keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 二村(石神井公園) 初訪問 蕎麦ランチでもりとかけ♪ | トップページ | 渡邊(新宿) 花巻そばにうっとり »

2011年10月30日 (日)

菊谷(巣鴨) 菊酔会 林さん特製 秋の味覚お任せコース

Dsc_2069

巣鴨に開店され早4ヶ月が過ぎようとしている菊谷で

「菊酔会」が久しぶりに再開されるとのこと。

そろそろ秋の味覚を楽しみに伺いたい、と思っていたところの企画。

平日の夜とはいえ、つい申し込んでしまう。

こういう時の仕事は気合でどうにか終わらせるものなのだ。

6時に吉祥寺を出て、7時10分前には到着。

大塚で都電に乗り換え「庚申塚」からだと早い。

Dsc_2071

暖簾をくぐると店主の笑顔。

なんだか帰ってきたな~と懐かしささえ感じるこの頃。

今日の会は6名。

先に到着されいるお2人と、まずはエーデルピルスナーで乾杯。

Dsc_2073

今日の企画は 新スタッフ林さん(池袋 坐唯杏より)が

いつもの菊谷とは一味違った趣向の料理をコース仕立てで提供してくださるとのこと。

Dsc_2078

先付   蕎麦粥 べっ甲餡 大和芋入り

蕎麦の実が柔らかく炊かれて大和芋のすり身と合わせてあります。

香ばしい餡で絡めていただきます。

やさしい一品からスタート。

Dsc_2079

前菜   (左から)焼きむかご 銀杏飛龍頭 柿白和え

     

Dsc_2081

焼きむかごの上には、大徳寺納豆(8月に京都で購入したばかり!)

を真似て、八丁味噌を丸めたもの。

芋と味噌って合います。面白い~。

Dsc_2083

飛龍頭は自家製がんもと言えばいいかな?

銀杏の実がたっぷり。美味しく煮含められています。

Dsc_2084

柿白和えは一番人気。

前菜が来たら、日本酒に切り替えます。

Dsc_2085

まずは定番

四季桜 黄ぶな

Dsc_2086

すっきりしていて、飲み飽きない。

いいお酒。

Dsc_2087

今日は料理は林さんが作られているので、

店主と、蕎麦のこと、お店のこと、料理のことなど

会話も出来、会も楽しく進む。

Dsc_2088

四季桜 花の宴

Dsc_2089

碗   小蕪飛鳥仕立て

浅利のむき身が入っており、和製クラムチャウダー。

味付けはあくまでやさしく、滋味深い。 

Dsc_2091

向付   帆立の昆布じめ

余分な水分が抜け帆立の身がキュッと引き締まっている。

何もつけないでも、昆布の旨みで充分堪能できる。

Dsc_2092

四季桜 花神

今日のコースにこのお酒はぴったり。

繊細な野菜料理の名引き立て役。

Dsc_2094

焼肴   秋刀魚 腸一夜干

地味だけど本日の主役!

ただの秋刀魚ではない。

開いた秋刀魚を腸で作った漬け汁につけ、一夜干にしたもの。

クサヤのような旨みがあります。(臭くない)

秋刀魚の料理法(手間はかかる^^;)としては、

一番おいしい食べ方かもしれない。参りました。

Dsc_2097

厨房に篭りっぱなしだった林さんも登場。

仕込みの苦労話、次なるアイデアなど、

こちらの感想、リクエストなどコミュニケーションできるのも

この会の魅力。

Dsc_2100

預鉢   ぬか漬け

程よい酸味があり、絶妙な漬かり具合♪

う~んたまらん。

Dsc_2103

四季桜 はつはな

全種類制覇。こちらは燗でいただく。

Dsc_2104

煮物   干茸と青菜の早煮

Dsc_2105

これも技あり。

茸は干して余分な水分を飛ばしてます。

その分味が濃い。

野菜ってこの一手間で「ぐんっ」て美味しくなるんですね。

Dsc_2107

揚物   里芋 レバーパテ 田楽

「はじめての肉じゃね?」

蕎麦友さんに言われてはっとする。

そういえば、野菜か魚しかまだいただいてなかったね。

「これおいしい。もっと食べたい~」

上に乗っているレバーパテのこと。コクがあってワインにも合いそう♪

Dsc_2111

他にいただいたお酒。

こんな夜に

若竹屋 いちから 純米原酒5年古酒

Dsc_2113

鯖燻製

リクエストで別注文。

コースも大詰め。メインです。

食事 利き蕎麦

Dsc_2116

一枚目 栃木

会いたかった。

色は少し濃い目。蕎麦の香りが鼻を通過する。

ぱらりと箸で笊からきれいに離れ、軽やか。

甘さがない汁がまたクール。

ほれぼれしながらあっという間にいただいてしまう。

Dsc_2119

二枚目 茨城 天日干し 

一枚目でも充分満足なのに、さらにすごいやつが来た。

接写モードがなくて(スマートフォンなので)残念。

微粉というが、表面が少しボツボツしている。

一口いただくと味が濃い。さらに蕎麦の香りも増してるような。

(酔っ払いでごめんなさい。)

あっという間にいただきました。

蕎麦湯もたっぷりいただいて、おいしい汁も最後まで。

Dsc_2124

甘味  栗 渋皮煮 梨コンポート 

うまか~(>_<)

手間かかっています。

栗も、梨もやさしい甘さ。

白胡麻ホイップ これがいい~。

すべて終了。ブラボー!

たった6人でいただいた、一度きりのコース料理でした。

楽しく、美味しく、充実した時間でした。

ごちそうさまでした。

(今後菊酔会は毎月企画予定とのこと。次回は鴨かも?)

Dsc_2077

前回記事:菊谷(巣鴨) 揚げ玉ぶっかけと手挽きのもり

前回記事:菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日②

前回記事:菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日①

手打ちそば 菊谷

豊島区巣鴨4-14-15

電話 03-3918-3462

営業時間:11:30~21:00(L.O20:30)

定休日:火曜日(祝日や4のつく日は営業、翌月曜に振替)

お店のHP: http://www17.ocn.ne.jp/~sobakiku/

« 二村(石神井公園) 初訪問 蕎麦ランチでもりとかけ♪ | トップページ | 渡邊(新宿) 花巻そばにうっとり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/53077678

この記事へのトラックバック一覧です: 菊谷(巣鴨) 菊酔会 林さん特製 秋の味覚お任せコース:

« 二村(石神井公園) 初訪問 蕎麦ランチでもりとかけ♪ | トップページ | 渡邊(新宿) 花巻そばにうっとり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31