keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 近江 そば・酒・城めぐり①湖北編 鯖寿司・焼き鯖そうめん・地元の手打ちそば | トップページ | 近江 そば・酒・城めぐり③ 安土・近江八幡編  »

2013年9月17日 (火)

近江 そば・酒・城めぐり②彦根城編 つる亀庵 伊吹そば

Dsc_3239

夏の旅は早朝がいい。

風呂も、宿の設備も今三歩と、残念な宿ではあったが、

夜明け前の窓からの景色には、息を飲む。

普段は寝坊助で付き合いの悪い学生までが、一緒に散歩に出かけるという。

Dsc_3286

Dsc_3324

誰もいない、湖畔を約半周。ここは昔、古戦場でもあった場所。

日の出までの微妙な空の変化を、家族3人で贅沢に楽しむ。

チェックアウトして、再びレンタカーを運転。

彦根を目指す。

Dsc_3331

到着は11時。

しまった。遅すぎた。ひこにゃんに会えない!

一日3回しか出てこないのね~。

Dsc_3373

彦根城は思っていたよりかなり高台にある。

アンバランスな幅の階段を延々と進み、へとへとになってたどり着く。

しかし、天下の名城。江戸時代の城郭がほぼそのまま残り、

三重の天守も、規模は小さいながらとても美しい。

Dsc_3352

琵琶湖を望む景色は爽快。

さて、お昼も過ぎ、休憩がてらに飛び込んだのは、

お城の正門から近いお蕎麦屋さん。

私以外の2人は夏バテと夏風邪。何だかゲッソリしています。

Dsc_3383

献上伊吹そば つる亀庵

Dsc_3422

天井が高く、開放的な店内。平日なので空いています。

Dsc_3402

運転手なので飲めませんね。

滋賀県の地酒が揃っています♪

Dsc_3406

伊吹は日本の蕎麦の発祥地とされる説もあるそう。

Dsc_3394

Dsc_3411

お腹をこわした学生は

かけそば

Dsc_3412

風邪気味の連れは

温ごぼう天そば

Dsc_3415

珍しく元気な私は

冷やかけごぼう天おろしそば

Dsc_3419

ひと通りいただきました。

冷たいそばは、茹でが少し短いのか、固かったのが残念。

連れの温ごぼう天そばは、とても美味しかった♪

ごちそうさまでした。

彦根城近くに泊まった時など、蕎麦いただきたい時に、便利。

湖国の佃煮と滋賀の地酒で、そば前できたら楽しそう。

Dsc_3397

Dsc_3398

Dsc_3399

最後に具合の悪い2人を残して、もう一度彦根城博物館へ、ダッシュ!!

2回目の出演時間、終了5分前・・・

Dsc_3425

ま、間に合った~heart04

ひこにゃんは暑さ対策で?ずっと日陰にいましたよん。

献上そば つる亀庵

滋賀県彦根市立花町1-1

電話:0749‐26‐2615 

営業時間:11:30~20:00 

定休日: 水曜日

お店のHP: http://www.ichien.jp/tsurukian/

大きな地図で見る

« 近江 そば・酒・城めぐり①湖北編 鯖寿司・焼き鯖そうめん・地元の手打ちそば | トップページ | 近江 そば・酒・城めぐり③ 安土・近江八幡編  »

コメント

素晴らしい写真1 こうロケーションだけで大満足です(^^;
 蕎麦ももちろん、美味しそうです。この方面は不案内ですが、いいですね~♪

まあやん様

うれしいコメ、ありがとうございます♪
そうなんです。この景色に会えただけでも、
今回行って良かったな~とつくづく思いました。

蕎麦はかなり生産されているようなので、
滋賀産の蕎麦(&酒)個人的にも注目していきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/58207142

この記事へのトラックバック一覧です: 近江 そば・酒・城めぐり②彦根城編 つる亀庵 伊吹そば:

« 近江 そば・酒・城めぐり①湖北編 鯖寿司・焼き鯖そうめん・地元の手打ちそば | トップページ | 近江 そば・酒・城めぐり③ 安土・近江八幡編  »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30