keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 菊谷(巣鴨) 大晦日 年越しそば | トップページ | 菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石 »

2012年1月 3日 (火)

神田まつや(神田) ゆず切り、小田巻蒸し、花巻そば

Dsc_3519

年末になると、混んでいるのはわかっているのに

必ず行きたくなる蕎麦屋さんがある。

神田まつや。

いつも神田、秋葉原から歩いていたが、地下鉄淡路町(または小川町)下車の方が便利。

徒歩1分。地上に出ると、あの行列が見えてくる。

今日の目的は「ゆず切り」。ゆずを練りこんだ変わりそばだ。

本店では冬至をはさんで毎年いただける日が限定されている。今年は19日から23日まで。いつもタイミング合わず、いただいたことがなかったが、祝日の最終日なら、行ける。

まつや好きの友人が、寒風の中30分も前から並んでいてくれた。ありがたい。遅れてきた私は早く入ることができる。(感謝!)「まつやは初めて」という友人と3人で、打ち場の前の6人掛けのテーブルに腰掛ける。

Photo

このお店には空席というものはない。一人、二人とお客さんの人数に合わせて、無駄なく通される。皆、同じ志を持った仲間?。相席にも気持ちが通じ合っているかのような、心地よさがある。

Dsc_3527

まずは冷え切った体を温めねば。

菊正宗の熱燗を2合お願いする。

アテはちょっと固めの蕎麦味噌。

Dsc_3525

Dsc_3523

Dsc_3522

いつもは一人か、多くて二人。三人で来るのは初めてだ。

今日は普段いただけないものも頼んでしまおう。

Dsc_3533

青大豆 冷やし豆腐 500円

色が淡いみどり。

甘みがあってふくよかな大豆のおいしさが味わえる。

何もつけなくても、とてもおいしい。

Dsc_3535

鳥わさ 650円

葱とわさびと海苔に濃口醤油。しっかり混ぜていただきます。

さっぱりと、くせになる美味しさ。

Dsc_3536

さて、これは何でしょう。

注文をした時に「30分ぐらい時間かかりますけど」と確認され

「大丈夫。ゆっくり(飲みながら)待ってます」とお願いした一品。

Dsc_3538

小田巻蒸し 1100円

茶わん蒸しの中にうどんが入っている。

Dsc_3541

底に入っているうどんは量が少な目。

海老、蒲鉾、椎茸など出汁たっぷりの卵汁でふんわり仕上げられている。

Dsc_3543

これは何でしょう。

大きめの桶で薬味、温かい汁とともに提供される。

Dsc_3545

蓋を取ると、湯気が上がる。

中に見えてくるのは木の葉型。

そばがき1000円

Dsc_3546

蕎麦粉の風味をたっぷり堪能。

3人で良かった。一人では、これだけで「以上終了!」のボリューム。

酒肴としても合う。

温かい汁は出汁がしっかりした別製のもの。

山葵、おろし大根、葱と合わせても、また良い。

Dsc_3550

またまた何でしょう。

蓋のついたものばかり注文してしまいましたね。

相席の3人連れもさっきから興味しんしん。

Dsc_3551

蓋を取ると、湯気とともに磯の香り。

花巻 850円

Dsc_3552

この蕎麦の美味しさは、この蓋が決め手・・

Dsc_3553

海苔の香りと美味さがたっぷり溶けこんだ甘汁。

ここに山葵を溶かしていただくとぴりっと汁が引締まる。

お酒のすすんだ胃に心地よく沁みる。

う~んこの蕎麦は、はまります!

Dsc_3554

ゆず切り 

運ばれて来ただけでまず香りが鼻を刺激する。

目にも鮮やかなゆずの色。

最初は「売り切れてしまったら大変」と真っ先に花番さんにお願いしたが、心配はいらなかった。

目の前の打ち場では、さっきからず~っとゆず切り用の蕎麦玉が

次から次へと仕上げられている。その鮮やかな動きは、休むことがない。

相席の女性の方は「年末は必ずゆず切りを食べにくる」という。

もりもいいけど、1年に一回、年の瀬を感じながらしみじみいただくゆず切りもいいな。

Dsc_3556

ごちそうさまでした。

いろいろなものを少しずつ、そしてお腹いっぱい楽しめました。

すばらしきまつやワールド。ご一緒いただいた仲間に感謝です。

神田まつや

住所;千代田区神田須田町1-13

電話:03-3251-1556

営業時間:11:00~20:00(月~金) 11:00~19:00(土・祝)

定休日:日曜日(祝祭日営業)

お店のHP :http://www.kanda-matsuya.jp/p01.htm

« 菊谷(巣鴨) 大晦日 年越しそば | トップページ | 菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石 »

コメント

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。

「まつや」並びに「菊谷」でのコラム拝見いたしました。
私も「まつや」には年に一回は必ず寄っていますが、年末は連日混雑していますので避けていたのですが、おととしの暮れに初めて「柚子切り」を食べました。
逆に昨年の冬至には「菊谷」さんで珍しく「柚子切り」を打ったという情報が入り、出掛けてまいりました。
初めて打ったそうですが、見事な出来栄えに感心しました。

今年もイベント等でご一緒させていただくこともあると思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

蓼喰人様
今年もよろしくお願いします。
まつやは年末は行列がひと際長~くなりますね。
冬至は多分同じお店に行きました。しかし、柚子切りは残念ながら食べ損ねましたcrying来年リベンジですgood

いやあ、年末年始は行列必至の「まつや」さん!
 いやあ、いいですね!
 今年も楽しみにしています。よろしくお願いいたします♪

まあやんさん

まつやさん行かずして年は越せませんwink

今年もよろしくお願いいたしますhappy01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/53633413

この記事へのトラックバック一覧です: 神田まつや(神田) ゆず切り、小田巻蒸し、花巻そば:

« 菊谷(巣鴨) 大晦日 年越しそば | トップページ | 菊谷(巣鴨) 12月菊酔会 渾身の蕎麦懐石 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31