keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 【2013年2月閉店】丘の上の蕎麦(七里が浜) 初訪問 蕎麦前セットに野菜天せいろ | トップページ | 総本家小松庵 丸の内オアゾ店(東京) 初訪問 さくら蕎麦まつり »

2012年4月14日 (土)

菊谷(巣鴨) しだれ桜・四季桜・桜切り

まだ風が冷たい、4月第一週目の土曜日の午後、笑ィ八会(江戸ソバリエ8期生)主催の花見の会に参加した。

15時に六義園に集合。花見を楽しんで、駒込から巣鴨まで散歩。地蔵通りを抜け菊谷で夕方から蕎麦前と蕎麦を楽しむ。うっとりするような企画!?

今年の桜の開花は例年より遅い。見頃をあきらめていた桜はちょうど開花がずれ込んで

今が満開。

さすがに知名度が高いだけあって正門も染井門(臨時開門)も入口は行列。

Dsc_1933

初めてみるしだれ桜。確かに見事。

そして取り囲む人も見事。

かなり老齢の桜は、幹を柱で支えられて踏ん張っているようにも見える。

Dsc_1960_2

藤代峠に登るとこの庭園が見下ろせる。江戸時代の大名庭園の中でもこの庭園は代表的なもの。明治になってから岩崎彌太郎の別邸にもなり、現在は東京都に寄付され国の特別名勝にも指定されている。

和歌の趣味を基調とする、贅沢で見事な庭を1時間ぐらいかけて散策。

思ったよりも桜の木は少ない。大きなしだれ桜1本と、染井吉野が池の対岸に2本。

Dsc_1965

まあ花より、、これこれ。

澤乃井 花見新酒 

差し入れTさんありがとう。

桜色のお酒と思ったら瓶だけ。お酒は無色透明。

甘~いお酒でしたが、冷え切った体が温まる。

Dsc_1966

花よりダンゴ。

ここの焼きダンゴは炭火焼き。醤油味と味噌味おいしそう♪

Dsc_1987

しかし、我慢。食べずに歩く。

駒込の豪華な住宅街を抜けると巣鴨駅。がらりと庶民的な雰囲気に。

赤パンツや肌着、塩大福で賑わう巣鴨地蔵通り商店街。

途中、桜の名前や珍しい建物を調べたりしながら、ちょっとのんびりしすぎた?

最後は急ぎ足。

Dsc_1990

菊谷にたどり着きました。今日は貸切。

Dsc_1992

まずは定番酒

四季桜 本醸造 で乾杯。

Dsc_1994

今日は菊谷が初めての方も多い。蕎麦前には「定番の肴」中心に楽しみます。

左から

鯖燻製

昆布の佃煮(天然利尻・深香浜)

チーズのかえし漬け

きんぴらごぼう

Dsc_1996

林さんの蕎麦粥べっこう餡かけ

しっとり炊いた蕎麦の実をやさしく味わいます。

Dsc_1997

天然海老の天ぷら

いつもより海老大きくなった?

ぷりぷりの身。味が濃い。

Dsc_1998

野菜の天ぷら

Dsc_2000

獺祭 (持ち込み)

Iさん、ごちそう様です。美味しかった~。

Dsc_2006

北茨城の目ひかり。

骨ごといただけます。

Dsc_2007

杉山風サラダ

特製こんぶ出汁ノンオイルドレッシングがポイント。

野菜の美味しさを引き出してます。

Dsc_2015

林さん特製ジャガイモのふきのとう和え。

うれしい野菜料理が続きます。

ほろ苦く峻烈な味が淡白なイモに合う。

Dsc_2016_2

イカの一夜干し焼き。

塩加減も良く、いい感じにやわらかい。

Dsc_2018

裏佐久 辛口本醸造直汲み。

すっきりした飲み口。

Dsc_2020

左から

蕎麦味噌(江戸甘味噌使用)

わさび漬(甘さ控えめ)

わさび味噌(竹澤さん直伝)

葱味噌蕎麦の実和え

Dsc_2023

篠峯 うすにごり 純米生原酒

とても評判よかったお酒。

Dsc_2025

四季桜 花神

蕎麦が出ても、お酒のリクエストは止まず・・

Dsc_2028

そろそろお蕎麦をいただきます。

利き蕎麦2種だったけど、他に2種類蕎麦があるとのこと。

「食べたい人~」と聞くと、さすが!?全員手をあげます。

Dsc_2031

一枚目

新潟産中心にブレンドした二八

Dsc_2034

二枚目

たまき庵さらしな 十割

仙台秋保の名店「たまき庵」で自家製粉されたさらしな粉十割で打ったもの。

店主が「異次元のさらしな」とブログで書かれている通り、甘み、蕎麦の香りも風味もしっかり。驚きのさらしなでした。これは貴重。

Dsc_2037_2

三枚目

山形県高畠町産村山在来 十割

これはすごい。めずらしい太切り。艶やか。モチっとしたコシと食感が素晴らしい。

う~ん、うれしくてノックダウン~。

Dsc_2041

四枚目

桜切り

菊谷の蕎麦はどんどん進化している。

変わり蕎麦は好んではいただかないのだが、

この桜切りもすばらしい。桜の葉さわやかな香りと蕎麦のしっかりした存在感。

甘み、香り、のど越し。堪能しました。

ごちそうさまでした。

定番から杉山さん、林さんの料理のコラボレーション。最後は4種類の蕎麦。

菊谷ワールドは奥深い・・

花の宴は終了。

桜三昧、うれしい一日でした。

前回記事:菊谷(巣鴨) 菊酔会2月 鴨づくしの蕎麦懐石

前回記事:菊谷(巣鴨) 大晦日 年越しそば

前回記事:菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石

前回記事:菊谷(巣鴨) 菊酔会 11月菊酔会 晩秋渾身の蕎麦懐石

前回記事:菊谷(巣鴨) 菊酔会 林さん特製 秋の味覚お任せコース

前回記事:菊谷(巣鴨) 揚げ玉ぶっかけと手挽きのもり

前回記事:菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日②

前回記事:菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日①

手打ちそば 菊谷

豊島区巣鴨4-14-15

電話 03-3918-3462

営業時間:11:30~21:00(L.O20:30)

定休日:火曜日(祝日や4のつく日は営業、翌月曜に振替)

お店のHP: http://www17.ocn.ne.jp/~sobakiku/

« 【2013年2月閉店】丘の上の蕎麦(七里が浜) 初訪問 蕎麦前セットに野菜天せいろ | トップページ | 総本家小松庵 丸の内オアゾ店(東京) 初訪問 さくら蕎麦まつり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/54468089

この記事へのトラックバック一覧です: 菊谷(巣鴨) しだれ桜・四季桜・桜切り:

« 【2013年2月閉店】丘の上の蕎麦(七里が浜) 初訪問 蕎麦前セットに野菜天せいろ | トップページ | 総本家小松庵 丸の内オアゾ店(東京) 初訪問 さくら蕎麦まつり »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30