keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 菊谷(石神井公園) 蕎麦打ち入門 | トップページ | 手打ち蕎麦みやざわ(武蔵小金井) 初訪問 しだれ桜満開 »

2011年4月 9日 (土)

食べる営みは止められない。

このたびの地震、津波、原子力発電の事故でお亡くなりになられた方々に、心からご冥福をお祈り申し上げます。

また被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

3月11日14時46分。

あの日から1カ月がたとうとしている。

色々なことが起こった。

色々なことが変わった。

絶望もあり、あきらめもあり、

わずかな希望もあり、焦りもあり、

悔やみ、悩み、悲しみ、苦しんでいる。

この国で起こったことを、

今、まだ起き続けていることを、

まだ受け止められない自分がいる。

こんな混乱の中で、

家族の大切さを噛みしめる。

「家族で食卓を囲むこと」

なんてありがたいことなんだろう・・。

3月11日

その時、私は地元の商店街を自転車で駆け抜けていた。

3時からの保護者会に出席するため、会社を早退していたのだ。

ぐらりと大きく揺れ、建物の音がすごかった。

ガシャ、ガシャ、ガシャ!

いつ崩れてもおかしくない!

道路の真ん中に避難し、

『とうとうきたな。』

なぜか怒りが込み上げてきた。

ソフトバンクはやはり通じない。

ワンセグでニュースを確認。(ラジオ替わりで便利)

「震源は東北で、7以上ですって」

知らない人だろうが声を掛け合い

情報を共有する。

我が家には上の子が一人でいるはず。

築40年の古いマンションに住む一人暮らしの母。

家が崩れてないことを祈る。

電車は止まっているのに

踏切が開かない。

母は強し。

自己責任で電車が来ないのを確認し、くぐり抜ける。

こんな時自転車と、ワンセグ付きの携帯は役に立つ。

(さらに予備用の携帯充電池も役にたった)

地震後、刻コクと、この日本で何が起こったのか

知ることになる。

高校三年生は一人で家の中で闘っていた。

出口を確保し、まず外に避難したり、家に戻ったりを繰りかえしていた。無事を確認し、次は母だ。

電車もストップしているらしい。電話も通じない中、自転車で動けることがとてもありがたかった。

母も、ボロマンションも奇跡的に?無事だった。

一生懸命戸棚と冷蔵庫の扉を交互に抑えている母には笑ってしまった。「命の方が大切でしょ?」

急いで老朽化しているマンションから母を連れ出す。

余震がひどい。

ここにいては危険。

その日は近くのファミレスで夕飯を取り余震が収まるのを待つ。

鎌倉に、山登りに行っていた夫に連絡ついたのは夜8時。

電車も止まり、神奈川の友人の家に泊めてもらうことに。

翌日の卒業式は延期。

帰宅難民の夫はやっと動き始めたJRに乗って、お昼にへろへろになって、到着。

やっと、家族4人が揃う。

せっかくの卒業式が延長。

家族全員揃ったこともうれしく

卒業祝いも兼ねて外食を提案。

ふふ、「菊谷」へ。異論なし。

3

この日店主の菊谷さんは

店に泊られたとのこと。

電車も復旧してなかったし、

駅は大混雑。

寝袋もなくかなり寒かったそうです。

しかしお陰で、ごちそうにありつけました。

Dsc06926

菊谷さんと山越さんのコラボレーション。

ふき味噌

牡蠣の時雨煮

キャベツのお浸し

旬菜ぬた(セリ・葱)

Dsc06924 

菊姫山廃純米無濾過生原酒 ぬる燗

小左衛門 山廃純米 播州山田錦 熱燗

臥龍梅 純米吟醸 袋吊 山田錦 生原酒 熱燗

Dsc06928

Dsc06938

利きそばセット

秩父と福井のブレンドのつなぎ入り。

福井と北海道の十割。

大袈裟だけど

生きていて、蕎麦がいただける喜びを、噛みしめる。

この日の菊谷ではラジオが流れている。

ラジオからは刻コクと

今回の地震の被害と津波の被害を伝えている。

そして私もtwitterを手元に置き

合間に状況の確認をする。

そして一番心配なのが原子力発電所での被害。

貴重なお蕎麦をいただいている時、

twitterでの情報で、原発での爆発を知る。

原発で爆発って、最悪じゃん・・・

卒業を祝うのもそこそこに、席をたつ。

緊張感が流れている。

今まで経験したことがないことが

現実に起こっている。(今も続いているのだが)

一瞬でも、楽しいひと時と安らぎを与えてくれる

お蕎麦屋さんに感謝。

ごちそうさまでした。

この日を境に

日本は変わった。

私も変わった。

でも、食べる営みは、変わらない。

お蕎麦屋さんがんばってください。

今まで以上に食べにいきますから、

それが生きがいだから・・。

「菊谷」

3月31日で終了しました。

巣鴨に移転になります。

6月開店は今回の震災でちょっと大変そうです

店主のブログで確認しましょう。

「蕎麦に銘酒 野饗(のあえ)」

菊谷の後に、4月2日からオープン。

酒ライターでもある、山越店主。

銘酒と、野菜を主にした肴に期待。

店主のブログ

« 菊谷(石神井公園) 蕎麦打ち入門 | トップページ | 手打ち蕎麦みやざわ(武蔵小金井) 初訪問 しだれ桜満開 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べる営みは止められない。:

« 菊谷(石神井公園) 蕎麦打ち入門 | トップページ | 手打ち蕎麦みやざわ(武蔵小金井) 初訪問 しだれ桜満開 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30