keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 千寿竹やぶ(北千住) 微粉・手挽き粗挽き・田舎の蕎麦三昧♪ | トップページ | 手造り蕎麦 季より(牛久) ゆったりソファーで石臼手挽きそばのコース »

2013年5月 7日 (火)

番外編 シャトーカミヤ(牛久) 蕎麦前に地ビールと電気ブラン

Dsc_0906

GWの合間の平日。たまたまお休みが取れた蕎麦仲間と、普段は行けない茨城県牛久のお蕎麦屋さんへ。

常磐線ではるばるやって来ました。

小一時間ほど早めに行って、牛久周辺でプチ観光。

Dsc_0908

駅東口(シャトー口)を降り、シャトー通りと、

この町は「シャトー」一色!?

小雨降る強風の中目指したのは・・

Dsc_0910

シャトーカミヤ。

http://www.ch-kamiya.jp/

ワイン・地ビールを醸造しているところらしい。ならぜひ寄ってみましょう。

11時に到着したら、ほとんど人影無し。

つつじが満開の庭園を散策。

Dsc_0912

ワイナリーぶどう畑

規模は小さく、試験栽培のみ行っているそうです。

園内のショップはほとんど11時半からの営業。

早めに入れるオエノンミュージアムでお酒に関する資料を少しだけ見学。かなり興味深い資料が多く、時間のある時に今度ゆっくり訪れてみたい。

Dsc_0917

国指定重要文化財の本館は残念ながら工事中。

Dsc_0916

その代わりに~、完成予想図です(^_^;)

仲間も一人加わって、お土産を見にスーベニアショップへ移動。

Dsc_0919

うれしい試飲タ~イム。

「カミヤ」ってどこかで聞く名前と思ったら、電気ブラン神谷バーと関係があるらしい。創業者神谷傳兵衛氏が、このシャトーカミヤと神谷バーをつないでいる。

Dsc_0920

電気がめずらしい明治の頃に、「真新しいもの、ハイカラなもの」として電気○○という表現がされていたそう。電気のようにビリビリとすばやく酔えるお酒としても、人気があったとのこと。

さっそくですから、いただいてみました。

ブランデー・ジン・ワインキュラソー・薬草などがブレンドされているというそのお味は、ビリビリした辛さの中に、ほんのり甘さを感じる。ブランデーを中心とした中に複雑な味がいっぱい。深みはあまり感じられないが、アルコール40度は効く~。

他にひと通りワインもいただいて、お土産もしっかりゲット。

Dsc_0926

こちらでは1年を通してブルワリーで地ビールを作っている。

園内ではいくつかこのビールをいただくことができる。

今回短い時間でビールをいただいたのは

ラ・テラス・ドゥ・オエノン

という緑あふれる庭園を望める明るいレストラン。

Dsc_0928

11時半からオープン。

蕎麦(の)前なので、控えめにグラス小(450円)で一杯ずつ。

Dsc_0923

左から桜酵母のビール

中 メイボック

右 ペールエール

ひと通りお味見。どれも美味いが、メイボックが一番飲みやすいかな。

Dsc_0924

新緑の中で乾杯。

最高~です♪

今度、このビールをいただくために牛久を訪ねるのもいいな~。

お土産に購入した

牛久シャトービール へレス

牛久シャトービール デュンケル

どちらも、とても美味しいビールでしたよ。全種類いただいてみたい。

さて、雨も止んだ。お蕎麦屋さんを目指しましょう。

(続く)

« 千寿竹やぶ(北千住) 微粉・手挽き粗挽き・田舎の蕎麦三昧♪ | トップページ | 手造り蕎麦 季より(牛久) ゆったりソファーで石臼手挽きそばのコース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 千寿竹やぶ(北千住) 微粉・手挽き粗挽き・田舎の蕎麦三昧♪ | トップページ | 手造り蕎麦 季より(牛久) ゆったりソファーで石臼手挽きそばのコース »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30