keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 番外編 2013年 豊島屋酒造 第15回蔵開き 蔵開きだよ全員集合(酒豪) | トップページ | 菊谷(巣鴨) ラスト前!林料理長の渾身の11月菊酔会 »

2013年12月 1日 (日)

ふく花(東中神) 日本酒とチーズとお蕎麦の会

Dsc00567

前回の初訪問がきっかけとなり、参加させていただくことになった

東中神 ふく花 のイベント 日本酒とチーズとお蕎麦の会の報告です。

日本酒と蕎麦は好き。だけど、チーズは別でしょ?ワインでしょ?そんな先入観たっぷりの私でしたが、今回のイベントは目からウロコ。貴重な美味しい体験の連続でした。

Dsc00574

今回は蕎麦友さん3名で参加。

テーブルには素敵なデザインのパンフレットとネームカードが迎えてくれる。

Dsc00579

本日のおしながき

凝ってます!わかりやすい!

「マスターこうヨーダ」って、店主の特徴とらえすぎてます~(笑)

作成されたのはスタッフ陽子さん。

Dsc00578

Dsc00583

女将さんのふくちゃんとチーズアドバイザー大和田百合香さん(写真左)の挨拶で和やかに会がスタート。

今回の珍しい企画は、お客様として来られていた大和田さんとお店の方と意気投合して、あれよあれよという間に実現したとか・・(詳しくはふくちゃんのブログで

Dsc00580

本日のチーズは大和田さんご出身でもある長野からセレクト。

松本市奈川 清水牧場チーズ工房から取り寄せている。

チーズの種類・特徴をここまできちんと知らなかったので、

大和田さんのお話はとても興味深い。じっくり耳を傾けてしまう。

Dsc00588

「まずは胃に膜をはって・・」(お酒もいただきますし♪)

生乳100%ヨーグルトと、八王子の磯沼ミルクファーム“天使のほほえみ”ヨーグルトと2種類のヨーグルトが回される。

上層部分はまるで酸味のあるバター?サワークリームの味わい。

下の部分がヨーグルトらしいなめらかな味わい。

Dsc00597

仕込み水とお酒

三連星 純米酒 無濾過生原酒 (滋賀県・ 「吟吹雪」使用)

川中島 幻舞(げんぶ) 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦 (長野県 )

天覧山 古流純米  (埼玉県 ・「キヌヒカリ」使用)

不老泉 山廃純米吟醸 備前雄町 無濾過生原酒 (滋賀県 )

浜千鳥 山廃仕込み純米酒 (岩手県・「吟ぎんが」使用)

仕込み水 浜千鳥

     

本日のチーズ・料理に合わせて何度も試飲され店主が集めた5種類。

仕込み水もたっぷり用意されているのがうれしい。

酒燗器も隣に備えられており、自由に試せるよう配慮されている♪♪

Dsc00584

チーズ盛り合わせ&お口直し

手前から

森のチーズ(非常にクセの強いウォッシュタイプ。かなり好き。)

山のチーズ(3ヵ月熟成の半硬質のウォッシュタイプ。深い味わい。焼くと香ばしい)

バッカス(10ヵ月以上熟成、硬質。パルミジャーノに似ていて、酒肴としても一番好き。)

クワルク(爽やかクリーミーなフレッシュタイプ。クリームチーズのような味わい)

口直し

トマト塩麹のせ

冬瓜のレモン煮

黄身の醤油漬け

茗荷甘酢漬け

 

Dsc00586

プティニュアージュ

小さな雲(フランス語)という意味だそう。チーズを作ったあとのホエーをもう一度加熱して出来る乳清食品。日本で作っているところは少なくレアもの。

上質のデザート、リコッタチーズをいただいているような味わい。

Dsc00592

にこちゃんマークの浜千鳥のお猪口はお土産に♪

まずは三連星からスタート。

味わい深く、表情豊かなチーズとの相性を確かめながら少しずついただいていく。

Dsc00605

酸がしっかり、旨~。チーズをじゃまするクセはないけど、しっかりした存在感。

この会、た、た、楽し過ぎます~♪

Dsc00593

黄身の醤油漬け。

果物かと思いました。ねっとり深い味わい。もったいなくて少しづつ。

Dsc00596

きのことプティニュアージュの白あえ

先ほど人気のレアなチーズを白和えにして、

下味をつけた なめこ、えのき、金時草の上にたっぷり。

これにはシビレタ。スタートから強烈、大興奮!

