keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 初参加 里山創遊会④ (那須塩原) 芳賀 刈取編 | トップページ | 吟八亭 やざ和(亀有) 初訪問 吟ほろろに田舎せいろ »

2012年12月 1日 (土)

秋空の芋煮会 手打ちそば付(あきる野市) 明るい農村っていいな~♪ 

11月最後の日曜日。見事な快晴である。

JR五日市線 武蔵五日市駅に降り立つと、紅葉を楽しまれるハイカーでカラフルに賑わっている。

瀬音の湯・秋川渓谷・喜正(野崎酒造)など、何度か利用したことがあるこの駅だが、

今回の目的はなんと「芋煮会」。

江戸ソバリエのお友達であるK林さんから、仲間と作られているという野菜の収穫祭にお呼ばれした。

『防寒対策をしっかりと。さらにセーター1着用意』

とあったのでヒートテックを2重に着込んできた。冬目前のこの時期は、晴れでも空気がぐっと冷たい。

まずは紅葉が見ごろの広徳寺へ向かう。

Dsc_6835_2

総門(市指定文化財)の前に立ち、思わず息を呑む。

Dsc_6799

門をくぐると大きな2本の銀杏の木が見事な紅葉のピークを迎えていた。

Dsc_6811

少しだけ風が吹いてきて、いっせいに銀杏の葉の舞い落ちる。

これを銀杏ふぶきというのだろうか・・

昨年より開催時期を1か月ずらしたのは、この紅葉に合わせたためだったそう。

なんていう幸運♪

境内には他にもさまざまな紅葉のスポットがあり、約1時間しっかり散策。

駅からは徒歩30分。タクシーで10分という立地ではあるが、

この時期はわざわざ訪れる価値十分の名所だ。

ここから山をのんびり下りて会場の畑へ向かう。

のどかな畑や民家の中を進んでいくと・・

山麓の畑から煙が立ち上っているのが見えてくる。

Dsc_6838

大きな窯には薪がくべられ、芋煮用の鍋からは湯気が立ち上っている。

ドラム缶には暖が取れるよう木がくべられ、バーベキュー用の大きな鉄板もすでに炭の用意が・・。

私たちが紅葉を楽しんでいる間に、会場の用意が進んでいた。

Dsc_6839

手作り感あふれたのどかな会場に圧倒されていたら、竹で作ったコップが配られる。

日本酒の吟醸純米酒と濁り酒を冷やでたっぷり注がれて。

Photo

十数名と聞いていたが、実に二十名。

東京だけでなく神奈川、埼玉からも来られており、初参加の方も多い。

同級生、ご夫婦と、K林さんのご友人中心に集まっている。

まずは乾杯~。

いや~旨い♪昼間から穏やかな秋晴れの下でいただくお酒、わくわくするような楽しさ。

Dsc_6842

準備がまだ途中なので皆で手分けして芋煮会の用意にとりかかる。

蛇口からは少し濁った沢の水しか出ないので、ポリタンクに飲料水もたっぷり用意されている。(運ぶの大変だったと思います・・)

2本しかない包丁で、鍋とBBQ用の野菜切りも始まる。

Dsc_6846

うれしいのは日本酒の種類が豊富なこと。

先日の豊島酒造の蔵開きに行かれた方が多いらしく、金婚などの地酒が勢揃い。他にも菊正宗など差し入れが多い(写真失念)。

料理の準備をしていても、「これ美味しいよ」と一升瓶も運ばれてくるのがうれしい。

おかげでピッチが速い~。

Dsc_6847

見事なほうれん草。

これは後でお浸しに。

Dsc_6845

白菜の葉はサラダ、芯に近い方は鍋に運ばれる。

大根・葱。これらの野菜は、朝この畑で収穫されたものがほとんど。

Dsc_6848

水菜、赤茎ほうれん草。

私はサラダのお手伝い。

包丁がないので2~3名で大胆に手でちぎっていく。

洗った発砲スチロールを大皿にして、豪快に盛りつけられる。

Dsc_6859

つまみ食いしたほうれん草の茎、甘くて美味しい~。

Dsc_6852

呑みながら作業していると、生ハムのうれしい差し入れ♪

みずみずしい赤茎ほうれん草の葉を巻いていただく。

ご馳走です。

Dsc_6878

近くに生えている柚子。たっぷり絞り入れ、軽く塩コショウと市販のドレッシングで合える。

山盛り畑のサラダの出来上がり~。

Dsc_6870

サラダを楽しんでいると、大鍋の芋煮も出来上がる。

鍋奉行を担当していただいたのは仙台ご出身の男性。

里芋、大根、葱、人参、豚肉と具はシンプル。ほんのりと醤油の味付け。

これが凄い。

魔法をかけたような驚きの美味さ!!

このスープには皆絶賛!何度も何度もおかわりしてしまいたね。

Dsc_6873

バーベキューの目玉は東京軍鶏

塩コショウだけで肉汁じわ~。

カボチャ、サツマイモなど畑の野菜も楽しみます。

Dsc_6872

雲一つない穏やかな晩秋の午後。野菜の恵みに感謝しながらのほろ酔い。

う~ん、なんて贅沢なんでしょ~。

Dsc_6875

ここで〆の蕎麦の登場。

この芋煮会でまさか手打ち蕎麦がいただけるなんて・・・

さすがです!K林さんが朝4時起き!で打たれたとのこと。

Dsc_6877

角が立って見事に揃っている。香りもしっかりの北海道産。

もりも良かったけど、温かい汁でいただいたら、さらにモチっとして美味しかった~。

ごちそうさまでした。

キラキラ輝いて素敵な方ばかり。

究極の大人の芋煮会。

参加させていただきまして本当にありがとうございました。

Dsc_6892

帰りは秋川を通り、武蔵五日市駅までのんびり歩いて帰りました♪

« 初参加 里山創遊会④ (那須塩原) 芳賀 刈取編 | トップページ | 吟八亭 やざ和(亀有) 初訪問 吟ほろろに田舎せいろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/56227279

この記事へのトラックバック一覧です: 秋空の芋煮会 手打ちそば付(あきる野市) 明るい農村っていいな~♪ :

« 初参加 里山創遊会④ (那須塩原) 芳賀 刈取編 | トップページ | 吟八亭 やざ和(亀有) 初訪問 吟ほろろに田舎せいろ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30