keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石 | トップページ | 総本家更科堀井(麻布十番) 初訪問 かき揚げ天せいろと初亀 »

2012年1月 8日 (日)

蕎麦に銘酒 野饗 のあえ(石神井公園) 初蕎麦は初摘み生海苔花巻そば

Dsc_3769

大晦日に年越し蕎麦をいただいて、新年を迎えてから一週間が経つ。

3日間の短い正月が終わり、3日間の通常勤務。今年になってから蕎麦をいただく機会がなかった。

溜まったブログを書き上げると、だいたいいつも昼を過ぎる。

しまった。中休みの時間早かったんじゃない・・。あと30分。慌てて家を出る。

今年最初のお蕎麦は地元でいただこう、と決めていた。

夏に伺ってからご無沙汰していた野響(のあえ)。この3連休の初日は、短かった正月を名残惜しんで、蕎麦屋酒を楽しもう。

Dsc_3770

本日のお蕎麦は栃木、福井ともに十割。

季節のそばもある。

Dsc_3821

ビアマイスターのいるお店と称しておいしいビールが飲める店はよくあるが、

「おいしいお燗酒が飲める店」って初めてだ。

久しぶりに暖簾をくぐると、カウンターとテーブルには3組の先客。

入口近くのカウンターに腰を下ろす。

いつもの花番さんが、温かい蕎麦茶と笑顔で迎えてくれる。

Dsc_3786

お品書きを見るが、温肴しかない。そうだった。

日替わり料理は後ろの黒板に書いてあるんだった。

Dsc_3795

こちらのお店は野菜料理が美味しい。

黒板にいくつも書いてあるが、おすすめをお任せしてしまうのが悩まなくていい。

おまかせ五品1500円

Dsc_3793

お酒は、寒いのでやはり燗をいただきたい。

Dsc_3773

開運 本醸造 

こちらでいただく燗は看板の通り、驚くほど美味い。

扱いが丁寧なのだろう。同じお酒でもこんなに違うのか?というくらいやさしく味わいになる。

Dsc_3772

お通し 初摘み生海苔刺。

醤油を少しかけていただく。

峻烈な磯の香り、しゃきっとした鮮度の良さも感じさせる一品。

Dsc_3777

おまかせの一品目。

葱のぬた和え

大人になって好きになった料理ってあるよね。これもその一つ。

酒の燗も上手いけど、このお店は野菜の持ち味を最大限に生かして、食べさせてくれる。

Dsc_3775

里芋のきのこみそ

薄味に炊いた里芋に、きのこがたっぷり入った味噌が添えてある。

野菜をたっぷりいただける。

しかし待てよ。里芋3個分。一人でいただくには多すぎる。

あと三品、量が同じ調子では、蕎麦まで辿りつけない。

慌てて、「次の分から量を減らしてください」とお願いする。

おまかせ五品は、350円で提供されている品が五品というお得なメニュー。

2~3人でいただくのがちょうど良さそう。

しばらくすると、何とも言えない焼き物のいい香りが漂ってくる。

Photo

うれしいことに一口ずつの盛り合わせ。

Photo_2

上から下に

鯖の塩辛

舞茸のカツオ酒盗漬け焼き

いい香りの原因はカツオの酒盗が炙られる匂いだった。

この一口の舞茸に、ヤラレタ。たまらないね~。

Photo_3

上から時計回りに

鮎のうるか

いか うに 塩辛

蕎麦味噌

自家製わさび漬

好物で、酒の肴にもってこいの物ばかり。

うれしすぎる美味しさ。

Dsc_3798

しらすおろし

味が濃いものが多いので最後の一品に選んでいただいた。

石神井産の大根が使われていて、目の覚めるような辛さ。

Photo_4

もう少しお酒をいただいてしまおう。

春霞 にごり 

ぬる燗でお願いする。(これもとても良かった)

Photo_5

三組の先客は帰られ、店主と久しぶりにゆっくりお話する。

8日から(なんと明日だ!)日曜日だけ、中休みなしの営業時間になるという。

大変だとは思うのだが、蕎麦屋酒を楽しもうというお客様には

朗報ではないか。他の曜日は2時がラストオーダー。

私のようなのんびり昼酒派には、うれしい味方となる。

Dsc_3785

さて、今年初、一週間ぶりのお蕎麦をいただこう。

気になっていた季節そばをお願いする。

初摘み生海苔の花巻そば

Photo_6

まずは薬味に山葵。

先ほどいただいた、つやつやの生海苔がたっぷり用意される。

Photo_7

十割 栃木

かけそばで供される。  

Dsc_3809

中細打ち。モチっとした食感と、長くムラなく打たれた蕎麦。

熱い甘汁の中でしっかりした存在感。

かけ蕎麦だけで満足してしまいそう。

しかしこれからがこの蕎麦の本番。

Photo_8

生海苔を全部乗せる。その上に山葵も乗せ、そっと溶かす。

Photo_9

有明海産の生海苔。

そっとすくって一口いただく。強烈な磯の香と柔らかいがしゃっきっとした

海苔が蕎麦と甘汁に絡まって何とも言えない美味しさ。

こんな蕎麦初めてだ。

こんな花巻初めてだ。

もう止まらない。蕎麦、汁、生海苔すべて負けていない。

驚きのハーモニー。

Photo_10

これは蕎麦屋の定番の花巻そばとは全く違う。

「蓋」を開いた時のあのサプライズは、ない。

でも、ここでしかいただけない蕎麦が、とてもうれしい。

Photo_11

ごちそうさまでした。

開店から9か月。とてもいいお店になってきました。

これからも楽しみです。

蕎麦に銘酒 野饗(のあえ)

練馬区石神井町3-27-16

℡:03-5393-6899

営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00

      (日曜日 11:30~20:30 2012年1月8日~

定休日:月曜日・火曜日

公式ブログhttp://noae.exblog.jp/

Photo_12

石神井公園の駅は高架になって、(ところどころまだ工事中ではあるが)

見違えるよう。線路もなくなって人の流れも以前と変わった。

西武池袋線ばかり便利になっていくな~。

1

久しぶりの石神井公園池。雲一つなく、澄み切った空。

今年は正月からずっと天気いいですね。

« 菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石 | トップページ | 総本家更科堀井(麻布十番) 初訪問 かき揚げ天せいろと初亀 »

コメント

嬉しい情報満載ですね。
以前の菊谷さんから変わられて、
随分、野饗さんなりの個性が出てきたような気がします。

今度ゆっくり、お邪魔してみたいです。

真秀さん、

そうなんです。蕎麦にも、酒にも、肴にも丁寧なこだわりがあり、良さになっています。

店主のつける燗も、こだわりのおいしさですよ~wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/53679422

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦に銘酒 野饗 のあえ(石神井公園) 初蕎麦は初摘み生海苔花巻そば:

« 菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石 | トップページ | 総本家更科堀井(麻布十番) 初訪問 かき揚げ天せいろと初亀 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30