keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 志美津や(喜多見) 牡蠣の天麩羅と新そば二種盛 | トップページ | や乃家(三鷹) お昼の日替り② 金目鯛と真鯛とホタテの天ざるそば »

2010年11月 6日 (土)

そばきりすゞき(保谷) 台風の日にもゆったり時は流れて

台風が3時ごろ関東を通過するとの予報。

秩父、川越、伊奈など遠出の案は やむなくあきらめる。

近場で連れがまだ行った事がない 「すゞ木」。

今日は電話で確認してみる。

お蕎麦の予約2人分。そば三昧(1500円)でお願いする。

午前中、運動不足を解消しようと

久しぶりにジムで3キロメートル走る。

走ったのも、ストレッチしたのも何カ月ぶり?

Suzuki1_2

西武池袋線で 保谷を目指す。

横なぐりの雨にズボンの裾や靴の中まで冷たく濡れる。

「庭が広い」幼稚園の前を通り過ぎると、

住宅街、マンションの1階にそのお蕎麦屋さんはある。

店内に入ると、一番のりだった。

こんな日にお蕎麦を食べにくるのは私たちぐらいか!?

(しかし 4つのテーブルは、いつのまにか満席になる!)

お願いしたのは

蕎麦三昧(1500円) を二人分 

酒のアテ (500円)

日替わりなので 何が出てくるか楽しみ。

 Suzuki2

黒帯悠々 特別純米 燗酒 (800円)

冷え切った体にお燗がしみる。

本日のお通し 生姜と糸こんにゃくのきんぴら

糸こんにゃくと同じくらい生姜がしっかり入っている。

生姜大好きなのでとてもうれしい。(体も温まる効果があります)

お酒に合う素敵な一品。

Susuki3

本日の酒のアテは

クリームチーズの酒盗のせ・ レバーソーセージ

ちょっとワインが飲みたくなっちゃうじゃないの~!

Suzuki4

しかし 酒に合う。

酒盗とクリームチーズって合うのね~。

Suzuki5

これも絶品。レバーソーセージ。

右がワサビソース、左にはラー油がかけられている。

まだ蕎麦三昧は始まっていないけど

お通しとアテですっかり充実した気分。

Suzuki6

蕎麦三昧スタートの一品。

ふろふき大根。

黄身が入った ゆずみそが また特別おいしい。

Suzuki7

青梗菜の淡雪ソースがけ。

ふわふわの卵の白身でつくった淡雪ソースが

出汁とともにやさいい味を演出。

Suzuki8

そば豆腐。

ねっとり濃厚、甘みも感じさせる。

これも好き。

Suzuki9

もちろんお酒もすすんでしまったのは言うまでもない。

特別純米 月山(島根) 燗酒 900円

お値段もいいが(燗だと100円増し)

このお酒がちょっと熟成感もあり 一番おいしかった。

(黒帯も輪郭がしっかりでいて、私は好き。)

Suzuki10

大七 生酛 燗酒 900円

おなじみのお酒。

この頃はどこの酒屋さんでも見かけるようになりましたね。

Suzuki11

アテに茄子の煮びたし。

出汁をしっかり煮含んで、口に含むとジュワ~っと。

思わずにんまり。

Suzuki12

蕎麦がき。

コースだと丁度いい量なのがうれしい。

蕎麦がきはいつも少しいただいてみたい一品。

でも時間かかるし、量が多く注文するのが難しい。

粗挽きの香ばしい蕎麦。

なめらかでありながら、しっかりしたツブツブ感。

やさしい甘みも感じられる。

たまり醤油のような旨味のある醤油につけていただくと

さらにおいしさがアップする。

いいねぇ~。

Suzuki13

本日の温蕎麦。

シンプルなかけ蕎麦。

上には大葉がのっています。

澄んだ汁を一口 いただく。

・・・・・・・・・。

すごいね。

Suzuki14

石臼で丁寧に手挽きして打たれたお蕎麦。

口に含むと風味豊かな、やさしい穀物の味わい。

美しいくらい澄んだ黄金の出汁。

「かけ蕎麦ベスト3に入るかも。」くらいなおいしさ。

あまり蕎麦は食べてない夫も 感激してる。

一滴残らず 味わいました。

Suzuki15

月山のおかわり。

ここまで全部 徳利の種類が違ったの、 お気づきでしょうか?

白い御猪口は 「お酒の色」がわかっていいですね。

Suzuki16

アテに葉とうがらしの佃煮。

Suzuki17

いよいよせいろ。

汁と薬味はおろし大根のみ。

汁をちょっといただいてみる。

奥行きのある控えめの甘さ、旨味たっぷり。

Suzuki18

本日のお蕎麦は

常陸秋そば。

Suzuki19

いろいろな蕎麦をいただいて

それぞれのおいしさがあるけれど、

どれが好き?

選ぶとしたらきっとこのお蕎麦。

目で楽しみ、香りでうっとり目を閉じる。

ずっと味わっていたい。

新蕎麦にはない深い、あじわい。至福。

Suzuki20

汁を蕎麦湯でのばし

たっぷりあじわう。

蕎麦三昧の余韻をたのしむ。

Suzuki21

蕎麦ぼうろ。

ごちそうさまでした。

店主とおかみさん二人っきりの温かいおもてなし。

こんな台風の中でも 惹きつける、魅力あふれるお店。

また、おいしいお蕎麦とお酒をいただきにきます。

前回記事:トマトの冷やかけ 蕎麦三昧

そばきり すゞ木

練馬区南大泉4-43-32

電話 03-5387-2010

営業時間 11:30~19:30(売切れ次第終了)

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

番外編(おいしいパンとソーセージ)

この台風の中を隣駅大泉学園まで歩いて帰る。

もう、はき替えた靴下もまた濡れてしまった。

そろそろ商店街に近づいてきた。

と、桜チップの燻製の香りに惹かれつい入ってしまった

Le Jambon

Suzuki22

手作りハムとソーセージのお店。

Suzuki23

今日の夕飯は簡単に済ませたい。

Suzuki24

ボローニャハムと燻製チキン、ストラスブルグソーセージを購入。

Suzuki26

せっかくだから地元のパン屋さんを覗いてみよう。

Boulangerie Copain

Suzuki27

バケットナチュール220円

(長時間発酵により旨みを引き出したもの。ふた味違います。)

バッケットセレアル 大 200円

(雑穀いりのパン)

このパン両方おすすめ。小麦の味わいが違う。

ワインにもよく合いました。

また仕入れに来よう。

大泉学園うらやましい。

お蕎麦屋さんの帰りにぜひ。

« 志美津や(喜多見) 牡蠣の天麩羅と新そば二種盛 | トップページ | や乃家(三鷹) お昼の日替り② 金目鯛と真鯛とホタテの天ざるそば »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そばきりすゞき(保谷) 台風の日にもゆったり時は流れて:

« 志美津や(喜多見) 牡蠣の天麩羅と新そば二種盛 | トップページ | や乃家(三鷹) お昼の日替り② 金目鯛と真鯛とホタテの天ざるそば »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30