keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 第8回 江戸ソバリエに挑戦。 | トップページ | スマートフォンから実験投稿 »

2011年7月19日 (火)

そば匠 藪伊豆(石神井台) リニューアルして蕎麦前充実。

Dsc08514

6月終わり 土曜の昼下がり。

身の危険さえ感じる、焼け付くような暑さ。

こんな日は「ご近所」に限る。

「うなぎなら食べるわよ」 そんな母を連れ、涼を求めてお蕎麦屋さんへ。

昨年12月にリニューアルオープンした そば匠 藪伊豆。

早稲田高等学院横を大泉学園駅方面に向かい、バス通りから少し入ったところにある。

駅からも遠く、ネットにもあまり載っていない。

ここは地元民に愛されている、街のお蕎麦屋さんだ。

Dsc08531

店内は半分ぐらいご家族連れやご夫婦、一人客で席が埋まっている。

リニューアルして、小上がりがなくなりすべてテーブル席。

木をベースにしたモダンな造りの店内。

Dsc08544

以前と変わったのは、一種類ぐらいしかなかったはずの日本酒

ずいぶん増えました。

Dsc08515

このお店ではビールしかいただいたことがなかった。

感慨深く、お願いしたのは

喜久酔(静岡)特別純米 650円。

Dsc08516

アテに 小魚とオカカのつくだ煮。

Dsc08517

ホタルイカの生姜煮。

Dsc08519

揚げなすの煮浸し 。

Dsc08522

タコの竜田揚げ。

価格はすべて400~500円だったと思う。

安くておいしい一品料理が充実。

Dsc08534

うれしくて

磯自慢(静岡)本醸造 500円

Dsc08525

壁には うれしい夏メニューのお蕎麦。

蕎麦前が充実していたので今日はシンプルにせいろをお願いする。

Dsc08536

以前はなかった石臼が店内に置かれている。

Dsc08537

来ました。

せいろ 500円

みずみずしい二八。

Dsc08539

薬味は葱と山葵。

汁はちょっと濃い甘さが感じられるタイプ。

Dsc08538

結構、香りが良い。蕎麦粉は北海道産とのこと。

手打ちではないが、のど越しもよい江戸蕎麦だ。

量はたっぷり目。

汁はちょっと甘めだけど、蕎麦は飽きのこない食べやすいもの。

Dsc08540

漆の湯桶。

書かれた文字が微笑ましい。

Dsc08542

さらりとした蕎麦湯を楽しみ、ごちそうさまでした。

ランチセットも1000円で3種類。

丼物もうどんもあり、家族で気軽に楽しめます。

Dsc08535

ちなみに、母が頼んだ うな重1500円。

Dsc08526

ここのカツ丼はかなり好き。

親子丼は子供の大好物。

リニューアルしてもお品書きに残っている。

それは ちょっとホッとする。

そば匠 藪伊豆

練馬区石神井台5-1-36

電話:03-3929-0747

営業時間:11:00~21:00(15:00~17:00準備中)

定休日: 第3水曜日・木曜日

駐車場: 有 5台分

以下、ご参考までに。

Dsc08528

Dsc08527

Dsc08529

Dsc08533

Dsc08532

« 第8回 江戸ソバリエに挑戦。 | トップページ | スマートフォンから実験投稿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550180/52246531

この記事へのトラックバック一覧です: そば匠 藪伊豆(石神井台) リニューアルして蕎麦前充実。:

» 練馬区石神井台 手打ちそば「やぶいず」(2)せいろ [多摩 我が愛しのお店]
道路の三角のところにある「やぶいず」は、蕎麦を食べ歩いている友人のKさんの地元の [続きを読む]

« 第8回 江戸ソバリエに挑戦。 | トップページ | スマートフォンから実験投稿 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31