違う。「ほのかにバニラのような香り」と説明にあるように

コクがあり、魅惑の味わい。周りの方の反応はいまいちでしたが、私は気に入って何回もお代わり。

「あらばしり」は地元酒米吟ぎんがを使用したオール岩手の純米酒・しぼりたて生酒。

フレッシュな旨みたっぷり。かなり好評でした。

「にごり酒」同じ吟ぎんがを使用したオール岩手の純米酒。同じスペック。どぶろくに近いけど、荒い目で濾過したもの。やわらかい口当たり。これも大好評。

Dsc00782

お造り

炙り〆サバ・炙りメジマグロのきらす添え

やった~♪こんなに身が厚いサバ。メジマグロも脂が乗ってます。

「きらす」はおからを酢で炊いたもの。蕎麦の実も入っています。

やさしい酸味。刺身と一緒にいただいても、そのままでも、いい肴。

このお造りには、オール岩手のお酒がよく合いますね~。

じっくり料理の味を引き立てながら、じわりと存在感を発揮する地味な実力派。

浜千鳥すっかりファンになりました。

料理のほうも、肉料理、魚料理と、交互にじわじわ盛り上がって・・

ついにクライマックスです。

Dsc00784

田舎風そばパテ

この迫力に参った。ここお蕎麦屋さんだよね。フランス料理屋にも負けない美しさ。

この「そばパテ」って、なんとつなぎがそばがきなんです!!

上州豚の塩豚を蕎麦がきでテリーヌのように固めたもの。

恐るべしこうちゃん。美味しすぎるよ(*_*)

これには赤ワインじゃなくて、ガツンと浜千鳥の特別純米酒無濾過生原酒。

合いますよ、合いますよ~。

Dsc00786

顧問の武藤さんのお勧めの絶妙に割水したお燗酒やリクエストのお燗回されて、

飲み比べで盛り上がる。浜千鳥は、冷やもお燗もとてもいい。

Dsc00788

新たまねぎといとよりの焼浸し

スーっと箸が通るほど柔らかく煮込まれた、新たまねぎ。

いとよりの淡泊な味わいとたまねぎの甘味がやさしい。

これは特別純米のお燗や、他のお燗にも合いましたね~。

Dsc00789

モツァレラ茶碗蒸し

一口いただくと、出汁がジュワ~。具は無いのかなと食べ進めると・・

Dsc00791

お餅のようなモツァレラチーズが顔出した。

噛むとじわ~っと染み出すような旨み。わ~楽しい。

ここまで書いて思ったんだけど、料理もお酒も派手に突出してないのね。

どれも美味しく、相互に高めあい、じっくり盛り上がった。

そして最後にもう一つの主役が登場する・・

Dsc00793

せいろ

きりっと引き締った辛めの汁と辛味大根でいただくせいろ。

しびれました。

Dsc00794

甘味

浜千鳥大吟 豆腐ゼリー

ごちそうさまでした。

Dsc00792

呑む・食べる・喋るのに夢中で、お酒の瓶の写真を全く撮っていなかった事!

浜千鳥 渋いラベルでかっこいいんです。

少しだけ写ってますね(^^;

ごちそうさまでした。

素晴らしい会に今回も参加できて良かった。

皆様、本当にありがとうございました。

浜千鳥HP:http://www.hamachidori.net/index.html

前回記事:ふく花(東中神) 日本酒とチーズとお蕎麦の会

前回記事:ふく花(東中神) 初訪問 初めの一歩はランチセットから

季節料理と手打ち蕎麦 ふく花 

ふく花

お店のHP:http://www.fukuhana2987.com/

ふく花ブログ:ふく花 ふくちゃんのブログ

(おまけ)

Dsc00757_2

JR東中神駅を降りると、ロータリーの周りに広がる団地群とくじらロード商店街。そのロータリーで見かけた昭島くじらの像。

『くじらってまさかクジラが出てきたんじゃないだろね~』

と思って聞いたら、その通りだった。

1961年に市内でくじらの化石が発見され和名「アキシマクジラ」と命名。約160万年前のくじらが、全骨格ほぼそのまま発掘されたのは世界でも初めてとのことで、世界的資料として博物館で保存されているんだそう・・。

« きびや(三鷹) 蕎麦前も魅力♪大信州・穴子の煮こごり・つけ蕎麦 | トップページ | 登茂吉(鶴見) せいろ かき玉そば 鴨焼き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/59141812

この記事へのトラックバック一覧です: ふく花(東中神) 第2回浜千鳥の会 :

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/18 08:48) [ケノーベル エージェント]
釜石市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« きびや(三鷹) 蕎麦前も魅力♪大信州・穴子の煮こごり・つけ蕎麦 | トップページ | 登茂吉(鶴見) せいろ かき玉そば 鴨焼き »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31