keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 土家(東村山) とっておきの日にたっぷりの時間を用意して・・・ | トップページ | 菊谷(巣鴨) 一足早い年越し蕎麦 利きそば 吟せいろ かけそば »

2013年12月29日 (日)

蕎や 月心(つきごころ) (祐天寺) 初訪問 細挽きせいろとすだち蕎麦

大学時代、良く学び、良く遊んだ女友達がいる。

喧嘩もしたし、恋愛の相談もした。落第しかかっったり、試験前にはさぼった授業のノートを見せてもらったり・・・。青春の思い出が詰まっている5人だ。

 就職し、結婚し、海外や関西に移住したり、転勤したり。それぞれの道を歩みながら、たまに会い、近況を確認し合うのが楽しみだった。

しかし、別れは突然やってきた。2人の友はもういない。30代前半と、40代前半。死んでしまうのにはあまりにも早すぎた。

ここ数年、年末に帰省する友に合わせて、「3人」で暮れに会うようになった。

心はいまでも5人のまま。あの頃を懐かしみながら、酒を酌み交わす。

「落ち着いた雰囲気で昼からさくっと呑めるのがいい」と、ここ数年はその場所に蕎麦屋を選んでいる。

Dsc00142

蕎や 月心(そばや つきごころ)

ここはSNSの蕎麦友さんが良く利用されていて、居心地良さそうだなとずっと思っていた。

今回は3名分の席だけ、事前に予約をお願いした。

Dsc00145

カウンターを兼ねた大きなテーブル席と、入口側に4名用のテーブル席のみ。

小さな店内には先客がもう3組ほど・・。

Dsc00179

入口側の明るいテーブル席に腰を下ろすと、うれしい、ひざ掛けを女将さんが持ってきてくれる。

Dsc00146

関西の土山人で修行されたご主人の蕎麦は

冷たいお蕎麦は江戸蕎麦風、温かい蕎麦は関西風の汁という。

これは楽しみだ。

Dsc00160

寒い日ではあるが、まずは生ビール(小)で乾杯。

昨年の暮れ以来、瞬く間に1年が過ぎた。

Dsc00158

揚げそば

ビールに合う。程よい塩加減で香ばしい。うれしいサービスだ。

Dsc00161

なすの田舎煮

Dsc00173

お酒のお品書き

冷・燗と区別をつけてないそうで、どれも好きな温度でお願いできるのがうれしい。

Dsc00168

百十郎 純米吟醸うすにごり (岐阜)

まずは冷酒でいただきます。

Dsc00166

鴨ハツの塩焼

「蔵王地鶏のハツを塩だけで柔らかく」とある。

火加減が絶妙。ジューシーで柔らかい♪葱も甘い。

柚子胡椒と紅葉おろしがまた合う。

Dsc00162

辛味鳥

地鶏美桜鳥のささみを辛味大根と合わせている。

この頃蕎麦屋から鳥わさが消えている。新鮮な素材の仕入れと管理が難しいのか。

鳥わさは山葵だが、辛味が効いた辛味大根との相性もとてもいい。

ここでいただけるなんて、大満足。

Dsc00171

刈穂 山廃純米 辛口(秋田)

熱燗で・・

キリっと引き締まった味わい。

Dsc00169

だし巻き玉子 2コ玉

他に3コ玉(大)のサイズあったが、2コ玉でちょうど良かった。

Dsc00172

じゅわ~っと出汁が浸み出してます。

Dsc00180

百十郎 純米吟醸うすにごり 

今度は温かくしていただいてみたい。 

女将さんに相談すると、「なら、上燗で」と細やかに対応してくださる。

Dsc00181

煎り銀杏

お菓子かアーモンド?

大きな銀杏は粉砂糖のような塩で炒られている。

指で押すと簡単に剥ける。ぷくっとした実は青々と柔らかく鮮度がとてもいい。

Dsc00199

お昼のラストオーダーの時間が近づいてきた。

そろそろお蕎麦をお願いしよう。

私は細挽せいろ。

2人は玄挽田舎蕎麦をお願いする。

Dsc00183

汁 薬味

汁は江戸蕎麦風の辛口。利尻昆布と本枯節を使用しているという汁は繊細な深み。

丁寧に作られているのがわかる。 

Dsc00188

細挽せいろ

北海道 摩周 北早生

Dsc00190

安定感のある中細切り。喉越しがよく、じわっと甘みさえ感じる。

きりっとした辛口の汁がまた合う。これはいい。

Dsc00186

(こちらは写真だけ)

玄挽田舎蕎麦

汁は同じだが、そのままでもいただけるように塩も添えられている。

Dsc00187

艶やかで、表面の蕎麦の粒子がしっかり。

こちらは数量限定、次回ぜひいただいてみたい。

Dsc00191

汁がとても美味しいので蕎麦湯が進む。

どうしてもいただきたかった蕎麦があり、最後に一杯お願いする。

Dsc00192

すだちそば

「こちらの方が伸びないから・・」と、1杯を3つに分けていただけた。

ありがたい。

Dsc00194

すだちが、かけ汁で温められ絶妙に香る。

Dsc00195

すだちを取り、汁を味わう。香りと酸味がいい感じに汁に移っている。

蕎麦は温められて、モチっとほど良い弾力と風味豊かな味わい。

すだちは少し絞ったり、そのまま齧ったり、最後まで楽しめます。

すだちそばは「冷やかけ」のイメージがあったけど、

出汁が効いた関西風の温そばでいただくのも、とてもいいですね~。

注文して本当に良かった。

ごちそうさまでした。

Dsc00196

最後に3人で記念撮影。

お忙しいのに、いろいろわがまま聞いていただいて

本当にありがとうございました。

とてもとても、いい時間を過ごすことができました。

Dsc00200

今年ももうすぐ終了ですね。

年末年始カレンダー、参考までに・・

お店のHP:http://tsukigocoro.com/menu/c8142

(おまけ)

Dsc00139

学芸大学駅からの途中見つけた

ぽかぽかランド 鷹番の湯

お蕎麦屋さんの近くです。しっかりチェック。

« 土家(東村山) とっておきの日にたっぷりの時間を用意して・・・ | トップページ | 菊谷(巣鴨) 一足早い年越し蕎麦 利きそば 吟せいろ かけそば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/58840705

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎や 月心(つきごころ) (祐天寺) 初訪問 細挽きせいろとすだち蕎麦:

« 土家(東村山) とっておきの日にたっぷりの時間を用意して・・・ | トップページ | 菊谷(巣鴨) 一足早い年越し蕎麦 利きそば 吟せいろ かけそば »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31