keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 中清(吉祥寺) あの日を忘れない。そして前へ。 | トップページ | 菊谷(巣鴨) 江戸蕎麦料理 春の章 »

2013年4月13日 (土)

番外編 雨の合間の花の宴 

Dsc_0255

3月の最終日。

古川修先生の花見の会に、東京近辺に住む蕎麦栽培の仲間と参加させていただいた。

早朝と午後が雨の天気予報。

開催があやぶまれた花見の会は予定時間1時間早く都内の公園に集合。

明け方まで降っていた雨。地面はとても冷たい。

まずはうれしいウェルカムドリンク、奥播磨のお燗で体を温める。

迎えてくれたお酒は古川先生セレクトの、うれしいラインナップ。

(私も仕込んだばかりのお酒を少しばかり持ち込んだ。)

Dsc_0266

Dsc_0252

チロリと携帯用のお猪口セット。

Dsc_0260

本日の花見弁当。デザートまである、フルコースである。

先ほどちらりとお見かけしたお方は、池袋坐唯杏の竹内さん。

花見弁当を届けてすぐに帰られてしまった。

こちらの素晴らしいお弁当は、ほとんど寝ないで作られたとのこと。

本当にありがとうございました。

Dsc_0259

カラスミの炙り、玉子焼き、鴨焼き、山菜の天ぷら、煮物、炊き込みご飯と鯖寿司・・

どれも一品一品最高に美味い。こんな贅沢なお弁当初めての経験。

お弁当として、時間が経っても楽しめるようしっかり考えられている。

坐唯杏は、菊谷の林料理長のご出身のお店でもあり、

この半端ない気合の料理にはもうノックアウト。

今後ぜひとも行かねばなりませんね。

Dsc_0262

天はわれらの味方となった。

うっすら日が射してきた。

(結局午後の雨もすっとんでしまった。)

Dsc_0268

Dsc_0269

Dsc_0274

カセットコンロでもちろんお燗もばっちりいただけます。

Photo

桜満開の木の下で、夢を見ているような楽しい、そして美味しいひと時でした。

お昼にはお酒をすべていただいて、お開き。

先生、奥様、そしてご一緒いただいた皆さま

ありがとうございました。

楽しかった~。

« 中清(吉祥寺) あの日を忘れない。そして前へ。 | トップページ | 菊谷(巣鴨) 江戸蕎麦料理 春の章 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/57140773

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 雨の合間の花の宴 :

« 中清(吉祥寺) あの日を忘れない。そして前へ。 | トップページ | 菊谷(巣鴨) 江戸蕎麦料理 春の章 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31