keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 初参加 里山創遊会③ (那須塩原) 燗酒で前夜祭(後編) | トップページ | 秋空の芋煮会 手打ちそば付(あきる野市) 明るい農村っていいな~♪  »

2012年11月24日 (土)

初参加 里山創遊会④ (那須塩原) 芳賀 刈取編

Dsc_6545

栃木県芳賀町。

蕎麦栽培の畑は、昨日の馬頭とこちらの二カ所。

のどかな里山の麓に広がる蕎麦畑。

24

花畑は良く見るのだが、収穫前の蕎麦畑は初めて。

最初は黒い虫が飛んでいるのか!?!とビビった~。黒い固まりが宙に浮いているように見えません?

Dsc_6554

刈取作業。

まずは見本を見せてもらってから、それぞれ1~2列ずつを担当。畑の手前から奥に向かって、刈っていく。

軍手をした右手に鎌、左手で茎を抑え根元を一気に刈り取る。

最初は雑草が混じるのが気になったり、強く引っ張ると蕎麦の実が絡まって落ちてしまいそうでモタモタ。さらに中腰の作業もつらく、立ったり、座ったりと 効率悪~。

みるみる内に作業に差が開いていく。(私がビリsweat01

なんと一緒に参加のソバリエTさん(赤ジャケット)は、遥か向うまで進んでいる~!!

Dsc_6557

途中、鎌の使い方などアドバイスをもらい、終わる頃にやっとコツが掴めてくる。

作業は適度に休憩時間を入れながら進められて、午前中でほぼ刈取は終了。

Dsc_6560

刈取の作業中にもう一つの「大事な作業」が畑の隣で行われていた。

昨日の馬頭で収穫した玄蕎麦の天日干しだ。

唐箕で軽いゴミを吹き飛ばした後に残ったのは、玄蕎麦の他に小さな小石と芋虫!!

一晩袋詰され焦っていた芋虫は、ビニールに広げられると一斉に外に向かって逃げ出した。

小さくて見えませんがビニールシートのまわりは芋虫(夜盗虫)だらけ~。う~んおぞましや~。

でも、農薬を使っていない証拠ですよね。

24_2

玄蕎麦に混ざっている、白っぽい小石を探し取り除く。

これから何回かに分けて天日干しは繰り返すのだそう。

現在の水分量は19%。これを16%ぐらいまで落とさないと製粉の時べたべたになってしまうらしい。

美味しいお蕎麦を作るって、大変手間がかかるんですね。

Dsc_6570

刈取の次の作業に入ります。

片手で持てるくらいの量(これが脱穀の時大切になる)を米わらで束にしていく。

米わらは水で湿らせると、切れにくく丈夫になるという。

結ぶのもだんだんもどかしくなって、軍手をはずして作業。

Dsc_6569

刈り取られた畑には、杭を打ち、長い竹を通して渡す。束ねた蕎麦は両側から詰めて立てかけられる。これは「小束掛け」と呼ばれる。

Dsc_6574

雨雲がだんだん出てきました。作業も大詰めです。

Dsc_6575

小束掛けにした蕎麦に紐をかけます。

最後に畑に刈り残った蕎麦を皆で探し、束の上にのせ終了~。

少なくとも作業中、雨は降らなかった。天も味方してくれたことに感謝。

楽しい記念撮影の後、解散。

途中立ち寄った元気アップ村温泉はナトリウム塩化物温泉。疲れも冷えもすっかり癒される。

このあたり、蕎麦栽培にも恵まれているが、泉質豊かな温泉が多いのも魅力的だ。

東京に着く、最後の最後に、土砂降り。

盛りだくさんの蕎麦栽培の旅は、無事に終わった。

古川先生、ソバリエの小林さん、そして里山創遊会の皆さん

2日間、貴重な体験ができました。

素晴しい出会い、感激の前夜祭。

温かく迎えてくださいまして、また遠路送り迎えまで、本当にありがとうございました。

次回はもう少しお役に立てるようがんばります。

これからもよろしくお願いいたします。

12月の収穫祭が楽しみです。

« 初参加 里山創遊会③ (那須塩原) 燗酒で前夜祭(後編) | トップページ | 秋空の芋煮会 手打ちそば付(あきる野市) 明るい農村っていいな~♪  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/56178839

この記事へのトラックバック一覧です: 初参加 里山創遊会④ (那須塩原) 芳賀 刈取編:

« 初参加 里山創遊会③ (那須塩原) 燗酒で前夜祭(後編) | トップページ | 秋空の芋煮会 手打ちそば付(あきる野市) 明るい農村っていいな~♪  »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31