keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 番外編 エン座長谷川  大矢さんを囲む会  昇る龍のごとき酒 | トップページ | みわ(井荻) (2011年9月)冷かけと穴子の天ぷら »

2013年6月22日 (土)

無庵(立川) 初訪問 平日の温泉&蕎麦悠膳コースで心の洗濯

Dsc_1895

平日休みを取った目的は、購入してから一度も使っていない登山靴のデビューだった。

しかし、あいにくの雨。台風が近づいてきているんならしょうがない。これで3回目の中止。

さて、前日に急きょ予定変更。

日帰り温泉と蕎麦。

何だ、かえってイイじゃない♪

実は体も心もへとへとなんです・・

Dsc_1894

西武線から国分寺、立川と乗り換え南武線矢川駅で降りる。

懐かしいな。閉店してもう2年近く経つ元蕎麦屋の前を通る。

雨の中、多摩川沿いを歩いて行くと、生鮮ホームセンターの横に

見えてきました 国立温泉湯楽の里

Dsc_1902

露天風呂から流行りの高濃度炭酸泉、塩サウナまであって平日800円。

今回は奮発して韓国式あかすりにも初挑戦。

一皮剥けて?リンパマッサージも心地よくリフレッシュ。

館内でも飲食ができ一日のんびり過ごすのもいい。

しかし、昼前には次の目的地へと向かう。

天気が良ければ歩いて目指すのもありですが、バス、JRで立川駅まで戻ります。

北口から賑やかな駅前のビルを抜けると、静かな低層のマンションや住宅が続く細い道。

蕎麦懐石 無庵。

まだ行ってなかったの?と思われるでしょう。

実は何度かトライしてはいたんですね。(時間が合わなかったり、予約は前日までだったり)

今回はしっかり前日に昼のコース予約を入れたので安心ですね。

Dsc00795

Dsc_1910

こんもり緑の樹木にから顔を出したのは、趣のある古民家調の佇まい。

ここだけ別世界。

Dsc_1912

雨の平日でももう3組のお客様。

蕎麦屋というより、鎌倉にでもありそうなクラッシックなフランス懐石料理を扱うお店のようでもあり、渋い珈琲専門店にでも良さそうな、洗練された雰囲気。

Dsc_1969

スピーカーから響いてくる音楽が静かに奥まで伝わってくる。

棚にはナットキングコールなど、ジャズを中心にしたLPが並んでいる。

Dsc_1978

Dsc_1913

品書き(飲物)

Dsc_1916

まずは、エビスビールで喉を潤して・・

Dsc_1918

雲丹のせ蕎麦豆腐 

えんどう豆と豆乳のソースとかえしベースのソースがかけられている。

モッチリ感は葛がしっかり入っているからかな。クリーミーな味わいな中に、かえしがきりっと引き締めてます。

ちょっと贅沢なスタート。

Dsc_1923

お品書き(日本酒)

五日市(東京)の喜正を置いているのは珍しい。地元のお酒を選んでいるのっていいですね。

他に、愛宕の松(宮城)といづみ橋の夏酒、黒龍、太平海純米おりがらみもあるという。

Dsc_1934

いづみ橋 生 夏やご

18度でロックも良いとのことだが、そのままでいただく。

すっきりした中にも、力強い存在感。

Dsc_1930

焼き味噌

峻烈な山椒香り、味噌なのにお肉のような香ばしさがあり

とても気に入ってしまう。

Dsc_1925

前菜盛合せ

(一番上から右回りに)

五目白和え

出汁巻玉子

きゃら蕗・お茶の葉と山椒の佃煮

青梅のシロップ漬

でか菜のお浸し

わらびの信田巻

鴨ロースト

新生姜の甘酢漬

Dsc_1927

でか菜などの野菜は自家栽培されているとのこと。

新鮮で美味しい。

どれも丁寧な仕事、味わい深い。

肉汁じゅわ~の鴨ローストも絶品。佃煮もわらびも好物ばかり。

ひそかに興奮しております。

これじゃあお酒もじゃんじゃんいただきたくなってしまう。

Dsc_1935

喜正 

お燗が旨い。本醸造だが、料理にじゃまをしないすっきりしたいいお酒。

せっかく東京の西に来たのだし?

今日はこれをメインに(フトコロにもやさしいしね)しましょう。

Dsc_1937

メジマグロ土佐酢漬け

赤い実はゆすら梅って、プチトマトみたいな珍しい実。

魚の味は普通でしたが、さっぱりとボリュームがあって満足。

Dsc_1943

天ぷら

ズッキーニ・いんげん・キス

Dsc_1947

ズッキーニは畑で獲れたもの。

ヤングコーンのようなサイズ。

塩でさくっといただきました。

Dsc_1953

Dsc_1968

マダムやシニア、比較的若いカップルやビジネスマン風の男性客など、

平日にもかかわらず幅広い客層で支持されているよう。

さて肴もお酒も楽しんだ。

お蕎麦をお願いする。

Dsc_1957

せいろ

薬味は辛み大根のみ。

量はコースなので少な目。

Dsc00804

ホシが散りばめられた、粗挽きの細打ち。

芳しい蕎麦の香りもほんのり感じ、一口いただくとざらりとした食感、ほど良い腰。

喉越しもいいけど、これはしっかり噛みしめて味わいたい。

Dsc00802

辛目の汁も蕎麦に良く合う。

贅沢言えば、もっと蕎麦を「いっぱい」いただきたかった。

Dsc_1967

蕎麦湯はさらりとほんのり白濁。

濃いタイプも好きだけど、汁の良さをシンプルに味わうにはこのくらいもいい。

Dsc_1976

デザート 梅の甘露煮

これがとろり汁まで旨い。梅のエキスたっぷり。

いただいたのは

お昼の蕎麦悠膳 3500円(平日のみ)のコースでした。

ごちそうさまでした。

とっておきの時に利用したい、大人の素敵なお店です。

さて、次回山登りリベンジは高尾山で西八王子あたりもいいかな~。

蕎麦懐石 無庵

お店のHP: http://www.muan.jp/

« 番外編 エン座長谷川  大矢さんを囲む会  昇る龍のごとき酒 | トップページ | みわ(井荻) (2011年9月)冷かけと穴子の天ぷら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/57595395

この記事へのトラックバック一覧です: 無庵(立川) 初訪問 平日の温泉&蕎麦悠膳コースで心の洗濯:

« 番外編 エン座長谷川  大矢さんを囲む会  昇る龍のごとき酒 | トップページ | みわ(井荻) (2011年9月)冷かけと穴子の天ぷら »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31