keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 森ファーム(古河) 第11回そば祭り 高橋名人の蕎麦をいただく | トップページ | 神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー① アトリエコータ デザートは目の前で仕上げて♪ »

2013年11月10日 (日)

ふく花(東中神) 初訪問 初めの一歩はランチセットから

10月上旬、立川で開催した「全国152蔵の美酒~きき酒会」に蕎麦友さんと行った帰り、

せっかくだから近くの蕎麦屋に行こう♪と計画。

東中神駅(中央線立川駅から青梅方面行きに2つ目)徒歩3分、『ふく花』に行ってきました。

まずは、朝からのきき酒会のご報告。

台風で中止になった「武蔵の國酒祭り」のお酒をそのまま「きき酒会」に移行したイベント。あいにく今日も冷たい雨。天気に恵まれませんね。

当初は大國魂神社(府中)の境内で開催する予定だったのですが、今回の場所は酒造会館ビルの中。

『こじんまりと東京の地酒を中心にいただけるのかしら?』

なんて、あまり期待せず(失礼しました)、軽~くのぞいて、さっさと出ようと思っていたのだが・・・・。

10時半開場とともに入ると、会場は2階と4階の5部屋!その各ブースがとても広い!

本当に152蔵あるの?!!各部屋には北海道から宮崎までの152蔵の酒がずら~り。

日本全国わざわざ行かなければ出会えない貴重な小さな蔵がいっぱい。

ビルの中を行ったり来たり、全国地酒めぐり。とても興味深く、楽しい美味しい時間だった。

しか~し、キツイ。

片っ端からいただいてみたい気持ちを抑え、いただいた事のある銘柄は涙をのんでスルー。

一口いただいては、水を飲み飲み、どうにか3合ぐらい?に抑えられたかしら・・(^_^;)。

Dsc_4218

初めて降りる東中神駅。冷たい雨もやっと小止みになってきた。

大きな商業施設もなく、駅前に中層の古めの団地がある。駅ロータリーの商店街も控えめ、かなり地味な駅だ。

ふく花は、駅前のこの団地のさらに中庭に面した1階にある。

平日は夜営業のみで、金・土のみ昼も営業している。

Dsc_4220

店の前には浜千鳥の菰かむり。

東日本大震災の時、被害を受けた蔵の中で、被災を免れた酒樽。

縁起物として店の前に飾られている。

「いらっしゃいませ」

元気なご主人とにこやかな女将さんの挨拶に迎えられた店内は小さ目。カウンターとテーブル3卓、小上がり1卓、黒基調の和モダンで落ち着いた雰囲気。

まだ誰もいない店内のカウンター席に腰を下ろす。

何も食べずにきき酒会場を回っていたので、お腹はペコペコ。

とにかくボリュームのあるものがいただきたい。

Dsc_4238_3

いただいたのは・・

Dsc_4222

ポテトサラダ 生ハム添え(自家製マヨネーズ)

コクがあってしっとりして美味い。これはごちそうサラダ♪

Dsc_4223_2

生ビール(小)

これでひと休み?

今日はちびちびいきます。

Dsc_4224

お碗で供されたのは・・・

Dsc_4226_2

牛すじとアキレス腱の煮込み

とろり、ほろほろに煮込まれた牛すじがいい。プルプルのコラーゲンたっぷりの汁も意外にさっぱり、いい塩梅。

Dsc_4230_2

東中神そばコロッケ

Dsc_4232_2

中にはジャガイモではなく、蕎麦と挽肉!

カラリとした香ばしい衣にさっぱり蕎麦がマッチング~。

Dsc_4234_2

菊の花の酢漬

Dsc_4263_2

ボリュームのある温かい料理で、お腹もかなり落ち着いた。

お燗をゆっくりいただきましょう。

いただいたのは

浜千鳥 山廃

浜千鳥 純米

どちらもじんわり燗映えのする、やさしい旨酒。

こちらでは定番は浜千鳥ですが、他にも地酒がしっかり揃っています。

(酒のお品書きボードあり。取り忘れ。)

冷たい雨の中仕事中だったという素敵な友人も、偶然加わって、

初めてだったのに、ご主人と女将さんといろいろお話することができました。

スペシャル感謝。

Dsc_4242_2

昼営業の時間だけど、夜のメニューを見せていただく。

魚料理が充実しています。

Dsc_4241_3

雨で空いていたので、夜のおこんだてを一品みんなでいただきました。

さんま塩焼き

焼く前の姿を見せていただいたが、大きく身がふっくら、鮮度もいい。

皮パリッと焼き加減も絶妙。

これは夜が楽しみですね。

Dsc_4235

初めてのお店なので、もりそばをいただこうと思ったら、

「週末限定のランチセット」が炊き込みご飯も付いていて、おすすめという。

お腹がいっぱいだったが、前菜も肴になりそうなのでお願いする。

Dsc_4239

(前菜)

ほうれん草のお浸し

あじ南蛮

大根の焼き浸し

どれも丁寧な仕事がされていて、これだけで蕎麦前楽しめちゃいますね。

Dsc_4253_2

もりそば

薬味 葱、辛み大根、山葵。これを見ただけでもドキッ。仕事が丁寧。隙がない。

汁 スッキリな中に、鰹の深い旨味じわ~。辛めで、好きなタイプ。

Dsc_4254

蕎麦は微粉、長野県茅野よりで製粉され仕入れられている。

ご主人がのして、女将さんが打たれているとのこと。

つやつや、香りもほんのりあり、程よいコシと喉越し。

いい蕎麦ですね。

Dsc_4248_2

本日の炊き込みご飯

栗ごはん

「皮むきが大変だった」とふくちゃんのブログにも書かれていた。

ほんのりお醤油の香りが広がる、蕎麦の実入りの栗ごはん。

ほっくり香ばしい秋の恵み、楽しみました。

お腹いっぱいでもこれは完食^^;

Dsc_4267

本日の甘味 (ぶれてますね)

大吟醸酒粕のゼリー

甘いもの苦手な男性でも、ペロリといただけそうな渋い一品。

Dsc_4259_2

さらり白濁した蕎麦湯。汁と薬味でたっぷり堪能しました。

Dsc_4269

冷たい雨はあがったようです。

ごちそうさまでした。

このお店は絶対夜に伺いたい。お酒の品揃えも程よいし、何より料理に惹かれます。

そんな事を聞かれてしまったのでしょうか。

11月4日予定のめずらしいイベント「日本酒とチーズとお蕎麦の会」へのお誘い。

ついつい予約してしまいました。

チーズに合わせたご主人コウちゃん(もう友達かい!?)の料理、とても楽しみです。

って、もう過ぎてるじゃん。(アップ遅くてすみません。)

詳しくは次、次回に(汗)

季節料理と手打ちそば ふく花

ブログ:ふく花 ふくちゃんのブログ

« 森ファーム(古河) 第11回そば祭り 高橋名人の蕎麦をいただく | トップページ | 神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー① アトリエコータ デザートは目の前で仕上げて♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/58512098

この記事へのトラックバック一覧です: ふく花(東中神) 初訪問 初めの一歩はランチセットから:

« 森ファーム(古河) 第11回そば祭り 高橋名人の蕎麦をいただく | トップページ | 神楽坂半日ぶらぶらsobaツアー① アトリエコータ デザートは目の前で仕上げて♪ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31