Dsc00604

鹿のたたきのサラダ クワルクとぽん酢のドレッシング

まず鹿のたたきが絶妙なレア具合。クリームチーズのような滑らかな酸味のチーズとぽん酢合いますね~。

これには川中島幻舞・不老泉、がっちり合いましたよ~。

お酒も美味しすぎます。

無濾過生原酒のセレクトが多い。

チーズのクセをじゃましない見事な存在感。

Dsc00607

バッカスとそばの実のリゾット

このバッカスというチーズ、美味しいと思ったら「日経なんでもランキング」“お取り寄せ可能なチーズ特集”で堂々No.1に輝いたハードチーズだったのね。

パルミジャーノのようにリゾットに使用したのは憎いね。

(チーズはもっとたっぷり使っても良かったかも。)

この頃はチーズを齧り齧りお酒をいただいていたので、味が薄く感じてしまった。

Dsc00611

山のチーズのふろふき大根

ぶ厚~いふろふき大根。これだけで充分味が浸みていて美味いのに、

味噌の上に香ばしくまろやかな山のチーズがとろり。

和にチーズって、合うのね~♪これに一番合ったお酒は不老泉のあつ燗♪(じつはどのお酒合わせても、美味しいかったけどね。)

しっかりキレのあるの天覧山と優しい味わいの浜千鳥も冷やもお燗も良かった。

Dsc00614

森のチーズとサーモンのハトシロール

ハトシロールとは長崎の名物。揚げたホットサンドかな。

クセ強いウォッシュタイプもいいソースになっている。

さらりと浜千鳥ぬる燗で合わせました~♪

Dsc00618

八王子 磯沼牧場の磯沼さんからいただいた貴重な一品。

子牛肉100%のソーセージ

東京にもすばらしい牧場があるんですね。一度行ってみたいです。

Dsc00609

料理はひととおり終了。チーズのリクエストをいただいて、お酒はまだまだいただきます。

味わいの違うお酒のブレンドがおもしろかった。一つ一つは固かったり、とんがっていたりする味わいが、合わせていただくと味が丸くなる。

浜千鳥。不老泉などいくつか楽しいブレンドテイスティング。

Dsc00620

ここの席、お酒溜まりすぎでしょ(^_^;)

お酒も料理もチーズも充分いただいた。

そろそろメインのお蕎麦です。

Dsc00619

Dsc00621

せいろ(気持ち少な目)

新そば 粗挽き 粉は長野県茅野から仕入れているとのこと。

艶やかさが前回より増している?

Dsc00625

一口いただいて・・・!!!

甘くて、もちっとしたコシがあって、前回よりさらに、さらにいい。

汁につけてさらに深みが増す味わい。

Dsc00627

こうちゃんブラボー♪

女将さん、大和田さん、陽子さん、とてもとても素晴らしい会でした。

ご一緒いただいた皆様ありがとうございました。

前回記事:ふく花(東中神) 初訪問 初めの一歩はランチセットから

お店のブログ:ふく花 ふくちゃんのブログ

« 番外編 2013年 豊島屋酒造 第15回蔵開き 蔵開きだよ全員集合(酒豪) | トップページ | 菊谷(巣鴨) ラスト前!林料理長の渾身の11月菊酔会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/58670010

この記事へのトラックバック一覧です: ふく花(東中神) 日本酒とチーズとお蕎麦の会:

« 番外編 2013年 豊島屋酒造 第15回蔵開き 蔵開きだよ全員集合(酒豪) | トップページ | 菊谷(巣鴨) ラスト前!林料理長の渾身の11月菊酔会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31