keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 紗羅餐(さらざん) ミッドランドスクエア店(名古屋) 冬のそば旅 名古屋・岐阜② | トップページ | 吉照庵(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜④ せいろ、煮込みそば、美濃地酒♪ »

2013年3月10日 (日)

胡蝶庵 仙波(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜③ 蕎麦三昧と手碾蕎麦

Dsc_9245

翌朝朝食も摂らず、名古屋駅から東海道本線特別快速に乗り20分。初めて降りる岐阜の駅。

駅前ロータリーのある広場の中央にキラリと光る銅像が見える。

Dsc_9250

黄金の織田信長像に迎えられ、2日目の旅は始まる。

Dsc_9048

岐阜バス市内ループ線(右回り)に乗る。観光の名所を通るバスでもあるせいか、ここでも織田信長。バスのシート、つり革、天井までお城の中にでもいるような徹底した雰囲気が面白い。でも信長ちょっと美化しすぎですね(-_-;)

Dsc_9054

「忠節」のバス停を降り、静かな住宅街を通り抜け、約徒歩10分。

開店10分前に着いてしまった。

Dsc_9057

胡蝶庵 仙波

はるばる来たわ。

ここへの思いが募ったのは、昨年胡桃亭で村上店主の粗挽き蕎麦をいただいたのがきっかけ。同じ粗挽き蕎麦でどのように違うのか、どうしても訪ねてみたかった。

Dsc_9062

Dsc_9065

Dsc00454

2月の中旬、きーんと冷え切った空気。

BGMの無い静かな空間。

名前を告げると、女将さんが奥の和室を案内してくれる。

Dsc00456

Dsc00448

Dsc_9078

蕎麦三昧 3675円

2人分のざる蕎麦を一枚手碾き蕎麦でお願いしてある。

Dsc_9081

お酒のお品書き

日本酒は3種類。まずは良く知っている岐阜のお酒から。

Dsc_9076

房島屋 純米吟醸 五百万石50%精米 

冷酒でいただく。黄金色にうっとりする私。だんだん名古屋・岐阜の文化に染まってきたのだろうか?

このお酒、すっきりして、旨味もじわり。とても美味しい。

Dsc_9071

そば寿司

Dsc00464

すし酢で程よく〆られた蕎麦に、玉子焼き、干ぴょうなど

彩りよく巻かれ、海苔の風味とともに楽しめる。

Dsc_9086

吸物

Dsc00470

そばがき

Dsc00474

粗挽きの蕎麦の風味をダイレクトに味わえる一品。

弾力がしっかりあり、もっちりしている。

そのままうっとりいただいて、

あとは添えられた塩と醤油で肴にして楽しむ。

Dsc_9091

房島屋 純米吟醸  燗

お土産に買って帰りたいくらい、美味しい。

ここの蔵もいつか行ってみたい。)

Dsc00475

卵巻き

甘くなく、旨みのしっかりした出汁たっぷり、ふんわり仕上がってます。

層のひだが幾重にも見事。

きりりと辛い大根と一緒にいただきます。

Dsc_9119

達磨正宗 熟成古酒 日本晴70%精米

お燗でいただきました。期待通りの味わい。

これも岐阜のお酒なんですね。

Dsc00481

天ぷら

海老2本、ヤングコーン、しし唐

塩とレモンが添えられて。

カラリ、ほくっと美味しい。

いつも間にか、隣の個室も、テーブル席もほとんど満席の気配。

店主と女将さん以外にはもう一人ぐらい従業員の方がいるようには見えなかった。忙しそうである。コースで良かった。

Dsc_9146

香の物

胡瓜、沢庵、蕪の甘酢漬

Dsc_9120

ざる蕎麦

Dsc_9122

粗挽き十割 細打ち

蕎麦の香りが濃い。

Dsc_9124

一口いただいて衝撃。また一口。また一口。

ざらりとした食感、ほど良い茹で加減。

蕎麦の甘み、旨味を目と舌と鼻と喉でたっぷり楽しみました。

汁は出汁がしっかり効いてさっぱり甘さ控えめ。関東で慣れている濃い目ではないもの。蕎麦だけで美味しいのであまり使いませんでしたが、蕎麦を引き立てる、控えめな存在でした。

これで大満足していたら、次に・・

Dsc_9128

手碾き蕎麦

Dsc_9126

もう目でヤラレマシタ。

超粗挽き 十割 中太打ち。

Dsc00488

蕎麦の粒々がびっしり詰まってます!

一口いただくと、ざらり。むあ~っと穀物の風味が広がり

噛むとまた甘みもじわり。恐るべし。

都内でいくつかいただいたことがあるけど、

ここまでの粗挽きは初めてかも。

Dsc00493

さっぱりした汁にしっかりつけて味わうのもいいが、

こちらの蕎麦は塩でいただいた方がもっと良さを引き立てる。

Dsc_9145

もう一枚、ざる蕎麦いただきたかった~。

Dsc_9150

蕎麦湯は別誂えのしっかり白濁したもの。

汁と薬味で余韻を楽しみました。

Dsc_9153

水菓子

苺、パイナップル、オレンジ、キウイ

季節感は無いけど、やっぱりうれしい。

ごちそうさまでした。

Dsc_9068

開店から約1時間半。

店内はピークを迎えている。

お会計の時、女将さんに短く感想を伝えご挨拶。感動を胸に次の目的地へ向かう。

« 紗羅餐(さらざん) ミッドランドスクエア店(名古屋) 冬のそば旅 名古屋・岐阜② | トップページ | 吉照庵(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜④ せいろ、煮込みそば、美濃地酒♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/56877312

この記事へのトラックバック一覧です: 胡蝶庵 仙波(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜③ 蕎麦三昧と手碾蕎麦:

« 紗羅餐(さらざん) ミッドランドスクエア店(名古屋) 冬のそば旅 名古屋・岐阜② | トップページ | 吉照庵(岐阜) 冬のそば旅 名古屋・岐阜④ せいろ、煮込みそば、美濃地酒♪ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31