keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« かね井(京都) 京都そば屋めぐり④  | トップページ | 【2013年2月閉店】丘の上の蕎麦(七里が浜) 初訪問 蕎麦前セットに野菜天せいろ »

2012年4月 4日 (水)

草季庵(御殿場) 初訪問 粗挽きそばがきと鴨せいろ、天せいろ・・

震災以来、足が遠ざかっていた伊豆の海。久しぶりに一泊で家族ドライブ。温泉に美味しいお魚いっぱいいただいて、春の海をしっかり満喫。

天気予報では大型の台風に匹敵する低気圧とが近づいているらしい。関東甲信越方面も強風、大雨注意報が出る。

予定を切り上げて、早めの帰路につく。

帰る途中で「おいしい蕎麦をいただけたら・・」とつぶやいたら、

ありがたい、マイミクさんが御殿場の蕎麦屋を教えてくれる。

熱海から箱根スカイラインに乗る。芦ノ湖や駿河湾の絶景を眺め、約1時間。12時過ぎには無事御殿場市内に到着。

ポツリポツリと小雨が降りだした。

Dsc_1803

国道246号を右折して静かな一本道を進むと、畑の中の一軒家が見えてくる。

Dsc_1721

広い敷地、畑に囲まれ、古民家風のしっとりとした佇まい。

よかった、暖簾が出ている。駐車場にはすでに数台の車が止まっている。

Dsc_1722

入口前に打ち場を見ることができる。奥に石臼が2台。

蕎麦への期待がふくらむ・・・

Dsc_1800

暖簾をくぐると、大きな窓から庭が見渡せる明るい玄関。

Dsc_1729

民家といっても手入れが行き届いた玄関。ところどころに野の草花が

やさしい明かりとともに飾られている。

Dsc_1791

花番さんが最初のお客様の応対しながら、「何名様ですか?」とかけつけてくれる。

もしかして、満席だったらどうしよう・・

しばらくして、「4名様どうぞ」。

入って右側にある、掘りごたつ式のテーブルがある和室へ通される。

Dsc_1741

箸置きも店の名前によく合って、茎でできている。

Dsc_1732

旅行最後の昼食。

悔いのないようにちょっと奮発。

連れと私は、天ぷらせいろと鴨せいろを一緒に。

Dsc_1733

母は 天ぷら蕎麦、

新高校生は 鴨南蛮蕎麦を選ぶ。(子供には贅沢だな~)

Dsc_1737

車なので見るだけ・・

静岡のお酒が揃っている!

ううう、全部飲みたい~(*_*)

Dsc_1738

あぁ、燗酒も良し・・・

Dsc_1734

酒肴も良さそう・・

人数もいるのでせっかくだから、あらびきそばがき を注文。

Dsc_1736

夜のみ。

だし巻玉子もいただいてみたい。

Dsc_1743

まず席に置かれたのは、???

蕎麦茶ではなく、お茶でもない。

粉がいっぱい浮いている・・・昆布茶?

一口いただいて驚く。

粗挽きの粉がたっぷりの蕎麦湯。

これからの蕎麦に期待がふくらむではないか。

Dsc_1748

あらびきそばがき

薬味とつけ汁。

大きな白い陶器に入れられたっぷりの蕎麦湯とともに供される。

Dsc_1746

人数分に食べやすいよう分けられているのか偶然なのか?

粗挽きの蕎麦粉がまわりにもしっかり浮かんでいる。

Dsc_1749

粒々の美しさに圧倒。

Dsc_1753

箸を入れると、とろ~り。うっとりするようなやわらかさ。

一口いただくとふわり、ざらり、蕎麦の香りも味わいもすばらしい。

複雑なこの味わい。

聞くと、常陸秋蕎麦と福井産の蕎麦を合わせているとのこと。

Dsc_1758

天せいろの天ぷら。

(天ぷら蕎麦も同じく別盛り、天つゆ付)

Dsc_1759

この天ぷらもすばらしい。

海老は鮮度も良く、味が濃い。

舞茸、椎茸、エリンギ、ウド、サツマイモ、レンコン、ピーマン。

カリッっと香ばしく揚っていて、どれも非常に美味しい。

(塩がないのが残念)

Dsc_1757

天せいろには 別に汁と薬味が用意される。

汁はキリっと辛口。

あとからマイルドな出汁の甘みが感じられる好みの汁。

Dsc_1769

せいろ。

天ぷらのあとで運ばれてくる。

何もつけずにまず一口。少し固めかな?と二口。

次に汁につけて一口。はっとする美味さ。

ここの蕎麦は汁とともにいただくのがいい。

香ばしい粗びきの蕎麦がぐっと旨味を増す。

Dsc_1764

天ぷらそば。

かけ蕎麦で楽しめるのがうれしい。

一口いただいたが、蕎麦の良さが温かい汁でさらに引き立つ。

Dsc_1771

鴨せいろ。

Dsc_1776

ほどよく鴨の旨味が溶けだした汁。

蕎麦をつけていただくと、!!!

これが一番いいかも♪

蕎麦のすがすがしい香りにコクのある汁が絡まって、箸が止まらない。

抱え込んでいただいてしまう。(ごめんね。半分だった。)

Dsc_1784

鴨肉は4切れ。とっても柔らかくってジューシー。

葱は熱い汁でしんなりして、蕎麦といただくと程よい食感。

う~ん、来て良かった。

Dsc_1787

汁が美味いので、蕎麦湯で伸ばしてさらに堪能。

急須には、粗挽きの蕎麦粉がとろっとろになって沈んでいる。

かき混ぜてから注ぎます。

Dsc_1774

鴨南蛮は写真だけ。

鴨は5切れ。焼いた葱とみつ葉。

これは大満足でしょう。

Dsc_1792

部屋天井にはBOSEのスピーカー。静かなBGMが流れていました。

でもこの空間には、音はいらないかも・・・

ごちそう様でした。

Dsc_1794

旅の終わりにふさわしい、素敵なひとときを過ごせました。

感謝。

Dsc_1742

別腹にはなかなかならないけど・・・甘党の方に♪

そばあんみつはお勧めだそう・・(Uさん本当にありがとう。)

Dsc_1740

草季庵

静岡県御殿場市杉名沢306-1

電話:0550-88-0808

営業時間:平日 11:30~15:00(LO14:30)

      土日祝11:30~15:30(LO15:00)

      (夜は要予約)18:00~20:30(LO19:30)

定休日:月曜日(祝日営業、翌平日休み)

お店HP  http://www2.ocn.ne.jp/~soukian/

« かね井(京都) 京都そば屋めぐり④  | トップページ | 【2013年2月閉店】丘の上の蕎麦(七里が浜) 初訪問 蕎麦前セットに野菜天せいろ »

コメント

写真を見たところ、並ばずに入れたみたいで良かったです。
お昼は大体、並んでいるんですよ。
あと、裾野の蕎仙坊(翁系)もめちゃめちゃ待たされます。

>お酒
そうそう、草季庵は基本、静岡の酒でしかもお手頃なのが揃っているので
お酒好きの友人を連れていくのにも便利です。

うり坊様

12時半、私たちが入って、ちょうど満席。平日で悪天候。帰る時は空いてました。(ラッキーでした)

いいお店ですね。蕎麦前するには高速バスって手もあり?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/54381495

この記事へのトラックバック一覧です: 草季庵(御殿場) 初訪問 粗挽きそばがきと鴨せいろ、天せいろ・・:

« かね井(京都) 京都そば屋めぐり④  | トップページ | 【2013年2月閉店】丘の上の蕎麦(七里が浜) 初訪問 蕎麦前セットに野菜天せいろ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30