keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« じゆうさん(東長崎) 豊かな時が流れている | トップページ | 初参加 里山創遊会② (那須塩原) 燗酒で前夜祭(前篇) »

2012年11月19日 (月)

初参加 里山創遊会① (那須塩原) 馬頭 脱穀編

Dsc_6436

日本酒好きの自分と、蕎麦・蕎麦屋と結び付けてくれたのは

『蕎麦屋酒ああ「江戸前」の幸せ』古川修著(光文社新書)がきっかけだった。それまで居酒屋一辺倒だった「呑む」スタイルは、少しずつ蕎麦屋へと変化していった。そして蕎麦の魅力に引き込まれて今日がある。

古川修先生が栃木県での蕎麦栽培に(1996年から)取り組まれておられるのはその著書やブログで知っていた。失敗を重ねながらも、手刈り天日干しの蕎麦を収穫され、収穫祭として手打ち蕎麦にして楽しまれている様子は、憧れだった。

その蕎麦栽培に江戸ソバリエの先輩Kさんが毎年参加されており、うれしいことにお誘いを受けた。残念ながら夏の種まきは参加できなかったけど、11月の前夜祭付き!の脱穀に参加させていただく事になる。

土日の2日間。あいにく天気予報は日曜日が雨。

馬頭での脱穀作業を初日に総勢21名で行うことに。

宇都宮から車で1時間以上はかかっただろうか。山の裏は茨城県。このあたりは良質の常陸秋そばが育つという。

脱穀作業。

初めての経験である。長靴、軍手、そしてバトミントンのラケット。

天日干しになっている束ねた蕎麦をビニールシートの上で叩いていく。

Dsc_6444

実がシートの上にぱらぱらと落ちていく。

Dsc_6441

途中休憩、自己紹介などしながら楽しく作業は続く。

参加者は社会人から、大学生や研究生と年齢層も幅広い。

14時にはほぼ作業は終了。

Dsc_6450

Dsc_6456

馬頭の畑では12袋の収穫。例年よりかなり多いらしい。

150Kg。ゴミをのぞくと約100Kgはあるとのこと。

Dsc_6462

唐箕(とうみ)を使って葉や茎のごみを吹き飛ばし、実をの選別を行う。

夜盗虫というイモ虫は実の方に残ってしまうのは残念だが、玄蕎麦がきれいに取り出される。今日の作業はここまで。

もうクッタクタのバテバテである。

明日はもっと大変な刈取作業。大丈夫だろうか!?

24

まほろばの湯 湯親館

ここの温泉、泉質がとてもいい。塩分が効いていて疲れも驚くほど取れ、少しぬるぬるのお湯は美肌の湯でもある。

すっかりリフレッシュし、今夜の宴会兼宿泊所

サンタヒルズキャンプ場に向かいます。

(続く)

« じゆうさん(東長崎) 豊かな時が流れている | トップページ | 初参加 里山創遊会② (那須塩原) 燗酒で前夜祭(前篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/56130103

この記事へのトラックバック一覧です: 初参加 里山創遊会① (那須塩原) 馬頭 脱穀編:

« じゆうさん(東長崎) 豊かな時が流れている | トップページ | 初参加 里山創遊会② (那須塩原) 燗酒で前夜祭(前篇) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31