keiむさしのtwitter

無料ブログはココログ

« 板蕎麦 山葵(武蔵関) 板蕎麦とランチプレート | トップページ | そばきりすゞき(南大泉 練馬区) トマトの冷やかけ 蕎麦三昧 »

2010年6月28日 (月)

むら季(大泉学園 練馬区) 二色せいろとごま汁そば。大信州とともに。

Dsc04178

PCとにらめっこの2日間。我が家では誰も家電製品直しません。

家事はあまりできない私ですが、家電の修理は、よくやります。

ようやく(偶然?)開通しめでたし、めでたし。へとへと。

もう2時になる!!

めずらしく「つきあうよ」と高校3年生。

土日は中休みなし、を確認して

いざ大泉、「むら季」をめざす。

蒸し暑い。ぱらぱらと小雨が降ったり、止んだり。いやな天気である。

しかしこんな日は蕎麦屋がいい。

「いらっしゃいませ~」

とても気さくで明るい花番さんが対応してくれる。

3時過ぎ。先客はいない。

ちょっとのんびりできそう。

Dsc04222

おまかせ盛合せ

何が来るかはお楽しみ。

他に貝柱のかき揚げ。

子供にごま汁せいろを頼む。

Dsc04224

お酒のお品書きをみると、前回いただいた黒帯がある。

大信州(長野)、これは中清さんでも扱っているお酒。

まだいただいたことがない。純米酒。まずは冷やでお願いする。

「いえ、おちょこは一つです。」

Dsc04182

きりっとした熟成感。最初はちょっとかたいかな?と思った大信州。

室温に近づいていくうちに、少しずつ表情が開いて、おいしくなっていく。

Dsc04183

アテに

いくらとおくらのあえもの。

山葵がうれしい。

ヌルッ、ピリッ、コリッがおいしい。

Dsc04184

じゃ~ん。

おまかせ盛りあわせ。

イタリアンの前菜盛り合わせ、蕎麦屋版!という感じ。

うれしくってナミダでそう。

だって食べたかったものばかり、うまくチョイスされているんだもの、、。

Dsc04185

にしんのうま煮。

ふっくらじっくり丁寧に煮ているのがわかる。

ほろっとやわらかく、やわらかい上品な甘さ。

もうこれだけで軽くノックアウト。

Dsc04186

冷しあげなす。

なすは大好物。

かえしでしっとり煮含めてあり、しっかり冷やしている。う~ん、うまい。

Dsc04188

しめサバ。

酸味もやわらかく、山葵でいただく。

やはり大好物。うれしい。

Dsc04196

酒盗(チーズ寄せ)

これもおいしい。

ウニ豆腐という感じ。

チーズのような、ウニのようなこってりとした風味に、卵豆腐のようなやさしい食感。

くせになりそうな味。

大信州がじんわり、おいしくなってきました。

Dsc04187

とまとのゼリー。

トマトの味がとても濃い。ほんのり甘い。

夏ならではの味。

あと、板わさ。

魚の味の濃い、ぷりぷりのかまぼこ。

「おまかせ盛合せ」おそるべし。

迷ったら、というより、ぜひ注文したい魅力の品です。

Dsc04201

貝柱のかき揚げ。

このボリューム!!

Dsc04202

カリッとした衣の中には、ほっくほくの貝柱がいっぱい。

塩でも、天つゆでも楽しめる。

Dsc04214

肴のあまりのおいしさに

大信州を。今度はぬる燗で。

温度を少し上げた方が、やっぱり、おいしかった。

しあわせ。

肴は食欲旺盛な、高3に食べられてしまうので、もう一品。

Dsc04215

とりみそきゅうり。

よかった。ボリュームある。

Dsc04216

とりみそ。

蕎麦味噌ではない。他のお蕎麦屋さんではあまり見ない品。

甘めのお味噌にきゅうりがよく合う。

このままちびちび舐めても、お酒に合う。

Dsc04204

ごま汁そば。

(かんだまつやを思い出す。)

汁は甘さが抑えてはあるが、ゴマのコク、風味がとてもいい。

蕎麦は中太打ち。

Dsc04207

音をたてずに静かに食べている。

恥ずかしいらしい。

できれば日本の文化。しっかり「ずずっ」と元気に味わってほしい。

(そういう私は、パスタをつい音をたてていただいてしまって

家族に注意されたことも

私は土日限定粗挽きそばもいただきたくて、

二色せいろをお願いする。

Dsc04217

箱に二色にしっかり盛られている。

色がくっきり違う。

薬味は葱と山葵。

汁を舐めると、ちょっと甘め。

Dsc04218

二八せいろ。

しっかりした太さ。

手繰ると 長い。角がシャープ。

一口いただくと、すごいコシ。ざらつき感もあり、風味がいい。

しっかり引き締まった 太目の蕎麦は、しっかり噛んで穀物の風味をしっかり味わう。

Dsc04219

粗挽きせいろ。

美しい、この褐色。ため息がでそう。

一口いただくと、ざらつき感が強い。蕎麦がほのかに香る。

長さは少し短いが、きれいにつながっている。

やはりコシがしっかりあり、噛んで、味わって、いただく。

汁につけて楽しみ、また何もつけずにいただいたり。

とても存在感ある、おいしいお蕎麦。

かなりのボリュームでしたが

あっという間に完食。

Dsc04220

蕎麦湯はとろみのある、白濁したもの。

汁がまた蕎麦湯でさらにおいしくなる。

薬味も全部入れて堪能しました。

ごちそうさまでした。

大満足。

いただいている最中、ご主人の蕎麦打ちを見ることができました。

蕎麦切りの音がとてもいい音で、聞き惚れてしまいました。

力強く、あっという間に打ったお蕎麦を見せていただきました。

Dsc04213

Dsc04211

堂々としたお蕎麦です。

ありがとうございました。

次回は「かけそば」いただきたいな。

前回記事:むら季(練馬区 大泉学園) あら挽き野菜天せいろ

前回記事:むら季(練馬区東大泉) 限定粗挽きせいろ

手打ちそば むら季

練馬区東大泉7-37-11

℡03-3923-4722

営業時間 平日    11:30~15:00、17:00~21:30

       土日祝日 11:30~20:30

定休日:  木曜 

       席数12席

« 板蕎麦 山葵(武蔵関) 板蕎麦とランチプレート | トップページ | そばきりすゞき(南大泉 練馬区) トマトの冷やかけ 蕎麦三昧 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 板蕎麦 山葵(武蔵関) 板蕎麦とランチプレート | トップページ | そばきりすゞき(南大泉 練馬区) トマトの冷やかけ 蕎麦三昧 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30