keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« そば処 遊(落合南長崎) 初訪問 夜空の下で楽しむ、山菜とそば | トップページ | 菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日① »

2011年6月11日 (土)

まるやま(代田橋) 初訪問 あなご天ちらしに蕎麦三昧

Dsc07851

なかなかお会いできない蕎麦仲間さんと、

まだ行ったことがない「まるやま」さんでご一緒できることに。

仕事始めの月曜日。台風2号がちょうど温帯低気圧に変わった、風の強い、蒸しっとした一日。

残業で慌てて井の頭線に飛び乗ったけど、吉祥寺から代田橋って結構近かったのね。

代田橋駅の魅力的な飲み屋街を通り抜け、甲州街道沿いを足早に行くと、暗い中に、

ぼんやり白い暖簾と明かりが見えてくる。

7時ジャスト!迷わずたどり着きました。

Dsc07893

「いらっしゃいませ」の声に迎えられ、やわらかい照明の店内に入る。

予約ができないので、早めに来ていてくれた蕎麦友さんが

待っていてくれた。

Dsc07854

まずはビール。う~ん、冷えたエビスがおいし~い。

Dsc07858

いただいたお酒

ん  (青森)

黄金澤 特別純米(宮城)

上喜元 純米 (山形)

獺祭 純米大吟醸生 (山口) 

黒龍 (福井)

Dsc07855

ん(青森)

すっきりとしていて飲みやすい。

Dsc07857

お通し  里芋と蕗の煮物

Dsc07859

まろやか豆腐

大豆のうまみと甘みがじんわりおいしい。塩でいただく。

Dsc07860

わさび漬

Dsc07861

京にしん

Dsc07863

この酒器、お地蔵さんがとてもかわいい。

Dsc07864

うさぎの絵が愛らしい。

Dsc07866

玉子焼きと鴨のくんせい

5人もいると、少しずついろいろいただけるのが

とてもうれしい。

Dsc07867

酒器が今度はちょっと涼しげ。

Dsc07869

初めてのお店なので、お任せ状態。

さらに、お勧めや新メニューをいくつかお願いする。

Dsc07874

蕎麦巻き蒸し

お蕎麦屋さんの「小田巻き蒸し」のうどんを蕎麦に替えたもの。

直径15cmぐらいの蓋付の陶器で供される。

Dsc07875

蓋を開けると

大きな茶碗蒸し~。

ゆず、ミツバが香りよく。

Dsc07880

蓮華ですくうと、

底から出てきたのは、蕎麦です!

Dsc07881

頼んでよかった~。

ふんわり旨みたっぷりの出汁で丁寧にのばされた玉子は

なめらかにきれいに蒸され、あつあつ。

ぷりぷりの海老やかまぼこ、椎茸もおいしいけど、

この濃い色のちょっと太めの蕎麦が、

もっちりおいしい出汁を吸って、うっとりするほど味わい深い~。

Dsc07877

粗挽きそばがきのさつま揚げ風

歓声が上がる。木の葉の形がかわいい~。

時間のかかるメニューである。

注文してからそばを掻く音が聞こえる。

人数分に調整してくださる心づかいがうれしい。

Dsc07882

これがいただいてびっくり。

さつま揚げ風って、色もそっくりだが・・・

Dsc07883

カリッ!!

軽やかに揚がっている。

外側には醤油ベースの味がしっかり付いている。

中のそばがきは、粗挽きで香ばしくもちもちしてすばらしい。

塩、山葵が添えられているが、ほとんど何もつけないで

完食してしまう。

Dsc07884

焼きみそ

甘さのある赤みそベース。一味違います。

Dsc07887

あなご天ちらし

度肝抜かれる大きさ!!!

幅40cm以上はあっただろうか?

鍵盤を思わせるような大胆な大皿に

存在感ありすぎるダイナミックな天ぷら!!

(天ちらしとは天ぷらの盛り合わせ)

Dsc07888

反対側から見てみると、このあなごの半端ない大きさがわかる。

天つゆと塩が添えられている。

カラリと見事に揚がった天ぷら。

この天ぷらだけでも、このお店のすばらしさがわかる。

(もう十分感じているが・・・)

Dsc07891

あなごは中ふっくら、外カリッ!

目で味わったその期待感を裏切らない、見事な見事なおいしさ。

Dsc07894

長っ尻である。(お客様は2回転はしたと思う)

閉店時間も近づいてきた。

そろそろおそばをお願いする。

Dsc07895

人数かいるとうれしい。

もりと田舎に加え、季節のメニュー冷かけを2種類いただくことに。

Dsc07897

梅とみょうがの冷かけ

これからの季節におすすめ。

澄んで程よく冷やされた汁は甘さはあまりなく、出汁が深く利いている。

みょうが、海苔、大葉にこの梅干が程よい酸味を出し、

くせになる味。

Dsc07899

辛みおろしの冷かけ

梅の代わりにこちらは辛みおろしと花カツオがたっぷり。

汁がキリッっと辛くしまって、これもまたいい。

Dsc07901

粗挽きのもりと田舎せいろ

Dsc07905

エッジの立った、きれいな粗挽きの細打ち。

鼻に抜ける蕎麦の香り、口に含んだ感触、噛み締めた時の甘み。

とにかくすばらしい・・・

料理もいいけど、蕎麦が絶品!!

Dsc07906

田舎。

もちろん太いが、ただの田舎じゃない!

もっちり、(固くない!)すんごい粗挽きなのだ。一本一本味わえる。

先ほどの小田巻きの中に入っていたお蕎麦と同じかな?

ざらりとして、もちっとして、かみ締めると穀物感がたっぷり。

味わえる、「蕎麦がきのような」すばらしいお蕎麦。

Dsc07907

さらりと白濁した蕎麦湯。

汁の良さを味わい、余韻を楽しむ・・・

Dsc07908

蕎麦猪口。

Dsc07910

冷かけの器。

Dsc07909

最後にうれしい蕎麦ぼうろ。

ごちそうさまでした。

ご主人とおかみさん、たった二人での対応。

それは本当にすばらしく、あたたかく、

最高の時間を過ごすことが出来ました。

ご一緒していただいた、素敵なメンバーにも心から感謝。

手打蕎麦 まるやま

杉並区和泉1-2-3

電話:03-3321-1478

定休日:木曜日、水曜日夜、臨時休業あり

営業時間:11:30~15:00 17:45~21:00(L.O)

       土、日、祝日は11:45より

« そば処 遊(落合南長崎) 初訪問 夜空の下で楽しむ、山菜とそば | トップページ | 菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日① »

コメント

手タレです!
また行ったのか、と思っちゃった!!

ありがとうございました。ほんっとうにおいしかったですね!ここはひとりでも行けそうだけど、また、ご一緒できたらうれしいです。

highlandさん

確かに、3枚目の写真に登場でした

この日の月曜日から翌月曜日まで、3回も蕎麦屋でお会いしましたね

じゅんぺるさん

一人じゃ、あんなにいただけないですものね。
感謝、感謝です。またつぶやいてね~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるやま(代田橋) 初訪問 あなご天ちらしに蕎麦三昧:

» 代田橋 手打ちそば「まるやま」(初)らんち親子丼とろとろだ。 [多摩 我が愛しのお店]
ブログで訪れた飲食店や料理のことを書き出して、もう、何年になるだろうか。 200 [続きを読む]

« そば処 遊(落合南長崎) 初訪問 夜空の下で楽しむ、山菜とそば | トップページ | 菊谷(巣鴨) とげぬき地蔵とプレオープンの土曜日① »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30