keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 素朴庵(矢川) 田舎蕎麦の魅力 | トップページ | 第8回 江戸ソバリエに挑戦。 »

2011年7月17日 (日)

菊谷(巣鴨) 揚げ玉ぶっかけと手挽きのもり

Dsc08216

6月22日水曜日 夏至。

学校の所用で有休を取る。

こんなラッキーな平日の午後は

まだ未訪のお蕎麦屋さんへと

電車を乗り継ぎ目指した。

しかし、日ごろの疲れが溜まっている。

地下鉄でうっかり乗り過ごして、慌てて戻ったものの

ちょうど中休み時間になってしまう。

途方にくれたが、そうだ、ここから巣鴨が近い。

ありがたい。(プレオープンでもうすでに2回も訪れている)

中休みがない菊谷に駆け込もう♪

Dsc08237

時刻はもう3時。

店内は蕎麦前を楽しまれている数名のお客様以外は、

一人客が入れ替りで入ってくる、ピークを過ぎたゆるりとした雰囲気。

店主の菊谷さんは、カウンターで取材を受けている。

Dsc08238

8日にオープンしてちょうど2週目。

Dsc08217

エーデルピルスナー小400円

まずはうれしい 水分補給。

生き返るね~。

Dsc08219

お任せ三品盛り 750円 

鯖の燻製(左から時計回りに)

わさび漬け

きんぴら

ぬか漬け

わさび味噌

新じゃがの味噌煮っ転がし (中央)

一人客にはうれしい心遣い。少しずつ、6品盛りになっている。

これだけで延々楽しめそう。

Dsc08220

お酒は5尺で楽しめるのもうれしい。

Dsc08222

四季桜 花神 一回火入れ 特別本醸造 430円

Dsc08224

雪鶴 純米吟醸 450円

Dsc08225

この時はまだ開店間もなかった為、

「お品書きを限定して営業させていただきます」

と記入されたお品書きの中からお蕎麦を選ぶ。

Dsc08228

あげ玉ぶっかけ800円+200円(十割)

十割はうれしいことに 茨城県水府産♪

Dsc08230

辛み大根おろし、揚げ玉、鰹節に薬味の葱を乗せて

少し薄めのかけ汁を回しかける。

Dsc08233

最初は蕎麦だけでしばし楽しみ、

あとは、もったいないけど混ぜてしまう。

これがもうやみつき。

揚げ玉の香ばしさ、キリッとさっぱりの大根、鰹節はアクセントになり

箸は止まらない。

Dsc08234

途中、黒山椒も加え

キリッとゆるみなく引き締まった十割蕎麦を堪能。

あぁパーフェクト。

Dsc08236

のんびり蕎麦湯を楽しんでいると

「本日秩父産の手挽きがあるんですけどどうします」

!!手挽きなんていつから始めたんでしょ?

「もちろんいただきます。」

Dsc08240

もり蕎麦の汁と薬味が用意される。

Dsc08241

ホシがちりばめられた、少し黒っぽい蕎麦。

Dsc08242

一口啜ると、ほんのり蕎麦の香りが広がる。

食べるほどに甘み、もっちりコシも感じられる。

喉をざらりと通る感触もたまらない。

恐るべし。

毎回どんなお蕎麦に会えるか楽しみになってしまうではないか!

常に進化を感じる「菊谷」。巣鴨の地で、さらにパワーアップしている。

Dsc08245

ごちそうさまでした。

Dsc08257

帰りはのんびり、都営荒川線。

巣鴨駅より「庚申塚」駅の方がとても近い。

早稲田まで170円。ちょっとした遠足気分を楽しめます。

真夏日を記録した、とんでもなく暑い、充実した一日でした。

前回記事:菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日②

前回記事:菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日①

手打ちそば 菊谷

豊島区巣鴨4-14-15

電話 03-3918-3462

営業時間:11:30~21:00(L.O20:30)

定休日:火曜日(祝日や4のつく日は営業、翌月曜に振替)

お店のHP: http://www17.ocn.ne.jp/~sobakiku/

« 素朴庵(矢川) 田舎蕎麦の魅力 | トップページ | 第8回 江戸ソバリエに挑戦。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/52228325

この記事へのトラックバック一覧です: 菊谷(巣鴨) 揚げ玉ぶっかけと手挽きのもり:

« 素朴庵(矢川) 田舎蕎麦の魅力 | トップページ | 第8回 江戸ソバリエに挑戦。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31